1. 歌詞検索UtaTen
  2. ニュース
  3. J-POP
  4. 小野正利
  5. 小野正利 ソロデビュー25周年アルバム「VS」ボーナストラックのミリオンヒット曲のリメイク

小野正利 ソロデビュー25周年アルバム「VS」ボーナストラックのミリオンヒット曲のリメイク



「You‘re the Only… (25th Anniversary Version)」と新曲「Never Say Good-Bye」を対決させたVS Music Videoを公開

日本が世界に誇る超絶クリアーハイトーンボーカル小野正利。1992年にデビューし「You’re the Only…」のミリオンヒットで知られる彼が今年デビュー25周年。
2009年J-METALのトップランナーGALNERYUSに加入し、J-METALのボーカリストとしても最高峰の人気を誇り、大人気アニメ「HUNTER×HUNTER」の主題歌や「ドラゴンボール改 魔人ブウ編 海外版』主題歌を担当しJ-Animatitonも含め多ジャンルで活躍するハイトーン日本代表として唯一無二のポジションを築く。

今作に収録されているカバー曲が収録されたシングル・アルバムの全世界の総売り上げ枚数は1億枚以上の世代を超えて愛されるスタンダードな名曲たち。
「カバーアルバムでない VSアルバムだ!」というキャッチのとおり世界の歌姫やレジェンドが歌唱した名曲中の名曲にハイトーン日本代表として真っ向勝負を仕掛けた意欲作。原曲と聴き比べてみて欲しい!世界に負けていない!

本MVは1992年にミリオンヒットした「You‘re the Only… (25th Anniversary Version)」の初MVと.25周年アルバム唯一の新曲であり、1980年代の大ヒットメーカー林哲司氏作曲でBoAや最近ではTWICEのシングル「One More Time」でのヒットで知られる渡辺なつみ氏のタッグで制作された「Never Say Good-Bye」を対決させたVS(ヴァーサス) Music Video。 ノスタルジックな映像でデビュー時と現在の自分の対比をVS(ヴァーサス)させている。

You‘re the Only… (25th Anniversary Version)~Never Say Good-Bye (VS Music Video)


小野正利 ソロデビュー25周年アルバム「VS」(読み方:ヴァーサス)
洋楽カバー全曲トレーラー公開!


小野正利 最新情報

商品情報

2017.12.13 Release
WPCL-12180/11 価格, 3,300円(税抜)

「VS」
DISC1 「VS DIVA DISC」

(曲名/オリジナル歌唱アーティスト)
1.Hero / Mariah Carey 
2.My Heart Will Go On / Celine Dion
3.It Must Have Been Love / Roxette
4.A Thousand Miles / Vanessa Carlton
5.Now You‘re Not Here / Swing Out Sister
6.My Immortal / Evanescence
7.Let Me Let Go / Faith Hill
8.A Question of Honour / Sarah Brightman

DISC2 「VS LEGEND DISC」
1.Any Way You Want It / Journey
2.Livin‘ On A Prayer / Bon Jovi
3.Danger zone / KENNY LOGGINS
4.We're all alone / Boz Scaggs
5.Against All Odds / Phil Collins
6.Your Song / Elton John
7.Never Gonna Give You Up / Rick Astley
8.Dreams / Van Halen

BONUS TRACK
9.Never Say Good-Bye
10.departure!(VS Edition)
11.You're the Only… (25th Anniversary Version)

Hero
My Heart Will Go On
A Thousand Miles
Now You‘re Not Here
A Question Of Honour
Against All Odds / Take A Look At Me Now
Your Song
departure!(VS Edition)
You're the Only…(25th Anniversary Version)
Sound Produce and Arrange : Yutaka Shinya(Natural Nine)
----------------------------------------------------------------------
It Must Have Been Love
Let Me Let Go
・Yoma (The Winking Owl) -(Guitar)
Produced and arranged by rui(fade)
Recorded by Keita Joko
----------------------------------------------------------------------
My Immortal
・PABLO(Guit ar, Bass)
・Hiroki Horikou(Piano/Strings programming)
・Hiroshi Kido(Drums)
Arranged by PABLO&Hiroki Horikou
Recorded and mixed by Yasuhisa Kataoka(ikiki.inc)
----------------------------------------------------------------------

