1. 歌詞検索UtaTen
  2. ニュース
  3. J-POP
  4. 平原綾香
  5. 平原綾香 母の日に先駆けて、ママたちにプレゼント!

平原綾香 母の日に先駆けて、ママたちにプレゼント!



平原綾香 アルバム「Dear Music ~15th Anniversary Album~」リリース記念の家族限定のプレミアム・イベントを開催!

デビュー15周年を迎えた平原綾香が、34歳を迎える自身の誕生日であり、また11枚目のオリジナル・アルバム『Dear Music ~15th Anniversary Album~』の発売日でもある5月9日(水)に京王線多摩動物公園駅前「京王あそびの森 HUGHUG 〈ハグハグ〉」(オフィシャルHP https://www.keio-hughug.jp/)にて、そのアルバムの発売を記念したプレミアム・イベントを開催した。



これは、アルバム特設サイトにご応募いただいた100組以上から当選した家族を招待してミニ・ライブを行なうもので、この日は20組約80名が参加した。京王あそびの森ハグハグは、今年3月13日にオープンしたばかりで、日本最大級の高さ約12mのネット(網)遊具をはじめ館内約200mをぐるりと走るSLなど森の中を探検するように多彩な遊びが充実、「木育」「体育」「知育」をコンセプトとした、国内では有数の全天候型の大型遊戯施設。授乳室やキッズトイレも完備されたスペースで、あえて小さなお子さまの泣き声もOKとして、また、お子さまの耳にも優しい通常より控えめにした音量で、アコースティック形態を中心としたミニ・ライブを、親子・家族でくつろぎながら、自由に聴いていただきたいというコンセプトで行なった。



 登壇後、「先週5月5日がこどもの日、そして週末の5月13日が母の日ということで、そのあいだにちょっとでも絆のコンサートができればいいなと思って、今日開催することができました。ハグハグの皆さんにも感謝しております、ありがとうございます。今日は子育てで忙しくてコンサートにもなかなか来られないというお母さま、お父さまもいらっしゃると思うので、どうか楽しんでいただきたいですし、子どもが泣き叫んでも、『わぁっ』って言っちゃってもいいです!そして今日は、いつものコンサートとは違うのは、お子さまのために若干音を小さくしています。皆さんのお子さまの耳の将来がかかっておりますので、優しい音で今日はお送りしたいと思います。」との言葉で「おひさま~大切なあなたへ」からライブは始まった。



2011年NHK連続テレビ小説「おひさま」の主題歌でもあり、本人もMCで「実は最初はタイトルが違って、『おひさま~すべての母より』というタイトルだったので」、実はお母さんの歌でもあるんです」と明かした歌が歌われると、早くも涙を流しながら聴き入る母親の姿が見られた。
続いて、NHK「ダーウィンが来た」テーマ曲としても馴染みのある「スマイル スマイル」が歌われると、小躍りする子どもの姿も見られ始めた。さらにアルバム『Dear Music ~15th Anniversary Album~』に収録されている自身作詞作曲による新曲「Smile Song」では、小気味良いリズムに手拍子も起き、子どもたちはピョンピョンと飛び跳ねて楽しんだ。そして同アルバムにも収録されるデビュー曲「Jupiter」を披露、そのふくよかな歌声に圧倒される母子がいる一方で、遊具で自由に遊び始める子どももいて、この日のコンセプトならではの光景が見られた。



最後に、「この曲は15周年を迎えた平原綾香としての“これから”の気持ちも込めているんですけど、これから結婚されるふたりのことを歌う歌でもあるし、親と子の絆を描いた作品になっています」との言葉を添えて、アルバム『Dear Music ~15th Anniversary Album~』に収録される、いきものがかりの水野良樹氏を作詞・作曲、編曲に亀田誠治氏を迎えて制作された新曲「これから」を披露した。ここでもやはり涙を流しながら聴き入る母親の姿が印象的だった。最後には家族の皆さんとの記念写真と、小さな子供たちと小さめのハイタッチなどで触れ合いを交わしてステージを去った。

全5曲という短い時間ではあったが、小さなお子さまが居るとなかなかコンサートには足を運べないママ、ご家族にとっては普段体感することができない、ひと足早い母の日のプレゼントとなったに違いない。

