1. 坂本龍一がキュレーターをつとめる『Glenn Gould Gathering』スタート!

坂本龍一がキュレーターをつとめる『Glenn Gould Gathering』スタート!



坂本龍一 『Glenn Gould Gathering』特別上映がスタート!

坂本龍一がキュレーターをつとめる
グレン・グールド生誕85周年を記念したイベント『Glenn Gould Gathering』
エキシビジョンと関連作品の特別上映がスタート!

2017年はカナダが生んだ孤高の音楽家グレン・グールドの生誕85周年、またカナダの建国150周年という記念すべき年にあたります。これを記念してカナダのグレン・グールド・ファウンデーションは2017年、世界の数カ所でキュレーターやプロデューサーと同目的の企画展/コンサートを計画・実施しています。
その最後を飾ることになるのは12月、先鋭的なアートの拠点となった草月会館(東京・青山)で開催されるGlenn Gould Gatheringです。
キュレーターを務めるのは、幼少期よりグールドの音楽性と個性的な演奏スタイルに憧れ、常にグールドを敬愛して来た坂本龍一です。
さまざまな表現レイヤーを駆使し、言わずとも知れた20世紀で最も個性的なピアニスト、グレン・グールドをめぐるエキシビション、関連作品の特別上映、ライブを開催します。
エキシビジョンと関連作品の特別上映がスタート!

坂本龍一 最新情報

■エキシビジョン
Glenn Gould—Remodels 
時間:9:30–17:30
   
Exhibition |草月会館1階 草月プラザ
サウンド・インスタレーション
坂本龍一
   
Exhibition |草月会館2階 談話室
インスタレーション
高谷史郎+坂本龍一   
映像素材:Zakkubalan



■関連作品上映(入場無料)
   
【上映参加には、下記URLより事前申し込みが必要です!】
https://enq2.l-tike.com/fm/pub/lawsonticket/ggg_movie
お申込み期間
≪12/13(水)分≫ *締め切りました
≪12/14(木)分≫ *締め切りました 
≪12/15(金)分≫ 12/13(水)23:59まで 
≪12/17(日)分≫ 12/15(金)8:30まで 
     
<プログラム>
12/13(水) 会場:カナダ大使館 オスカー・ピーターソン シアター
13:30~14:30「いかにしてモーツァルトはダメな作曲家になったか」 / How Mozart Became a Bad Composer」
16:15~17:00「グレン・グールドのトロント / Glenn Gould's Toronto」
    
12/14(木) 会場:カナダ大使館 オスカー・ピーターソン シアター
14:30~17:00「砂の女 / The Woman in the Dunes」
    
12/15(金) 会場:カナダ大使館 オスカー・ピーターソン シアター
13:00~14:00「グレン・グールドについて / About Glenn Gould」
15:00~16:50「グレン・グールドの肖像 / Glenn Gould: A Portrait」※
※諸事情により本作品が上映されない場合、上映作品は『グレン・グールドのトロント』に変更になります。
     
12/17(日) 会場:草月ホール
9:00~11:30「砂の女 / The Woman in the Dunes」
   
全作品入場無料・自由席
   
カナダ大使館へのご入館にあたりまして:
カナダ大使館入館には、政府発行の写真付身分証明書のご提示が必須です。
入館の際、手荷物検査がございます。
大使館構内には駐車場はございませんため、公共交通機関でのご来場へご協力お願いいたします。
    
【作品紹介】
●『いかにしてモーツァルトはダメな作曲家になったか』(1968年・米国)
カーク・ブラウニング監督/原題「鬼才の再来」/テレビ番組『PBL(公共放送研究所)』所収、NET(ナショナル教育テレヴィジョン)、米国にて1968年4月28日放映/37分/字幕:宮澤淳一
 35歳で没した天才モーツァルトについて、生前のグールドは「死ぬのが早すぎたのではなく、死ぬのが遅すぎた」作曲家だと主張し、物議をかもした。米国で作られ、久しく忘れられていたこの映像番組は、その持論を縦横に展開している。グールドは、まずピアノ協奏曲第24番ハ短調K491を取り上げ、ピアノを弾きながらモーツァルトの創作態度を説明し、彼が紋切り型に陥ったと批判する。だが、番組の後半では、高く評価できる(ダメになる前の)モーツァルトの作品として、ピアノ・ソナタ第13番変ロ長調K.333の全曲演奏を披露する。
   