Any Way You Want It
・KENTARO(Guitar)
・TOSHI(Bass)
・KATSUJI(Drums)
・Takashi Nakayama(Synthesizer Programming)
Produced by Yorimasa Hisatake
Arranged by KENTARO & Yorimasa Hisatake
----------------------------------------------------------------------
Livin' On A Prayer
・Takashi Nakayama(Track Making, Guitar)
・Yohei Matsuzaki(Piano)
Produced by Yorimasa Hisatake
Arranged by Takashi Nakayama & Yorimasa Hisatake
----------------------------------------------------------------------
Danger Zone
・Takashi Nakayama(Track Making, Guitar)
Produced by Yorimasa Hisatake
Arranged by Takashi Nakayama & Yorimasa Hisatake
----------------------------------------------------------------------
We're All Alone
・YUHKI(Keyboards)
・Toshihiro Kajihara(Guitar)
・hibiki(Bass)
・Hideki(Drums)
Produced by Yorimasa Hisatake
Arranged by YUHKI & Yorimasa Hisatake
----------------------------------------------------------------------

Never Gonna Give You Up
・YUHKI(Keyboards, Samples)
・hibiki(Bass)
・Hideki(Drums)
・Sinon(Chorus)
Produced by Yorimasa Hisatake
Arranged by YUHKI & Yorimasa Hisatake
-----------------------------------------------------------------
Dreams
・SYU(Guitar)
・TAKA(Bass)
・FUMIYA(Drums)
・YUHKI(Keyboards)
Produced by Yorimasa Hisatake
Arranged by GALNERYUS & Yorimasa Hisatake
-----------------------------------------------------------------
Never say good-bye
Music by Tetsuji Hayashi
Lyrics by Natsumi Watanabe
Arranged by Hiroshi Shinkawa
Takayuki Hijikata(Guitar)
Produced by Keiichi Yoneda
Mixing Engineer : Toshio Tamakawa

ツアー情報

小野正利、25周年アルバム「VS」リリース & BIRTHDAY LIVEを記念して、ついに待望の東名阪ツアー決定!
アルバムタイトルを冠する全国フルバンド編成の普段とは全く違った「V.S」ツアーをお見逃しなく!
Birthday and Release Tour 2018
「VS」
1/12(金) 名古屋 APOLLO BASE
open18:30/start19:00
お問い合わせ:APOLLO BASE TEL:052-261-5308
1/21(日) 大阪 心斎橋SUN HALL
open 16:30/start17:00
お問い合わせ:心斎橋SUNHALL TEL:06-6213-7077
1/26(金) 東京 Shinjuku FACE
open18:30/start19:00
お問い合わせ:H.I.P. TEL:03-3475-9999
一般チケット発売日:2017/12/17(日)
チケット料金:各公演前売り 5,000円
主催・企画・制作:シブヤテレビジョン
12/13発売のNEWアルバム「VS」の発売を記念して
「ミニライブ&ジャケットサイン会」が決定!
小野正利 NEWアルバム発売記念イベント ~カバーアルバムじゃない。VSアルバムだ。~
【日時】 2017年12月17日(日) ①13時 ②16時 <2回公演>
【会場】 イオンレイクタウンmori 1F木の広場
【内容】 ミニライブ&ジャケットサイン会(CDご購入者様対象)
【対象店舗】 (3F)タワーレコードイオンレイクタウン店
【お問合せ先】タワーレコード イオンレイクタウン店 TEL:048-990-1191
【特典会詳細】↓
http://www.onomasatoshi.com/

カバー曲解説

DISC1 「VS DIVA DISC」
M1:HERO / Mariah Carey
1993年に発売されたマライア・キャリーの3枚目のスタジオアルバム「Music Box (ミュージック・ボックス)は全米チャート2位で初登場し、通算8週1位、トップ20には40週、トップ200には128週(約2年半)も残るというロングヒットを記録した。全世界で3,200万枚を売り上げた。
当アルバムに収録された代表曲「HERO」は93年から94年にかけて、4週連続1位を獲得した。

