1. 歌詞検索UtaTen
  2. ニュース
  3. J-POP
  4. 亀梨和也
  5. 亀梨和也、「FINAL CUT」クランクアップ! 熱い抱擁を交わし、感想を語る

亀梨和也、「FINAL CUT」クランクアップ! 熱い抱擁を交わし、感想を語る



カンテレ・フジテレビ系で毎週火曜よる9時放送中の連続ドラマ『FINAL CUT』

カンテレ・フジテレビ系で毎週火曜よる9時放送中の連続ドラマ『FINAL CUT』。母親を殺人事件の犯人かのように扱い、死に追い込んだテレビ番組関係者らに制裁を加えながら、事件の真犯人を追う主人公・中村慶介の姿を描く復讐劇。主演を務める亀梨和也とヒロイン・小河原雪子役の栗山千明がそろってクランクアップを迎えた。


亀梨和也と栗山千明が最後の撮影

2人の最後の撮影となったのは、3月13日(火)放送の最終回2時間スペシャルの重要シーン。無事に監督からラストカットのOKが出ると、スタッフから大きな拍手が送られた。花束を手渡した監督とガッチリと握手し、そのまま熱い抱擁を交わした亀梨は、「この瞬間に立つと、あっという間だったなと思います。初めての環境で、初めての復讐劇というチャレンジングなテーマの中でドラマに立たせてもらうことを、本当にうれしく思いながら充実した時間を過ごさせていただきました。気持ち的にも現場的にも、皆さんの力添えをいただきながら撮影ができました。また、ここをホームとして戻って来させてもらえるように、時間を紡いでいきたいなと思います。本当に色々なことが起こる中で、それを全てみんなの力でプラスに変えられた現場だったんじゃないかと思います。本当にお疲れさまでした。ありがとうございました!」と、スタッフに感謝の言葉を述べた。

さらに、真犯人とみられる男の妹として、事件の真相を追う慶介と禁断の恋に落ちるヒロイン・雪子を演じた栗山は、亀梨から花束を手渡され、「去年から今日まで、ハードで寒い中の撮影、皆さんお疲れさまでした! 私は前半戦、ハッピーなシーンから始まって、現場のチームワークをすごく感じながら、やりやすい状況を作っていただけて、どんどん大変なシーンに挑むことができました。最後の最後、2時間スペシャルがどのような形になるか、編集を楽しみにしています」と、撮影を振り返った。

去年12月から始まった撮影も、このシーンをもって全て終了。あらためて、3か月以上に及ぶ撮影を振り返った感想と、最終話の見どころについて、亀梨が語ってくれた。


亀梨和也コメント


Q.撮影を振り返っての感想をお聞かせください。
今回、カンテレさんと初めて組ませていただき、すごく意味のあることだなと感じながらやらせてもらいました。
初めての復讐劇ということもあり、中身的にはなかなか気の抜けない撮影ばかりでした。
序盤は一人ひとりをターゲットに復讐していき、後半になってやっとキャストの皆さんと集まって撮影が出来たところだったので、ちょっと寂しいな…と(笑)。でも、全然終わった感じはしなくて、最終話の放送を見て感じるのかなと思います。
Q.最終話のクライマックスシーンは、特にハードな撮影だったようですが…?
藤木さん、そして祥太役の方と対峙(たいじ)するシーンは、いい緊張感のなかで実力ある方々と共にお芝居させてもらえて、すごく刺激的でした。長時間も撮影していたのに集中していたのであっという間に終わった感じがします。
Q.最後に視聴者へのメッセージをお願いします。
今の時代だからこそ向き合わなければいけないテーマに、ド正面から向き合い、僕たちメディア側の人間が、メディアに対して問題を提示するという大きなチャレンジをした作品でした。誰にでも身近に起こりうる出来事をテーマに、世の中の現状を見る“角度”について、慶介という主人公を通して感じてもらえたらと思います。最終回も盛りだくさんなので、たくさんの人にいろんな要素を楽しんでもらえたらと思います。


13日(火)放送 最終話2時間スペシャルあらすじ


若葉(橋本環奈)への殺人未遂容疑で慶介(亀梨和也)が現行犯逮捕された。傷を負った若葉の姿を目の当たりにした雪子(栗山千明)は大きなショックを受けるが、そこへ一本の電話がかかってくる。それは、かつて慶介が雪子をだますために使っていた偽名“吉澤優”からで……?
一方、独自に真犯人とみられる小河原祥太の行方を追っていた井出(杉本哲太)、真崎(水野美紀)、小池(林遣都)、皆川(やついいちろう)は、慶介が逮捕されたと聞き、色めき立つ。しかし、百々瀬(藤木直人)は、さらなる大スクープを画策していた。
無実を信じる大地(髙木雄也)をよそに、取り調べに対してなぜか黙秘を貫く慶介。しかし、やって来た上司の高田(佐々木蔵之介)に突如、「犯人は、俺です」と自白を始め、高田を驚かせる。
“殺人犯”となった慶介は、誰も予想しなかった驚きの方法で、ついに真犯人と対峙(たいじ)することに。そこには、スクープを狙う百々瀬ら『ザ・プレミアワイド』チームの姿もあった。慶介、真犯人、そして“ミスターメディア”百々瀬が一堂に会して、慶介の一世一代の大勝負がついに始まる。その時、高田(佐々木蔵之介)は…? そして、雪子は…?
しかし、慶介の復讐(ふくしゅう)のクライマックスは…この対決の先にあった!
慶介が、ファイナルカットを突きつけてきた真の目的とは? 待ち受けるのは驚愕(きょうがく)のラスト!!