●『グレン・グールドのトロント』(1979年・カナダ)
ジョン・マグリーヴィ監督/『都市探訪』シリーズより/ジョン・マグリーヴィ・プロダクションズ&ニールセン・ファーンズ/2007年編集版/42分/字幕:青山学院大学総合文化政策学部映像翻訳ラボ/字幕監修監修:宮澤淳一
 カナダのジョン・マグリーヴィ監督は、世界各国の「都市」を地元の有名人に紹介させるシリーズ番組を作り、トロントにはグールドを抜擢した。CNタワー、ベイ・ストリート、ヨーク城塞、ハーバーフロント、博覧会場、市庁舎、中華街、ヨークヴィル、ヤング・ストリート、イートン・センター,トロント動物園などをグールドが探訪し、ユーモラスな語り口でコメントする。都市論の形を借りたグールドの人生論でもある。
    
●『砂の女』(1964年・日本)
勅使河原宏監督/147分
 物語はある夏の一日、教師(岡田英次)がふとしたことから砂丘の村を訪れ、一見親切そうに見える村人たちに誘われて、謎めいた女(岸田今日子)がひとり住んでいる奇妙な家屋に宿泊するところから語り起こされている。そこは、昼夜をわかたず浸入してくる砂から身を守るために、身を粉にして掻き出し作業を続けなければならない。村人たちに計られたと知った男はなんとかして脱出を試みるが、いかなる試みもうまくいかない。人間における監禁状態と自由のアイロニーを描いたこの映画は、同時に砂の持つ多彩な表情を実にみごとに観察し、そこにある種の生物学的論理を適用している。
『砂の女』はカンヌ映画祭で審査員特別賞を受賞したことで、勅使河原宏の名前は、一躍国際的に有名になった。砂漠という一見抽象的な風景を背景に、共同体の法と禁忌、個人の匿名性と固有性、絶望と希望といった主題を扱いながら、みごとな完成度に到達した作品であるといえる。
グールドは、原作小説とともに映画版も愛し、100回以上も観賞したと伝えられている。
   
●『グレン・グールドについて- 2017年11月トロントにて』(2017年11月・カナダ)
撮影・編集・監督:Zakkubalan/字幕:日本映像翻訳アカデミー(JVTA) 溝江壽之、野村佳子 、市原水緒/字幕監修:宮澤淳一
 CBC(カナダ放送協会)の録音エンジニアで、グールドの仕事も多数手がけ、友人でもあったLorne Tulk(ローン・トーク)とトロント・オーディトリアムでの録音セッションでトークとともに仕事を担当した調律師の Verne Edquist(ヴァーン・エドクィスト)。グールドの活動を影で支えたこの2名の最新のインタビュー。
「Verne Edquist: Gould's Piano Technician & Tuner」(26分)
「Lorne Tulk: Gould’s Audio Technician」 (24分)
     
●『グレン・グールドの肖像』(1985年・カナダ)
エリック・ティル監督/エリックティル、ヴィンセント・トヴェル制作統括/カナダ放送協会放映/105分/字幕:宮澤淳一
 グールドが急逝してから3年後の作品。没後に初めて作られた本格ドキュメンタリーである。CBC(カナダ放送協会)がその豊富な放送映像・録音を存分に活用し、関係者へのインタヴューを織り交ぜながらグールドの生涯と仕事を彩り豊かに総覧する。父親バート・グールド、従姉ジェシー・グレイグなど、以後のドキュメンタリーには出演していない故人も多く登場しており、今見ると、むしろ新鮮な作品である。
   
   
上映タイムテーブルはこちらから↓
https://www.gggathering.com/timetable.pdf


【Glenn Gould Gathering 公演概要】
https://www.gggathering.com
会場:東京・草月会館

●12月15日(金)
トーク・セッション 午後5:00開場/5:30開演
ライブ 午後6:30開場/7:00開演
●12月16日(土) 
トーク・セッション 午後4:00開場/4:30開演
ライブ [昼公演]午後0:30開場/1:00開演・[夜公演]午後5:30開場/午後6:00開演
●12月17日(日)
トーク・セッション 午後4:00開場/4:30開演
ライブ [昼公演]午後0:30開場/1:00開演・[夜公演]午後5:30開場/午後6:00開演

■出演者
キュレーター:坂本龍一(ライブ全公演へ出演)
ライブ:アルヴァ・ノト、クリスチャン・フェネス、フランチェスコ・トリスターノ ほか
トーク・セッション:浅田彰(批評家)、國崎晋(サウンド&レコーディング・マガジン編集人)、山口一郎(サカナクション)、宮澤淳一(音楽評論家・青山学院大学教授) ほか

土岐麻子 avexアーティスト初の試み…

赤西仁 二ューアルバム「Blessèd…