M2.My Heart Will Go On / Celine Dion
「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」(英: My Heart Will Go On=私の心は生き続ける)は1997年の映画『タイタニック』の主題歌。アカデミー歌曲賞を受賞。元々は1997年のセリーヌ・ディオンのアルバム『レッツ・トーク・アバウト・ラヴ』でリリースされ、アメリカ、イギリス、オーストラリアなど世界各地でナンバーワンを記録。

M3.It Must Have Been Love / Roxette
スウェーデン・ハルムスタッド出身のバンドで、ギターとヴォーカル担当のペール・ゲッスルとヴォーカル担当のマリー・フレデリクソンからなる男女デュオ。
当該曲は映画『プリティ・ウーマン』挿入曲の「愛のぬくもり」("It Must Have Been Love")として 映画のサウンドトラックに収録された。ロクセットにとって3曲目の全米No.1ソング。年間チャートでも2位を記録。

M4.A Thousand Miles / Vanessa Carlton
アメリカ合衆国ペンシルベニア州ミルフォード出身のピアニスト、シンガーソングライター、ヴァネッサ・カールトンのデビューシングル。2002年にアルバム『Be Not Nobody』でデビュー。Billboard 200アルバムチャートで5位を記録し、アルバムからの最初のシングル「A Thousand Miles」もBillboard Hot 100で最高5位を記録するヒットとなった。「A Thousand Miles」はオーストラリアで1位、イギリスで6位、その他ヨーロッパ各国でトップ10入りした。


M5. Swing Out Sister - Now You're Not Here
イギリスのクロスオーバー、ポップ系男女デュオ。
日本のテレビドラマ『真昼の月』の主題歌用に書き下ろした「Now You’re Not Here」(邦題:あなたにいてほしい)が、ドラマとともに大ヒットし、日本でのみ発売された同シングルは30万枚を越える洋楽売り上げ1位を記録し、1997年第11回日本ゴールドディスク大賞洋楽部門のグランプリ・シングル賞を受賞。オリコン洋楽シングルチャートでは1996年8月19日付から11週連続1位を獲得したヒット曲となった。

6.My Immortal / Evanescence
アメリカ合衆国アーカンソー州リトルロック出身のロックバンド。エイミー・リーとベン・ムーディーを中心に結成されたエヴァネッセンス(Evanescence)の2003年のデビューアルバム「Fallen」
に収録された楽曲。

M7.Let Me Let Go / Faith Hill
アメリカの女性カントリー歌手フェイス・ヒルの1998年にリリースされ全世界で1000万枚以上のセールスを記録したヒットアルバム「Faith」の代表曲の一つ。

M 8.A Question of Honour / Sarah Brightman
「クエスチョン・オブ・オナー」(A Question of Honour)は、音楽の新ジャンル”クラシカル・クロスオーヴァー”を開拓しその女王として活躍するサラ・ブライトマンの楽曲。1995年発売のアルバム『Fly』に収録され、同年シングルカットされた。
本曲では「あなたが勝とうが負けようが、それは名誉の問題」と歌われており、勝敗より名誉を重んじる伝統的な「騎士道精神」を踏襲した歌詞になっている。
日本でも極めて人気が高く、テレビ朝日系サッカー放送で使用されている「クエスチョン・オブ・オナー」(2000~現在)等、サラ・ブライトマンの楽曲はたびたびTV番組やTVCMに起用されている。


DISC2 「VS LEGEND DISC」
1.Any Way You Want It / Journey
邦題「お気に召すまま」は、ジャーニーの代表曲で、1980年にシングル及びアルバム『ディパーチャー』の収録曲として発売された。発売以来この曲は数多くの映画やテレビ番組、CMで使用されている。
現在、日本テレビの「スッキリ」のオープニング・テーマとしても使用されている。



M2. Livin' on a Prayer / Bon Jovi
全世界で2800万枚アルバム『ワイルド・イン・ザ・ストリーツ』(1986年)からの第2弾シングルとしてリリースされたボン・ジョヴィの代表曲。

M3.Danger Zone / Kenny Loggins
アメリカのミュージシャン、ケニー・ロギンスの代表曲。
1986年には映画『トップガン』の主題歌「デンジャー・ゾーン」が全米第2位の大ヒットとなり、映画とともに世界中でヒットを記録した。「デンジャー・ゾーン」は、日本では1989年に「日産・マーチスーパーターボ」のCM曲として、1997年にはトヨタ・カルディナのCM曲、さらには2010年にスバル・トレジアのCM曲としても採用された。

