1. 歌詞検索UtaTen
  2. ニュース
  3. 洋楽
  4. Avicii
  5. アヴィーチー、新曲「ウェイティング・フォー・ラヴ」は忠犬ハチ公的ストーリーに感動!? リリックビデオ公開!!

アヴィーチー、新曲「ウェイティング・フォー・ラヴ」は忠犬ハチ公的ストーリーに感動!? リリックビデオ公開!!



世界規模での大ヒットを記録し、世界中で音楽に大いなる衝撃を与えたデビュー・アルバム『トゥルー』をリリース後、「ザ・デイズ」と「ザ・ナイツ」をリリースし、既に同2曲のビデオの再生回数も1億2千万枚を超え、2015年の動向から目が離せないDJ/プロデューサー=アヴィーチー。

その2曲のシングルに続くニュー・シングルが公開された。タイトルは「ウェイティング・フォー・ラヴ」。アヴィーチーが前作『トゥルー』で確立した、EDMとフォーク等これまでのオーセンティックな音楽との見事な融合したスタイルをさらに進化させた新たな名曲の誕生だ。サイモン・アルドレッドをヴォーカルに迎えたトラックとなる。


この楽曲が今年後半にリリースを予定されている待望のセカンド・アルバム『ストーリーズ』により期待を抱かせてくるものになるだろう。なお、このセカンド・アルバムにはビリー・ジョー・アームストロングやコールドプレイのクリス・マーティンをフィーチャーした楽曲も収録されることになっている。


あわせて、アヴィーチー版忠犬ハチ公的なストーリーが「感動的!」と反響を呼んでいるリリック・ビデオも公開となった。

Avicii - Waiting For Love (Lyric Video)


そして、残念ながら昨年ドクター・ストップにより待望の初来日公演をキャンセルせざるをえなくなってしまったが、遂にその仕切り直しの来日公演が決定した!会場は昨年予定されていた場所と同じく富士急ハイランド・コニファーフォレスト。

そして今回大阪でも開催が決定した。EDM系アーティストの単独公演としては過去も含め日本最大のショウとなり、さらにAVICII がその才能を認めたDJ 達が数組出演する超贅沢なスペシャル形式のショウになるとのことで、興味は尽きない。

<リリース情報>

アヴィーチー
最新シングル「ウェイティング・フォー・ラヴ / WAITING FOR LOVE」
デジタル配信中 iTunes https://itunes.apple.com/jp/album/waiting-for-love-single/id994128401

<来日情報>

2015 年10 月10 日(土) 山梨 富士急ハイランド・コニファーフォレスト
2015 年10 月11 日(日) 山梨 富士急ハイランド・コニファーフォレスト
2015 年10 月12 日(月・祝) 大阪 舞洲BEACH SIDE
total info: creativeman http://www.creativeman.co.jp/

<バイオグラフィー>

世界を目覚めさせ続け、EDMという音楽のボーダーを常に拡張し続ける天才=アヴィーチー。モンスター・アルバムとなったデビュー・アルバム『トゥルー』(2013年発表/日本発売は2014年)及びモンスター・シングル「ウェイク・ミー・アップ」で世界の音楽地図を一変させた。

アヴィーチー、スウェーデン出身、本名ティム・バークリング。弱冠18歳にてキャリアをスタート。独学で音楽制作を学び、2010年ジョン・ダールバックとの共作「ドント・ホールド・バック」をリリース。その後、ティエストとセバスチャン・イングロッソらとのプロジェクトでさらに知名度を上げた彼は、同年「シーク・ブロマンス」をリリース。これがヨーロッパでスマッシュ・ヒットとなった。怒涛のペースで良質なトラックをリリースし続けていく中、2011年には、自身のキャリアの中でも名曲となる「レヴェルズ」をリリース。間奏にエタ・ジェイムズ の「Something's Got A Hold On Me」を引用したこの曲は、世界各国でトップ10に入る爆発的ヒット・ソングとなる。恐ろしいスピードでスターダムへの階段の駆け上がっていく彼は、大ヒットを連発し、大規模なアリーナ・ツアーも敢行。

2012年12月にはこれまで幾度とライヴで演奏され、発売が待たれていた曲のヴォーカル・ヴァージョン「アイ・クッド・ビー・ザ・ワン」をリリースし、UKシングル・チャートで最高1位を獲得。さらに、第54回グラミー賞では、デヴィッド・ゲッタとの楽曲「サンシャイン」が【ベスト・ダンス・レコーティング】に、そして翌年も同賞に「レヴェルズ」で2年連続ノミネートされた。

2013年には"ULTRA MUSIC FESTIVAL"で大きな衝撃を世界に与えたシングル「ウェイク・ミー・アップ」を6月にリリース。ソウル・シンガーのアロー・ブラックをフィーチャーし、フォークとEDMのマッシュ・アップのような今回の楽曲は配信スタート直後から、ヨーロッパを中心にナンバー1を獲得!その勢いを受けてリリースされたアルバム『トゥルー』は世界規模で現在大ヒットを記録。まさに時代の寵児となった。

2014年は体調不良のため活動休止を余儀なくされたりもしたが、「ザ・デイズ」、「ザ・ナイツ」の新曲を発表。最新シングルとしてて「ウェイティング・フォー・ラヴ」をリリースしたばかり。2015年後半にはセカンド・アルバム『ストーリーズ』の発表を予定しており、全世界がアヴィーチーの動向から目が離せない。


アヴィーチー ユニバーサル ミュージック日本公式サイト
http://www.universal-music.co.jp/avicii



【Wake Me UP 】の歌詞ページ
【Hey Brother】の歌詞ページ

Aviciiは、スウェーデン出身のDJ、音楽プロデューサー。1998年9月8日生まれ。幼少よりピアノ、ギターを習っていたが、音楽ソフトと出会った事からDJ、トラックメーカーの道を歩み始める。高校卒業後にイギリスのDJピート・トン主催の大会で優勝し、間もなく世界中から注目を集める。トラックメーカ···

このニュースへのレビュー

このニュースへのレビューを書いてみませんか?

このニュースへのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつのニュースに1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

東京カランコロン、「食戟のソーマ」ED…

“ボップでポップなバンド”Shiggy…