1. 歌詞検索UtaTen
  2. ニュース
  3. J-POP
  4. コブクロ
  5. コブクロ、ゆかりの地、福岡・天神にて、サプライズシークレットライブを開催!

コブクロ、ゆかりの地、福岡・天神にて、サプライズシークレットライブを開催!



コブクロ、福岡・天神(ふれあい広場)にて、サプライズシークレットライブを開催!

4月11日に、ニューシングル「ONE TIMES ONE」を発売したコブクロが、突如4/15(日)に、福岡・天神(福岡市役所前・ふれあい広場)で、シークレットライブを行った。当日は、正午から天神の大ビジョンに『福岡・天神×コブクロ、今日、何かが起こる!?』と、最新MVとともに意味深に告知がされていた。その噂を聞きつけたファンで会場の特設ステージ前には、列を作り出し、天神の街がざわつき始めた。

14時すぎ、突然コブクロがステージに登場。公開リハーサルですでに会場のボルテージは最高潮に。黒田は、「これ。リハやで!こんなもんちゃうぞ これ2割やぞ。」 と、会場を笑わせ、本番に向けて更に期待が高まった。15時になり、メンバーが登場。「長らくお待たせしました。たくさんの方に集まって頂きました。シークレットフリーライブです!」と、話し、会場は大歓声。小渕は、「福岡は、西鉄 福岡天神駅のコンコースでも歌いました!警固公園でも歌いました。なんとここ(福岡市役所前・ふれあい広場)は4回目です!」と、インディーズ時代やデビュー直後など、昔よく福岡で歌ったことを振り返った。「短い時間ですが楽しんで行ってください、よろしくー!」と、フリーライブがスタート。

1曲目は、代表曲の「桜」をアコギ1本でしっとりと歌い上げ、1曲目から会場を温かく包み込んだ。小渕は、「コブクロの始まりの曲〝桜〟を聴いて頂きました。ありがとう!僕ら、秋に20周年を迎えるんですけど、その前には、今日と同じようにギター1本で、マリンメッセ福岡でライブを行います。是非見に来て下さい。」と話した。続いて、漫画家、高野苺とのコラボで話題の新曲「君になれ」をアコギ1本で初披露。

MCでは、黒田が、「ちょっと5分休憩!2人でやる(バンドなし)ってしんどいね。」と、笑いながら本音トーク。小渕は、「コブクロは、今年の9月で20周年を迎えます。僕が生まれたのは宮崎ですが、福岡は憧れの街でした。福岡に就職して、その後大阪に転勤となり、そこで黒田と出会ってコブクロが生まれました。」 と、コブクロ結成のいきさつも話した。

続いて、4月11日に発売となったばかりのニューシングルから、「ONE TIMES ONE」を、アコギ1本で初披露!!“人との出会いが無限大の可能性を持っている”ことを歌っている楽曲。屋外での初披露に、集まったオーディエンスをうならせた。その後のMCでは小渕が「天神×コブクロ 本当にお集まりいただき、ありがとうございます!」と感謝の気持ちを伝えるが、すでに汗だくの小渕に、黒田が、「人より発汗いいんやから、そのピンク色のブルゾンいらんやろ」と、突っ込みを入れる。

さらに、昨年の「HELLO, NEW DAY」に続き、今年もコブクロの2009年のヒット曲「虹」が、KBC九州朝日放送主催の「RIZAP KBCオーガスタゴルフトーナメント2018」大会公式ソングに決定した事を発表した。小渕は、「でも黒田〝虹〟覚えて無くて歌えないと思うけどな。」と言うと、黒田は、「こんなに侮辱されたことないわ」と反応し、セットリストの予定になかった「虹」にチャレンジすることが決定!「サビだけどんなのか教えて!」と小渕に教えてもらいスタートするが、小渕がギターを間違え、黒田が演奏を止めるアクシデント。その後はしっかりサビまで歌い切り、さらに嬉しいサプライズとなった。

今年の同大会は8月23日(木)~26(日)まで、福岡県糸島市の芥屋ゴルフ倶楽部で行われ、熱戦の模様はテレビ朝日系列で全国ネット放送予定。また4/16(月)、KBC九州朝日放送のテレビ番組「アサデス。KBC」(AM6~8時)に生出演することを告知。コブクロとしては非常にレアな〝写真撮影OK〟を伝え、黒田は「その代わり1回撮る度に、100円もらうけどな」と、笑いをとり、最後の曲「轍-わだち-」を披露。結局、終了までに3,800人もの人が集まり、大盛り上がりのフリーライブとなった。5月にはツアー【KOBUKURO WELCOME TO THE STREET 2018 ONE TIMES ONE】がスタートする。6/16(土)17(日)は、福岡マリンメッセ公演が行われる。20周年記念の宮崎ライブの実施も9/16に決定しており、今後の活動に期待が高まる。

コブクロは、1998年5月大阪にて結成。現在では日本のみならず、台湾をはじめとする海外からも熱い支持を集める人気音楽デュオである。メンバー黒田俊介と小渕健太郎は、大阪堺市を中心に、それぞれ路上ライブと、ストリートミュージシャンをやっていたことがきっかけで出会い結成された。 デビュー···

このニュースへのレビュー

このニュースへのレビューを書いてみませんか?

このニュースへのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつのニュースに1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

コブクロ 最新情報

リリーズ情報

コンプリートベストアルバム 「ALL TIME BEST 1998-2018」 発売中

コブクロの20年間を完全コンプリートした、初のコンプリートベストアルバム

時代を超えて様々な世代に愛される名曲たちを完全収録した最強盤

全シングル&隠れ名曲&豪華コラボ曲などを詰め込んだ4枚組CD ¥3,400

コブクロ Profile

小渕健太郎は1977年3月13日生まれ。宮崎県出身。黒田俊介は1977年3月18日生まれ。大阪府出身。

ストリートライブ活動を通じて1998年9月にコブクロを結成。2001年3月、ワーナーミュージック・ジャパンより「YELL~エール/Bell」でメジャーデビュー。2006年のベスト・アルバム「ALL SINGLES BEST」は350万枚の売り上げ。

2007年の「蕾」が第49回日本レコード大賞を受賞。2012年の「ALL SINGLES BEST 2」は100万枚を突破。

代表曲は、「永遠にともに」「ここにしか咲かない花」「桜」「蕾」「流星」「未来」など。

2012年9月9日には、大阪の万博記念公園にて5万人を動員してフリーライブを実施。

2014年NHKソチオリンピック・パラリンピック放送テーマソング「今、咲き誇る花たちよ」をリリース。2015年、映画『orange-オレンジ-』の主題歌「未来」をリリースしロングヒットを記録。2016年の2年半ぶりのニューアルバム「TIMELESS WORLD」が25万枚の大ヒット。2018年5月からは、初のバックバンドなし2人だけでの全国ツアーを大成功に収める。

9月8日には結成20周年を迎え、9月16日に小渕の地元・宮崎県にて、結成20周年記念ライブ『KOBUKURO 20TH ANNIVERSARY LIVE IN MIYAZAKI』を開催。

11月7日には、30枚目のシングル「風をみつめて」を発売し、12月5日には、20年の集大成となる初のコンプリートベスト「ALL TIME BEST 1998-2018」を発売し、オリコンチャート1位を獲得。

2019年3月20日からは、20周年を記念した全国ツアー「KOBUKURO 20TH ANNIVERSARY TOUR 2019 “ATB” supported by バイトル」を開催。


コブクロオフィシャルサイト

キュウソネコカミ 地元・神戸ワールド記…

スカイピース 「七つの大罪 戒めの復活…