M4.We're All Alone / Boz Scaggs
ボズ・スキャッグスのスタジオ・アルバム『シルク・ディグリーズ』の収録曲、及びリカット・シングル。当初は「リド・シャッフル」のB面曲という扱いであったが、多くのアーティストによってカバーされ、なかでも1997年のリタ・クーリッジのカバーのヒットによって再評価されることとなり、現在では代表曲のひとつになっている。
M5.Against All Odds (Take A Look at Me Now) / Phil Collins
イギリス人歌手、フィル・コリンズ(Phil Collins)が1984年2月にリリースした楽曲、およびそれを収録したシングル。ビルボード(Billboard)誌の集計では、フィル・コリンズ最大のヒット曲となった。邦題は「見つめてほしい」。
1970年に、プログレッシブ・ロック・バンドであるジェネシスに、ドラマーとして加入。ピーター・ガブリエル脱退後は、彼に代わってヴォーカリストも務め、「ターン・イット・オン・アゲイン(君のTVショウ)」「アバカブ」「インヴィジブル・タッチ」などの数々のヒット曲を生み出した。

M6.Your Song / Elton John
Your Song(邦題:僕の歌は君の歌)は、イギリスのミュージシャンであるエルトン・ジョンの楽曲
1970年4月10日発売のアルバム『僕の歌は君の歌』に収録され
フォークとジャズの融合したエルトン・ジョンの最初のポップ・ヒット。

7.Never Gonna Give You Up / Rick Astley
イギリスのシンガーソングライター、リック・アストリーの1987年の世界的大ヒット曲。
日本でもバブル景気真っ只中のディスコブームに乗り大ヒットとなり、数回に渡り来日しテレビ出演やライブを行ったほか、三ツ矢サイダーのテレビCMにも出演し当時の国民的知名度を獲得した。

8.Dreams / Van Halen
アメリカ合衆国出身のハードロック・バンドVan Halen、1986年リリースでボーカルにサミー・ヘイガ-が加入しヴァン・ヘイレン初の全米1位を3週連続で獲得した代表作「5150」の代表曲の一つ。

ボーナストラック

M9.Never say good-bye(新曲)
M10.departure!(VS Edition)
M11.You're the Only… (25th Anniversary Version)

M9 は新曲。M10,11はリメイク



小野正利 Profile

1992年SONY R ECORDS より「ピュアになれ」でデビュー。
3rd シングル「You’re the Only…」が114万枚を超える大ヒットとなり、その年の各音楽賞にノミネートされNHKの「第43回紅白歌合戦」にも初出場を果たす。
その後もハイトーンボイスと確かな歌唱力でバラード曲を得意とするソロ活動を続ける。
2009年9月よりへヴィメタルバンド『GALNERYUS [ガルネリウス]」に日本の最大のメタルフェスLOUD PARK 2009で加入し話題を呼ぶ。国内外にファンを持つJ-METALバンドにおいて日本が世界に誇る超絶クリアーハイトーンボーカルを如何なく発揮し人気を博し、当バンドではヨーロッパ、アジア、中米でツアーも行っている。
GALNERYUSでも日本テレビ系アニメ「RAINBOW-二舎六房の七人- 」「HUNTER×HUNTER」のエンディングテーマを担当したが、小野正利ソロとしても2011年の日本アニメ主題歌(HUNTER×HUNTER)「departure!」、2014年「KNOCK ON YOUR GATE」(アニメ カードファイト!ヴァンガード)「ドラゴンボール改 魔人ブウ編 海外版』主題歌
も担当しアニソンシンガーとしても活躍。

・そんな小野正利はJ-POP・J-METAL・J-ANIMATIONという3ジャンルでの成功を経験をもつ“ハイトーン日本代表”として2017年デビュー25周年アルバムをリリースするにあたり洋楽曲カバーに挑戦。
「カバーアルバムでない VSアルバムだ!」「原曲と聴き比べてみて欲しい!世界に負けていない!」
というキャッチのとおり世界の歌姫やレジェンドが歌唱した名曲中の名曲を小野正利色に染め上げた。

G-DRAGON最新ソロ作品リリース日…

カサリンチュ MBS「ちちんぷいぷい」…