1. 歌詞検索UtaTen
  2. ニュース
  3. J-POP
  4. Noa
  5. スピリチュアル大学生タレントCHIEが初の“楽曲オーラ鑑定”で場内騒然!奇跡の4人組「クリフエッジ & LGYankees & MAY’S & Noa」初の共演ライブ開催!

スピリチュアル大学生タレントCHIEが初の“楽曲オーラ鑑定”で場内騒然!奇跡の4人組「クリフエッジ & LGYankees & MAY’S & Noa」初の共演ライブ開催!



奇跡のスペシャルユニット”クリフエッジ & LGYankees & MAY’S & Noa”の4組のアーティストが、5月30日、レコチョクプラザにてアルバム「Quads」リリース記念プレミアムライブを開催した。
掲載歌詞の一覧へJUMP

かつて同じレーベルに所属しながら決して交わる事のなかった4組の最初で最後のプレミアムライブを一目見ようと抽選でプラチナチケットを手に入れた80人のファンが会場に詰めかけ、4組のアーティストがステージ上に登場すると大歓声が巻き起こる中プレミアムライブがスタート。

2度と見る事ができないであろう奇跡のコラボレーションライブに熱い視線を送り続けるファンを前に、初めてのステージとは思えない息のあったパフォーマンスで4曲を熱唱した。

短い時間ながら駆け付けたファンを多いに魅了した4組のステージが終わると、アルバム収録曲「P.S. 未来のふたりへ」のMVに出演したスピリチュアル大学生タレントCHIEがスペシャルゲストとしてステージに登場。

メンバーのJUNからMV出演の感想を聞かれると、以前から4組のアーティストのファンで特にMAY’Sの片桐舞子とは同郷でプライベートでも親交があるというCHIEは「お話を頂いた時からドッキリかと思っていて撮影中も隠しカメラがあるんじゃないかとキョロキョロしてました」とエピソードを披露。
さらにメンバーから楽曲のオーラ鑑定のお願いが。

数々の著名人のオーラを鑑定してきた彼女だが、楽曲のオーラを見るのは初という事で、自身が主演を果たした「P.S. 未来のふたりへ」を鑑定。

オーラを鑑定してもらうのは初めてという事で、不安な表情を見せるメンバーを前に
「この曲のオーラは、紫陽花のような優しい紫色!! ネガティブな事も優しく包んでくれるオーラが出ていて恋人や友達同士、夫婦など色々な人が聞いても優しくなれるし、幸せになれる曲です。まさにパワー溢れるラッキーソングです!!」と鑑定結果を発表するとメンバーと場内のファンから大歓声が沸き上がった。

最初で最後となった、奇跡のコラボレーションによるプレミアムライブは、エネルギッシュなパフォーマンスと笑いに溢れるトークで幕を閉じ、ファンにとっても4組のメンバーにとっても忘れられない一日となった。

この後、4組の各アーティストはそれぞれの活動に戻りツアーやアルバム制作をおこなうとの事でこちらの活動にも注目してほしい。


●リリース情報
クリフエッジ & LGYankees & MAY’S & Noa 
Album「Quads」
2015.5.13 release!!

初回限定盤(CD+DVD) CRCP-40405 ¥2,593 +税
通常盤(CD) CRCP-40406 ¥2,315 +税

<収録曲>
[DISC1(CD)]
1. P.S. 未来のふたりへ / クリフエッジ & LGYankees & MAY’S & Noa 
2. 悲しみは DIFFERENCE / MAY’S feat.クリフエッジ & LGYankees
3. Suddenly Love Story / LGYankees feat. Noa
4. 未来への贈りもの / MAY’S feat. Noa
5. 泥だらけの LOVE SONG / クリフエッジ feat. LGYankees
6. FIRE / クリフエッジ & LGYankees & MAY’S & Noa
7. Like A Star / Noa feat. MAY’S & LGYankees & JUN (クリフエッジ)
8. 会いたいEverynight 会えないEverytime / LGYankees feat. Noa & SHIN (クリフエッジ)
9. 面影 / クリフエッジ feat. Noa
10. そばに… / クリフエッジ & LGYankees & MAY’S & Noa

[DISC2(DVD)]
P.S. 未来のふたりへ / クリフエッジ & LGYankees & MAY’S & Noa (Music Clip)

