サイダーガール 3月シングルは初のドラマ・映画主題歌、さらに6月東京、大阪で自主企画ライブ決定!



2018年の新イメージキャラクターは杉本愛里

1月21日(日)に、サイダーガールが、自身最大規模となった全国ツアー「サイダーガール TOUR 2017-2018 サイダーのゆくえ-JUMP ON THE BANDWAGON-の」の最終公演を仙台にて行い、2018年第1弾シングル「パレット」を3月に発売することを発表した。このシングルは、原作:赤瓦もどむの大ヒット少女コミック『兄友』 (白泉社・花とゆめ)が、主演・横浜流星、ヒロイン・松風理咲にて、2018年春にドラマ化、そしてさらに映画化されるにあたり、その作品のために書き下ろした青春ラブソング。今作が、彼らにとって初のドラマ&映画主題歌となる。

初回限定盤には、前作シングルに引き続き、ラバーバンドが封入される。



さらに毎回“LABO = 実験室”をテーマに行っている自主企画イベント「CIDER LABO」を東京、大阪の二箇所で行うことあわせて発表された。今回は、ワンマン公演にて、どんな実験が行われるのかぜひ楽しみにしてほしい。チケットの情報はオフィシャルHPにて。

また、メディアに一切顔出しをしないメンバーに代わって昨年1年間、ミュージックビデオなどに出演していた池間夏海から、2018年度の新イメージキャラクターとして、ミスセブンティーン2016グランプリの杉本愛里が起用された。彼女が出演し、新曲「パレット」の一部を聴くことができるティザー映像がYOUTUBEにアップされているので、ぜひこちらもチェックしてほしい。


サイダーガール 最新情報

商品情報

「パレット」
発売日:2018年3月28日
初回限定盤(CD+ラバーバンド) UPCH-7398 \1800(税抜)
通常盤(CD) UPCH-5936 ¥1200(税抜)
M-1 パレット
M-2 しょうがないよな
M-3 ハロー・ミュージック

イベント情報

「CIDER LABO Vol.5 -赤坂ノ陣-」
6月23日(土) 東京 マイナビBLITZ赤坂
開場/17:00 開演/18:00

「CIDER LABO Vol.6 -大坂ノ陣-」
7月1日(日) 大阪 梅田バナナホール 
開場/17:00 開演/18:00
※チケット代金(各公演): 3,800円(ドリンク代・別)


サイダーガール Profile

シュワシュワとはじける炭酸の泡は爽快感、その泡はあっという間に消えてなくなってしまう儚さ。そしてどんな色にも自在に変化していく。そんな“炭酸系サウンド”を目指し、2014年5月、動画サイトを中心に活動していたYurin(Vo&Gt)、VOCALOIDを使用して音楽活動していた知(Gt)、フジムラ(B)で結成。

2014年7月26日、下北沢CLUB251にて初ライブを敢行。チケットは即日完売した。 2015年6月、1st Mini Album『サイダーのしくみ』をライブ会場限定でリリース。

インターネットを含むメディアでは一切顔を出さず、ライブ会場でのみ本人たちの姿を目撃できるということと、“炭酸系”サウンドが相まって話題となり 2016年2月、タワーレコード限定発売の2nd Mini Album『サイダーの街まで』がスマッシュヒット。初の全国ツアー"サイダーガール TOUR 2016 サイダーのゆくえ -君の街まで-"を成功させた。夏には、続々と大型フェス、イベントへの出演、10月11月には2ヶ月連続ミニアルバムをリリース、初のワンマンライブ@代官山UNITを含む東名阪ツアーは全公演ソールドアウトとなった。
そして初ライブからちょうど3年後の2017年7月26日にユニバーサルJよりシングル「エバーグリーン」にてメジャーデビュー。

オフィシャルWEBサイト
http://cidergirl.jp

ロッカジャポニカ、自主企画『ロッカジャ…

LinQ 吉川千愛&新木さくらの新体制…