イベント概要

平原綾香オリジナル・アルバム「Dear Music ~15th Anniversary Album~」リリース記念プレミアム・イベント
“私たちのこれから”

日時:5月9日(水)13:00開演
場所: 京王線多摩動物公園駅前「京王あそびの森 HUGHUG 〈ハグハグ〉
13:00開演  「おひさま~大切なあなたへ」、「スマイル スマイル」、「Smile Song」、
「Jupiter」、「これから」の5曲を歌唱。
●100組以上の応募者から当選した20組約80名が観覧。

「これから」MUSIC VIDEO 〜私たちのこれからVer.〜 について

アルバム「Dear Music ~15th Anniversary Album~」特設サイト(https://sp.universal-music.co.jp/hirahara-ayaka/korekara)にて期間限定で実施された企画「私たちのこれから」にて、TwitterかInstagramでハッシュタグ「#私たちのこれから」をつけて投稿された、「ママと赤ちゃん」「ママ、パパ、子ども」「妊婦さん」「おばあちゃんとお孫さん」「ご夫婦」などの家族、大切な人との「これから」を想像させる写真によって、いきものがかりの水野良樹氏を作詞・作曲、編曲に亀田誠治氏を迎えて制作された新曲「これから」のスピンオフMUSIC VIDEOを制作しました。
大切な人との写真を、写真だけではなくMUSIC VIDEOの一場面として想い出に残そうという企画でしたが、応募者数で400人以上、投稿写真総数では1,200を超える反響となりました。写真数が莫大なため、全ての写真を用いて編集することは物理的にできませんでしたが、可能な限りに写真を綴らせていただいて、「これから MUSIC VIDEO 〜私たちのこれからVer.〜」が完成、人それぞれの“大切な人”との写真に「これから」の歌詞が寄り添うことで、とても感動的な映像作品が仕上がりました。

平原綾香「これから」MUSIC VIDEO 〜私たちのこれからVer.〜


これから」MUSIC VIDEOについて

「これから」MUSIC VIDEOでは、母子の心温まる物語が、「ひょっこりひょうたん島」などの名作を多数送り出した歴史ある人形劇団ひとみ座によって描かれています。監督は、GReeeeN、RADWIMPS、back number、JUJUなどのMVを産み出してきた直氏が手掛けました。

人形劇団ひとみ座について オフィシャルHP → http://hitomiza.com/
太平洋戦争が終わってまもない1948年、鎌倉アカデミアに集まった若者が中心になって演劇活動を始めた。その活動には俳優による舞台劇だけでなく人形劇もとり入れていた。やがて人形劇の専門劇団、「人形劇団ひとみ座」を発足、幅広い活動を展開し、今日にいたる。
舞台作品の多くは、東京都児童演劇コンクール優秀賞、NHK賞などを受賞。子どもを対象にした作品に加えて、「リア王」(俳優座劇場、新国立劇場)などのシェイクスピア作品、安部公房や泉鏡花の戯曲、大人を対象にした人形劇も数多く創り、一方「乙女文楽」などの伝統人形の研究と継承も活動の柱としている。
また、映像・テレビ時代の到来と共に「ひょっこりひょうたん島」「ネコジャラ市の11人」「伊賀の影丸」「笛吹童子」「紅孔雀」といった作品を送り出した。共同映画社との共同制作・映画「おおあなむちの冒険」などの大作もある。活動範囲は、日本全域にわたるが、近年ではアメリカ、カナダ、中国ほか海外にも拡げる。また、20年続いた「かわさき市民プラザ人形劇まつり」をはじめ、地元川崎を中心とした地域との結びついた活動も大切にしている。


2003年12月17日にホルストの組曲『惑星』の『木星』に日本語詞をつけた『Jupiter』でデビュー。 2004年の日本レコード大賞新人賞や、2005年日本ゴールドディスク大賞特別賞をはじめ、様々な賞を獲得。 その後も、ドラマ『優しい時間』(フジテレビ系)主題歌『明日』、NHKトリノオリンピック放···

このニュースへのレビュー

このニュースへのレビューを書いてみませんか?

このニュースへのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつのニュースに1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

Mrs. GREEN APPLE 3r…

スキマスイッチ 「SUKIMASWIT…