※レコチョクにて、「Quads」収録曲、好評配信中!!
http://recochoku.com/c0/clmn/

<Profile>
クリフエッジ
★HP
https://cliff-edge.com/

日本語で“崖っぷち”という意味を持つJUN(MC)、SHIN(MC)、DJ GEORGIAからなるユニット。インディーズ時代の作品と関連作の総累計出荷が10万枚を突破するという快挙を成し遂げ、2008年キングレコード Venus-Bよりメジャーデビュー。

デビューアルバム「to You」が、オリコンアルバムチャート初登場14位にランクインする。その後、ドラマ&全国東宝系映画「ホームレス中学生」の主題歌(天上智喜とのコラボ レーション)の担当、“AJ(秋元順子)”との世代を超えた夢の共演、ソロ アルピニスト“栗城史多”の応援ソングの書き下ろしなど、各方面で話題になる。

2011年にリリースされた「Endless Tears feat. 中村舞子」ではレコチョクRBTランキング19日連続1位を獲得し、50万DL超の大ヒットを記録。2013年のメジャーデビュー5周年を記念した初のベ ストアルバム「THE BEST 〜You’re the only one〜」のリリースに続き、2013年11月には、第二章の幕開けとなる通算6枚目となるアルバム「PLATINUM HEARTS」をリリースする。

2014年11月、レコード会社を日本クラウンへと移籍し、アーティスト名を片仮名表記の「クリフエッジ」に改名。新レーベル「CROWN VenuS」より、2015年1月14日に待望のニューアルバム「クリフロード」がリリースされた。

LGYankees [エルジーヤンキース]
★HP
http://nodoubttracks.com/

2000年、HIROを中心にLGYを結成。2007年LGY改めLGYankeesと名前を改名。
同年LGYankeesのHIROが音楽プロダクションNO DOUBT TRACKSを設立。

メンバーにDJ No.2を加え、日本のミュージックシーンに金字塔を打ち立てるべく「Dear Mama feat. 小田和正 / Eternal」 をリリースし同楽曲シングルがオリコン・デイリー ランキングでトップ10入りする。

メンバー編成がHIROとDJ No.2の2人組みユニットとなり、アルバム「BARI BARI LGYankees」を2011年2月にリリース。 日本ロック界のカリスマ・大友康平と名曲『ff( フォルティシモ )』のリアレンジ曲を制作。 また渡辺美里とも『春風 feat. 渡辺美里』で共演を果たすなど、 日本を代表する アーティスト達とのコラボレーションを続々と発表し話題となる。

その後 5thアルバム「GO! GO! LGYankees!!!」、6thアルバム「DOKI DOKI LGYankees!!!!!!」をリリース。 アルバム5タイトル連続のオリコン・ウィークリーランキング TOP10 入りを記録している。 まさに名実ともに 日本を代表するカリスマユニットである。

MAY’S [メイズ]
★HP
http://www.clubmays.com/

ボーカル片桐舞子とトラックメーカー河井純一が専門学校で出会い結成。
2007年11月にCLIFF EDGEとのスプリットミニアルバム「Dear」をリリース後、2008年7月2日に1st シングル「My Everything」をリリースしメジャーデビュー。

「I Wish」や、「I LOVE YOU が言えなくて」「ONE LOVE ~100万回のKISSでアイシテル~」、「星の数だけ抱きしめて」、「君に届け…/WONDERLAND」、「永遠」など人気楽曲をコンスタントにリ リース。

2014年3月にはMAY'S 5枚目となるニューアルバム「Kissing」、そして6月には、ハーフ芸人のデニスやマテンローのアントニー、ハーフタレントのJOYなどと共演した 「WAになっておどろう」や、AKB48初の日本語公式カバー「真夏のSounds Good!」などを収録したブラジル・ラテンテイスト満載の「VIVA SUMMER COVERS」をリリース。

片桐舞子の圧倒的な歌 唱力は聞く人の心に響き、ステージと客席が一体となるMAY’Sライヴは笑顔になれると評判が高く、ハローキティなどで世界的に有名なサンリオピューロラ ンドとコラボレーションしたXmasライヴを開催するなどMAY’SのHappyで楽しい世界観が多くのファンを魅了している。

Noa[ノア]
★HP
http://nodoubttracks.com/

幼少の頃よりピアノを習い、歌が好きな母親の影響を受けて育つ。08年に発売した1stアルバム「LUCY LOVE」は収録曲「信じてる」「KO.A.KU.MAⅡ feat.MAICHI」「Peace My Life feat.山猿」が話題となり、デビューアルバムにして5.5万枚を売り上げた。

