1. 歌詞検索UtaTen
  2. ニュース
  3. J-POP
  4. コブクロ
  5. コブクロ 初のバックバンドなし!2人だけの全国ツアー初日終了で、やっと感触を実感!!

コブクロ 初のバックバンドなし!2人だけの全国ツアー初日終了で、やっと感触を実感!!



コブクロ ツアー開始 !

4月11日に発売した約1年振りのシングル「ONE TIMES ONE」を引っ提げ、コブクロ全国ツアー「KOBUKURO WELCOME TO THE STREET 2018 ONE TIMES ONE supported by 三井住友VISAカード」初日が5/26(土)静岡エコパアリーナより、スタートした。

来たる9月8日の結成20周年に向かうべく、20年の経歴の中で初となる、バンドメンバー 一切なしの2人の声と、小渕の演奏のみで、全国を回る。

冒頭メンバーが登場し、7千人を超えるファンから、大歓声で迎えられた。

ライブ開始早々、テンション高めな小渕が「ようこそいらっしゃいました!初日へようこそコブクロですー!」と、初日を待ちわびた様子で集まったファンと、初日の期待感に感極まる様子を見せた。

黒田は、「このツアーは大変やぞ。あれだけリハしたのに、段取りが出てこない。あーこわい。」と、小渕の演奏が止まれば無音になる、アコースティックギター1本での初ツアーに戸惑いを見せ、「頼むから無音だけはやめて~。今朝、いつものバンドメンバーから〝初日頑張ってね〟とメールが来たんやけど、初恋の人からメールきた気分だった(笑)」とバンドを恋しく想う発言をし、ファンを笑わせた。

また小渕が、「ツアーが始まる前にファンの方の書き込みを読んでいたら〝コブクロの2人はたった2人でやるので、いつものツアー以上に拍手や声援を送りましょう〟という書き込みを書いてくれている方がいて、泣きそうになっちゃって…」と話すと、すかさず黒田が、「それ俺です!」とボケをかまし、「お前かい!自作自演やないか!」と小渕がツッコミ、コブクロらしい掛け合いで会場を盛り上げた。



今回のツアーは、コブクロの2人にとって、「原点回帰ではなく、新しい挑戦」と話しており、インディーズ時代のように小渕の演奏のみだが、当時よりも進化したコブクロを見せる為、事前に行われたリハーサルでは、アコギ以外の音をどのように表現するか、ファンの方に喜んでもらう為、いつも以上に2人でアイデアを出し合い、『ONE TIMES ONE』のタイトルの元、1×1=小渕×黒田の可能性の限界に挑む。

ツアー前にファンから募った「次のツアーで聴きたい10曲リクエスト」の結果を参考にし、懐かしの楽曲から代表曲まで、
幅広い楽曲を披露し、会場は大盛り上がりとなった。

会場に集まった7千人の観客は、2人の歌声と爆笑トークに大きな拍手が起こり、コブクロらしいアットホームな雰囲気も感じられるライブとなった。

9月に結成20周年を迎えるコブクロだが、トーク中に「2人が出会ったのは、5月だから僕ら2人はもう20周年です!」と話し、9月16日に控えている小渕の地元・宮崎県での「結成20周年記念ライブ」や、今後の活動に更に期待が高まった。

このツアーでは7月21日、22日の京セラドーム大阪公演まで、全国7箇所14公演23万人の動員を予定している。

コブクロ 最新情報

リリース情報

◆コブクロ・発売情報
ニューシングル「ONE TIMES ONE」 発売中  

◆通常盤 ¥1,204+税 / WPCL-12857
M1: ONE TIMES ONE
アサヒもぎたて CMソング
M2: バトン
小野薬品300周年TV-CMイメージソング
M3: 君になれ
漫画『君になれ』(作:高野苺)コラボソング
M4: ONE TIMES ONE(Instrumental)
M5: バトン(Instrumental)
M6: 君になれ(Instrumental)

◆初回限定盤 ¥1,800+税 / WPCL-12858
初回限定盤は、激レアLIVE 音源5曲付き!
現在放映中の本人出演CM、アサヒもぎたて 新CMソング「ONE TIMES ONE」、
小野薬品300周年TV-CMイメージソングとしてOA中の「バトン」、漫画家 高野苺さんとのコラボソング「君になれ」を含む
新曲3曲+コブクロ自身初となる東京ドームのステージで演奏された大ヒットナンバー「蕾」ほか、激レアなライブ音源を収録した、全11トラックの超豪華仕様!
M1: ONE TIMES ONE
アサヒもぎたて CMソング
M2: バトン
小野薬品300周年TV-CMイメージソング
M3: 君になれ
漫画『君になれ』(作:高野苺)コラボソング
M4: 君という名の翼(LIVE from 2017.8.21 東京国際フォーラムA)
M5: 蒼く 優しく(LIVE from 2017.8.22 東京国際フォーラムA)
M6: 心(LIVE from 2017.8.22 東京国際フォーラムA)
M7: 蕾(LIVE from 2017.10.28 東京ドーム)
M8: STAGE Acoustic ver.(LIVE from 2016.6.7 シダックスカルチャーホール)
M9 :ONE TIMES ONE(Instrumental)
M10:バトン(Instrumental))
M11:君になれ(Instrumental)

