1. 歌詞検索UtaTen
  2. ニュース
  3. J-POP
  4. コブクロ
  5. コブクロ 初のバックバンドなし!2人だけの全国ツアー初日終了で、やっと感触を実感!!

コブクロ 初のバックバンドなし!2人だけの全国ツアー初日終了で、やっと感触を実感!!



コブクロ ツアー開始 !

4月11日に発売した約1年振りのシングル「ONE TIMES ONE」を引っ提げ、コブクロ全国ツアー「KOBUKURO WELCOME TO THE STREET 2018 ONE TIMES ONE supported by 三井住友VISAカード」初日が5/26(土)静岡エコパアリーナより、スタートした。

来たる9月8日の結成20周年に向かうべく、20年の経歴の中で初となる、バンドメンバー 一切なしの2人の声と、小渕の演奏のみで、全国を回る。

冒頭メンバーが登場し、7千人を超えるファンから、大歓声で迎えられた。

ライブ開始早々、テンション高めな小渕が「ようこそいらっしゃいました!初日へようこそコブクロですー!」と、初日を待ちわびた様子で集まったファンと、初日の期待感に感極まる様子を見せた。

黒田は、「このツアーは大変やぞ。あれだけリハしたのに、段取りが出てこない。あーこわい。」と、小渕の演奏が止まれば無音になる、アコースティックギター1本での初ツアーに戸惑いを見せ、「頼むから無音だけはやめて~。今朝、いつものバンドメンバーから〝初日頑張ってね〟とメールが来たんやけど、初恋の人からメールきた気分だった(笑)」とバンドを恋しく想う発言をし、ファンを笑わせた。

また小渕が、「ツアーが始まる前にファンの方の書き込みを読んでいたら〝コブクロの2人はたった2人でやるので、いつものツアー以上に拍手や声援を送りましょう〟という書き込みを書いてくれている方がいて、泣きそうになっちゃって…」と話すと、すかさず黒田が、「それ俺です!」とボケをかまし、「お前かい!自作自演やないか!」と小渕がツッコミ、コブクロらしい掛け合いで会場を盛り上げた。



今回のツアーは、コブクロの2人にとって、「原点回帰ではなく、新しい挑戦」と話しており、インディーズ時代のように小渕の演奏のみだが、当時よりも進化したコブクロを見せる為、事前に行われたリハーサルでは、アコギ以外の音をどのように表現するか、ファンの方に喜んでもらう為、いつも以上に2人でアイデアを出し合い、『ONE TIMES ONE』のタイトルの元、1×1=小渕×黒田の可能性の限界に挑む。

ツアー前にファンから募った「次のツアーで聴きたい10曲リクエスト」の結果を参考にし、懐かしの楽曲から代表曲まで、
幅広い楽曲を披露し、会場は大盛り上がりとなった。

会場に集まった7千人の観客は、2人の歌声と爆笑トークに大きな拍手が起こり、コブクロらしいアットホームな雰囲気も感じられるライブとなった。

9月に結成20周年を迎えるコブクロだが、トーク中に「2人が出会ったのは、5月だから僕ら2人はもう20周年です!」と話し、9月16日に控えている小渕の地元・宮崎県での「結成20周年記念ライブ」や、今後の活動に更に期待が高まった。

このツアーでは7月21日、22日の京セラドーム大阪公演まで、全国7箇所14公演23万人の動員を予定している。

コブクロは、1998年5月大阪にて結成。現在では日本のみならず、台湾をはじめとする海外からも熱い支持を集める人気音楽デュオである。メンバー黒田俊介と小渕健太郎は、大阪堺市を中心に、それぞれ路上ライブと、ストリートミュージシャンをやっていたことがきっかけで出会い結成された。 デビュー···

このニュースへのレビュー

このニュースへのレビューを書いてみませんか?

このニュースへのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつのニュースに1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

コブクロ 最新情報

リリーズ情報

コンプリートベストアルバム 「ALL TIME BEST 1998-2018」 発売中

コブクロの20年間を完全コンプリートした、初のコンプリートベストアルバム

時代を超えて様々な世代に愛される名曲たちを完全収録した最強盤

全シングル&隠れ名曲&豪華コラボ曲などを詰め込んだ4枚組CD ¥3,400

コブクロ Profile

小渕健太郎は1977年3月13日生まれ。宮崎県出身。黒田俊介は1977年3月18日生まれ。大阪府出身。

ストリートライブ活動を通じて1998年9月にコブクロを結成。2001年3月、ワーナーミュージック・ジャパンより「YELL~エール/Bell」でメジャーデビュー。2006年のベスト・アルバム「ALL SINGLES BEST」は350万枚の売り上げ。

2007年の「蕾」が第49回日本レコード大賞を受賞。2012年の「ALL SINGLES BEST 2」は100万枚を突破。

代表曲は、「永遠にともに」「ここにしか咲かない花」「桜」「蕾」「流星」「未来」など。

2012年9月9日には、大阪の万博記念公園にて5万人を動員してフリーライブを実施。

2014年NHKソチオリンピック・パラリンピック放送テーマソング「今、咲き誇る花たちよ」をリリース。2015年、映画『orange-オレンジ-』の主題歌「未来」をリリースしロングヒットを記録。2016年の2年半ぶりのニューアルバム「TIMELESS WORLD」が25万枚の大ヒット。2018年5月からは、初のバックバンドなし2人だけでの全国ツアーを大成功に収める。

9月8日には結成20周年を迎え、9月16日に小渕の地元・宮崎県にて、結成20周年記念ライブ『KOBUKURO 20TH ANNIVERSARY LIVE IN MIYAZAKI』を開催。

11月7日には、30枚目のシングル「風をみつめて」を発売し、12月5日には、20年の集大成となる初のコンプリートベスト「ALL TIME BEST 1998-2018」を発売し、オリコンチャート1位を獲得。

2019年3月20日からは、20周年を記念した全国ツアー「KOBUKURO 20TH ANNIVERSARY TOUR 2019 “ATB” supported by バイトル」を開催。


コブクロオフィシャルサイト

人気グループAAA、待望のニューアルバ…

台湾人気ボーイズバンド“noovy”が…