09年8月2ndアルバム「LUCY LOVE -SEASONⅡ-」を発売。オリコン週間8位を記録。09年12月にはミニ企画アルバム「LUCY LOVE -WINTER SEASON-」からの楽曲「WINTER SONG」が着うたフルWeekly2位を記録する。10年8月に、3rdアルバム「Noaism」をリリース。

12年7月11日には満を持してベストアルバム「Noa’s LOVE」をリリースし、自身最高位となるオリコンWeekly7位を記録した。13年4月現在、着うた・着うたフル・RBTの累計ダウンロード数は350万を突破。持って生まれた天性の歌声、磨きあげられた歌力、そして彼女の記す直情的なリリック。

裏付けられた数字以上に説得力を持つ数々の要素からは、音楽と共生する若者にとって無くてはならない存在であることがうかがえる。名実共に日本の音楽シーンを席巻するNoa。いま、彼女から目を離すべきではない。

このニュースへのレビュー

このニュースへのレビューを書いてみませんか?

このニュースへのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつのニュースに1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

Noa 最新情報

リリース情報

■Noa10周年記念第二弾シングル「Actor」
発売日:2018年8月8日(水)全国主要サイトでリリース!
発売元:I.Y.O / 販売元:エイベックス・エンタテインメント ©︎No Doubt Tracks

■Noa10周年記念第一弾シングル「odore」
発売日:2018年7月25日(水) 全国主要サイトでリリース。
発売元:I.Y.O / 販売元:エイベックス・エンタテインメント ©︎No Doubt Tracks

【iTunes Store】
「Actor」
https://itunes.apple.com/jp/album/id1416555331?app=itunes&ls=1
「odore」
https://itunes.apple.com/jp/album/id1411249207?app=itunes&ls=1

Noa Profile

「Noa」…持って生まれた天性の歌声、磨きあげられた歌唱力、そして放たれる極上のメロディラインとリリック。2007年、卓越したポテンシャルをプロデュサーLGYankeesに見出され、2008年に1stアルバム「LUCY LOVE」でデビュー。収録曲「信じてる」「KO.A.KU.MAⅡ feat.MAICHI」「Peace My Life feat.山猿」が話題となり、デビューアルバムにして6万枚を売り上げた。

2009年8月2ndアルバム「LUCY LOVE -SEASONⅡ-」を発売。オリコン週間8位を記録。同12月にはミニ企画アルバム「LUCY LOVE -WINTER SEASON-」からの楽曲「WINTER SONG」が着うたフル・ウィークリーランキング2位を記録する。2012年7月には満を持してベストアルバム「Noa’s LOVE」をリリース。自身最高位となるオリコン週間7位を記録した。2015年にクリフエッジ & LGYankees & MAY’S & Noa名義のアルバム「Quads」、そして、カバーアルバム「愛がなければ」をリリースし、スマッシュヒット。

2017年には、カバーとオリジナルを織り交ぜたアルバム「Supple」を発表。自身のタイトル以外でもLGYankeesとのコラボで「ウエディングロード feat. Noa」,「Because feat. Noa」「左手に咲いたリング feat. Noa」など数々のヒット曲を世に送り出しており、リリースしたタイトルは累計で300万ダウンロードを記録。
そして…デビュー10周年記念として、7/25「odore」8/8「Actor」をリリースとますます勢いに乗るNoa…これからも彼女から目が離せない!!!!

CLIFF EDGE Profile

日本語で“崖っぷち”という意味を持つJUN(MC)、SHIN(MC)、DJ GEORGIAからなるユニット。インディーズ時代の作品と関連作の総累計出荷が10万枚を突破するという快挙を成し遂げ、2008年キングレコード Venus-Bよりメジャーデビュー。デビューアルバム「to You」が、オリコンアルバムチャート初登場14位にランクインする。その後、ドラマ&全国東宝系映画「ホームレス中学生」の主題歌(天上智喜とのコラボ レーション)の担当、“AJ(秋元順子)”との世代を超えた夢の共演、ソロ アルピニスト“栗城史多”の応援ソングの書き下ろしなど、各方面で話題になる。  2011年にリリースされた「Endless Tears feat. 中村舞子」ではレコチョクRBTランキング19日連続1位を獲得し、50万DL超の大ヒットを記録。2013年のメジャーデビュー5周年を記念した初のベ ストアルバム「THE BEST 〜You’re the only one〜」のリリースに続き、2013年11月には、第二章の幕開けとなる通算6枚目となるアルバム「PLATINUM HEARTS」をリリースする。  2014年11月、レコード会社を日本クラウンへと移籍し、アーティスト名を片仮名表記の「クリフエッジ」に改名。新レーベル「CROWN VenuS」より、2015年1月14日に待望のニューアルバム「クリフロード」がリリースされた。