コブクロ 配信リリース情報

コブクロ「ONE TIMES ONE」「バトン」「君になれ」 各サイトにて配信中!
さらにiTunes StoreにてiTunes Storeで6曲入りシングルをまとめて購入すると、「君になれ」の、
東京国際フォーラム公演のライブ映像+コメントムービーが、特典映像として入手できる。
配信内容
M-1 ONE TIMES ONE
M-2 バトン
M-3 君になれ
M-4 ONE TIMES ONE(Instrumental)
M-5 バトン(Instrumental)
M-6 君になれ(Instrumental)

6曲入りシングル/900円

※iTunesでしか入手できない豪華特典映像
【君になれ(LIVE from 2017.8.21 東京国際フォーラムA)[特典映像]】が付属。
各配信サイトへはこちら:https://kobukuro.lnk.to/otopr

【注意】 3曲それぞれを1曲ずつDLされた場合は、特典映像はつきません。
特典映像をダウンロードするには、必ず900円のまとめ購入ボタンをクリックしてください。

ライブ情報

◆コブクロ 2018全国ツアースケジュール
「KOBUKURO WELCOME TO THE STREET 2018 ONE TIMES ONE supported by 三井住友VISAカード」
9月8日の結成20周年を目前に、初の小渕健太郎と黒田俊介の二人だけのツアーを実施。

5/26(土)27(日)静岡エコパアリーナ         
6/2 (土) 3(日)横浜アリーナ
6/16(土)17(日)マリンメッセ福岡           
6/23(土)24(日)広島グリーンアリーナ
7/4 (水) 5(木)名古屋ガイシホール        
7/14(土)15(日)さいたまスーパーアリーナ
7/21(土)22(日)京セラドーム 

チケット料金:全席指定8,200円(税込) ※6歳未満入場不可 
企画:ミノスケ オフィス・コブクロ      協賛:三井住友VISAカード

◆コブクロ結成20周年記念ライブ
2018年 9月16日(日)
時間:開場 12:30  開演 14:30
会場:宮崎市生目の杜運動公園 多目的グラウンド
住所:宮崎市大字跡江4461-1
ブロック指定 8,200円(税込) 一般発売日:2018年8月11日(土)

コブクロ Profile

小渕健太郎は1977年3月13日生まれ。宮崎県出身。黒田俊介は1977年3月18日生まれ。大阪府出身。2人は、ストリートライブ活動を通じて出会い意気投合。1998年9月にコブクロを結成。インディーズ時代から幅広い世代の支持を集め、2001年3月、ワーナーミュージック・ジャパンより「YELL~エール/Bell」でメジャーデビュー。

2006年のベスト・アルバム「ALL SINGLES BEST」は350万枚の売り上げ。

2007年の「蕾(つぼみ)」が第49回日本レコード大賞を受賞。

2012年の「ALL SINGLES BEST 2」は100万枚を突破。その年の9月9日には、大阪の万博公園にて5万人を動員してフリーライブを実施。

2014年NHKソチオリンピック・パラリンピック放送テーマソング「今、咲き誇る花たちよ」をリリース。

2015年、映画『orange-オレンジ-』の主題歌「未来」をリリースしロングヒットを記録。

2016年の2年半ぶりのニューアルバム「TIMELESS WORLD」が25万枚の大ヒット。
代表曲は、「未来」「流星」「蕾」「桜」「ここにしか咲かない花」「永遠にともに」など。

2018年4月11日に、約1年ぶりとなるシングル「ONE TIMES ONE」を発売。収録楽曲「君になれ」で、漫画家・高野苺とタッグを組み、連載漫画「君になれ」(月刊アクション刊)スタート。今回、漫画で作り上げる「君になれ」ティザーMVを公開。9月8日の結成20周年を目前に、初の2人だけでの演奏となる、全国ツアーが5月26日静岡エコパアリーナを皮切りに、7都市14公演の開催が決定。

20周年記念特設サイト
http://img.emtg.jp/feature/kobukuro_20th/

人気グループAAA、待望のニューアルバ…

台湾人気ボーイズバンド“noovy”が…