1. 歌詞検索UtaTen
  2. ニュース
  3. J-POP
  4. sympathy
  5. 高知県産、超絶無名バンドsympathyがビクター新レーベルCONNECTONEからいきなりMini Albumのリリースを発表!!

高知県産、超絶無名バンドsympathyがビクター新レーベルCONNECTONEからいきなりMini Albumのリリースを発表!!



ビクターエンタテインメントの新レーベルCONNECTONEは、話題のシティ・ポップ・グループAwesome City Clubに続く第二弾新人として、高知県の高校の部活で結成された女の子4人組バンド、sympathy(シンパシー)と契約したことを発表した。
掲載歌詞の一覧へJUMP

同レーベルからの第一弾リリースとなるMini Album『トランス状態』は、7月15日にリリースされる。

全国的には全く無名の女の子4人組がいきなり手にした、シンデレラ・ストーリーだ。sympathyは柴田ゆう(Vo./Gt.)、田口かやな(Gt.)、今井なつき(Ba.)、門舛ともか(Dr.)からなるロック・バンド。メンバー全員19歳、昨年春に高知市の同じ高校を卒業したばかりだ。

きっかけは、昨年夏に初めて(そして現時点では唯一)東京のライヴハウスに出演したことだった。たまたま別のバンドを観に来ていた現所属マネージメント社長がsympathyのステージに衝撃を受け、さらに会場で入手した1st Mini Album『カーテンコールの街』を聴いて、その圧倒的な才能を確信。音源を紹介されたCONNECTONEレーベルに至っては、何とライヴも観ずして契約にこぎつけてしまった。
たった一回のライヴハウス出演でデビューをモノにしてしまうという、とてつもない引きの強さを持っている。

柴田と田口という2人の有能なソングライターを中心に、10代の女の子のみずみずしい感性が爆発している2nd Mini Album『トランス状態』は、驚異的なスピードで進化を続ける4人の現在を刻み付けた6曲を収録。柴田の個性際立つヴォーカル、LINE、twitter、skypeを駆使しながらメンバー全員で書き上げたという歌詞、そしてドライヴしまくるバンド・アンサンブル。
ここにきて盛り上がりを見せるガールズ・バンド・シーンに、ひときわ存在感を放つ新星が登場した!

リリース情報
とっておきの切なさ出来ました。
超絶無名バンドsympathyによるメランコリック・アルバム!!
sympathy / 2nd Mini Album 『トランス状態』
2015.7.15 Release
NCS-10097 / \1,800(税抜)
【収録曲】
1. 女子高生やめたい
2. さよなら王子様 (アルバム・リード曲)
3. 紅茶
4. 有楽町線
5. 泣いちゃった
6. あの娘のプラネタリウム

プロフィール
4人でできている高知県産、超絶無名バンドsympathy。

高校の部活の小さな部室から生まれ、初ライブのコンテストでたまたま優勝、地元のライブハウスでライブをしながらオリジナル曲を作り始め、
かくかくしかじかを経て1st Mini Album「カーテンコールの街」を発表。

絶賛遠距離中にもかかわらず、いつの間にやらレーベル・事務所と契約…!私たち一体どうなっちゃうのー!?
今後の活躍に注目! よそ見しないでね。

「sympathyは“揺れるロック”を推進します。」

sympathyオフィシャルサイト
http://sympathy.strikingly.com/

sympathyは、1995年10月4日生まれ高知県高知市出身でヴォーカル、ギター担当の柴田優・1996年1月3日生まれ高知県出身でギター担当の田口華也奈・1995年8月29日生まれ高知県長岡郡大豊町出身でベース担当の今井夏紀・1996年3月11日生まれ高知県出身でドラムス担当の門舛友架からなる4人組ガールズバ···

このニュースへのレビュー

このニュースへのレビューを書いてみませんか?

このニュースへのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつのニュースに1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

フィリップフィリップス 純愛曲「ゴーン…

SOIL&”PIMP”SESSIONS…