公式HP https://cliff-edge.com/

LGYankees Profile

2000年、HIROを中心にLGYを結成。2007年LGY改めLGYankeesと名前を改名。
同年LGYankeesのHIROが音楽プロダクションNO DOUBT TRACKSを設立。 メンバーにDJ No.2を加え、日本のミュージックシーンに金字塔を打ち立てるべく「Dear Mama feat. 小田和正 / Eternal」 をリリースし同楽曲シングルがオリコン・デイリー ランキングでトップ10入りする。 メンバー編成がHIROとDJ No.2の2人組みユニットとなり、アルバム「BARI BARI LGYankees」を2011年2月にリリース。 日本ロック界のカリスマ・大友康平と名曲『ff( フォルティシモ )』のリアレンジ曲を制作。 また渡辺美里とも『春風 feat. 渡辺美里』で共演を果たすなど、 日本を代表する アーティスト達とのコラボレーションを続々と発表し話題となる。 その後 5thアルバム「GO! GO! LGYankees!!!」、6thアルバム「DOKI DOKI LGYankees!!!!!!」をリリース。 アルバム5タイトル連続のオリコン・ウィークリーランキング TOP10 入りを記録している。 まさに名実ともに 日本を代表するカリスマユニットである。

公式HP http://nodoubttracks.com/

MAY’S 最新情報

リリース情報

MAY'S 8th Album
「Nothing」
TYPE-A(CD+DVD) / CRCP-40537  ¥3,611(+税)
TYPE-B(CD) / CRCP-40536 ¥2,778 (+税)
2017.12.6 On Sale!!

<収録曲>
DISC1(CD)
・CHEER GIRL
・たとえ世界が真っ白になっても
他、全12曲収録予定

DISC2(DVD)
・Music Clip 2曲
・ 2月17日(水)「MAY’S 15th Anniversary”抱きしめてShining”Live Tour @代官山UNIT」ライブ映像


ライブ情報

<全国ワンマンツアー>
■タイトル
MAY’S 15th Anniversary “39” Tour

■公演詳細
2017年 10月8日(日) 群馬公演
【会場】高崎FLEEZ
【1公演目】Back to the “Drawing&Beginning” 開場14:30/開演15:00
【2公演目】Back to the “Dreaming” 開場17:30/開演18:00

2017年10月9日(月・祝)宮城
【会場】仙台enn2nd
【1公演目】Back to the “Amazing” 開場14:30/開演15:00
【2公演目】Back to the “Cruising” 開場17:30/開演18:00

2017年10月14日(土)岡山
【会場】IMAGE
【1公演目】Back to the “Cruising” 開場14:30/開演15:00
【2公演目】Back to the “Traveling” 開場17:30/開演18:00

2017年10月15日(日)福岡
【会場】INSA
【1公演目】Back to the “Amazing” 開場14:30/開演15:00
【2公演目】Back to the “Smiling” 開場17:30/開演18:00

2017年10月21日(土)愛知
【会場】ell.FITS ALL
【1公演目】Back to the “Dreaming” 開場14:30/開演15:00
【2公演目】Back to the “Amazing” 開場17:30/開演18:00

2017年10月22日(日)大阪
【会場】梅田Shangri-La
【1公演目】Back to the “Kissing” 開場14:30/開演15:00
【2公演目】Back to the “Dreaming” 開場17:30/開演18:00

2017年10月28日(土)石川
【会場】金沢vanvan V4
【1公演目】Back to the “Cruising” 開場14:30/開演15:00
【2公演目】Back to the “Smiling” 開場17:30/開演18:00

2017年11月19日(日)東京 Shibuya WWW X   開場17:30/開演18:00

【イベント名】MAY’S X’mas Special Live SING SING SING!!! 2017]
【日時】2017/12/23(土)
【時間】17:30開場/18:00開演
【会場】恵比寿ガーデンルーム

MAY’S Profile

【オフィシャルHP】
http://clubmays.com

ツインボーカルユニット・REVALCY…

沢井美空、東京初ワンマンを成功させ新た…