テレビドラマ作品概要


【放送枠】 
2018年1月期 毎週火曜よる9時~9時54分
(カンテレ・フジテレビ系全国ネット) 
※最終回 3月13日(火)よる9時~10時48分 2時間スペシャル
【タイトル】 
FINAL CUT
【出演】
亀梨和也 藤木直人 栗山千明
橋本環奈 林遣都 髙木雄也(Hey! Say! JUMP) やついいちろう ・ 杉本哲太
裕木奈江 鶴見辰吾 升毅 水野美紀 佐々木蔵之介
【脚本】 
金子ありさ

【音楽】
菅野祐悟
【主題歌】
KAT-TUN「Ask Yourself」
(ジェイ・ストーム)
【演出】
三宅喜重(カンテレ)
日暮謙
【プロデューサー】 
豊福陽子(カンテレ)
【制作著作】 
カンテレ

亀梨和也 最新情報

『マルコポロリ!』 2月25日(日)午後1:59~2:54放送(関西ローカル)
【番組概要】
「東方見聞録」を記したマルコ・ポーロのように…常に「面白さ」を追い求めている芸人たちが、「芸能界」という大海原に漕ぎ出でて様々な面白情報やニュースや証言を開拓する。取材先の人たちも、相手が芸人だからこそ話せる面白話や本音をついポロリ。この番組は、芸能界や社会で起こった様々なおもしろい出来事・ちょっといい話を芸人たちが体当たりで取材し、“お笑いワイドショー”として毎週紹介する番組。
【出演者(2/25OA)】
MC:東野幸治   アシスタント:中島めぐみ(カンテレアナウンサー)
芸人リポーター :月亭方正 メッセンジャーあいはら シャンプーハット 千鳥 月亭八光 ダイアン
スタジオゲスト :宮川大助・花子
スペシャルゲスト:亀梨和也
『FINAL CUT』 2月27日(火)午後9:00~10:14放送(全国ネット)
【出演】
亀梨和也 藤木直人 栗山千明
橋本環奈 林遣都 髙木雄也(Hey! Say! JUMP) やついいちろう ・ 杉本哲太
裕木奈江 鶴見辰吾 升毅 水野美紀 佐々木蔵之介

【脚本】 金子ありさ
【主題歌】 KAT-TUN「Ask Yourself」

【第7話(2/27OA)あらすじ】
慶介(亀梨和也)はテレビ番組に母・恭子(裕木奈江)を女児殺害事件の犯人扱いされ無実の罪で亡くした男。12年後、警察官となり母を死に追いやった番組関係者に、“致命的弱点を捉えた映像“ファイナルカット”を突きつけ、なぜ母親への犯人視が始まったかを追及している。事件当時、警察幹部の芳賀(鶴見辰吾)が捜査情報をリークし、司会者の百々瀬(藤木直人)が番組で恭子を犯人視し始めたことを突き止めた慶介だったが、ある日、警察官としての姿がテレビ中継されてしまう。雪子(栗山千明)に呼び出された慶介は本名を明かし、母が犯人扱いされた事件の真犯人・小河原祥太の行方を突き止めるため、妹である雪子と若葉(橋本環奈)に近づいたと打ち明ける。しかし雪子は「あの日、兄は家にいた」と言い返し、慶介の言葉に耳を貸そうとしない。慶介が警察官だと知った百々瀬、井出(杉本哲太)、真崎(水野美紀)、小池(林遣都)、皆川(やついいちろう)は早々に慶介の身元や経歴を調べ上げ、慶介の前に現れる。祥太の居場所を早く探らなければと考えた慶介は、父親である弁護士の小河原達夫(升毅)に狙いを定める。相談客を装って訪れた慶介は、12年前の事件についての依頼だと切り出し、達夫を動揺させる。慶介の揺さぶりで動き出した達夫は、意外な人物にコンタクトをとり…。その夜、高田(佐々木蔵之介)は百々瀬から、12年前の事件のことで慶介からコンタクトがあり迷惑を被ったと聞く。しかし、百々瀬は「事件の真相を探るつもりだ」と告げ、高田を驚かせる。一方、雪子から慶介の正体を知らされた若葉は、慶介の前に現れ、「お兄ちゃんの居場所を調べるから恋人にして」と持ちかける。同じ頃、達夫を監視中の大地(髙木雄也)に魔の手が忍び寄り――。

阪本奨悟、新曲「カラカラな心」が、TV…

ジェイソン・デルーロ、コカ・コーラの2…