1. 歌詞検索UtaTen
  2. ニュース
  3. J-POP
  4. Rude-α
  5. 新世代ラッパーRude-α 「GREENROOM FESTIVAL ‘18」大盛況でライブ終了! 自身初ワンマンライブ開催決定!!

新世代ラッパーRude-α 「GREENROOM FESTIVAL ‘18」大盛況でライブ終了! 自身初ワンマンライブ開催決定!!



Rude-α 野外フェスティバル<GREENROOM FESTIVAL ’18>に初出演、ステージ上で踊り、夜空の下、会場は一体となった

2018年2月にリリースした新作 EP「20」が iTunes ヒップホップアルバムチャート1位を獲得し、話題沸騰中の新世代ラッパーRude-αが、5月26日(土)に横浜で開催された野外フェスティバル<GREENROOM FESTIVAL ’18>の船上ステージ”PARADISE SHIP”に初出演。全米7か所を廻る SXSW ツアーで同行した DJ ISSEI を引き連れ、約1か月ぶりの1MC+1DJ のスタイルで登場。ソウルフルな歌声と、スキルフルなラップで、満員の観客を魅了した。

DJ プレイで客席の十分にあたためたのち、ボイス・パーカッションとラップのみの楽曲「19」で、Rude-αはステージに登場。EP「20」から「Mirror Ball」「この夜を超えて」などを披露し、オーディエンスの体を揺らした。後半は、Rude-α自身の身近な人の死をきっかけに作られ、ゴスペルミュージックの影響もうかがえるバラード「Happiness」、そして最後は、シカゴジューク/フットワークのリズムが斬新なアッパーソング「TRAIN」を披露。ダンサブルなリズムに乗せて Rude-αと DJ ISSEI もステージ上で踊り、夜空の下、会場は一体となった。

Rude-αのライブを未体験の音楽ファンには必見!! 2018 年 3 月 3 日、 渋谷 WWW X で行われたライブから、2曲のオフィシャル・ライブ映像を初公開!!この夏からは、全国各地のフェス、ライブサーキットイベントに次々に出演し、全国へと活動を広げていく Rude-α。今まさに勢いに乗っている彼を見逃すな!!

Rude-αコメント

『5年前に、沖縄の公園で KDT にフリースタイルを仕掛けられて、遊びで始めた音楽が、いつの間にか夢に変わりました。今回は生まれて初めてのワンマンです。絶対に後悔させないので、是非遊びに来てください!!』

Rude-α 「Summer Melody (live ver)」

Rude-α 「Train (live ver)」


1997年2月8日生まれ。21歳。沖縄県沖縄市出身。沖縄市の多様な人種、多様な音楽の中で育つ。 高校1年の時からストリートダンスを始め、各種ダンスバトルやイべントに出演。高校2年の時、街中でフリースタイルを仕掛けられたことをきっかけにラップを始める。 翌年、第6回全国高校生ラップ選···

このニュースへのレビュー

このニュースへのレビューを書いてみませんか?

このニュースへのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつのニュースに1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

Rude-α 最新情報

リリース情報


●2019年9月23日発売
デジタルシングル「It's only love」

【収録曲】
1.It's only love
2.It's only love instrumental

▷ダンロードはコチラ




●2019年7月31日発売
「LIFE」
※TVアニメ「Dr.STONE」EDテーマ

価格:1,111(税別)

【収録曲】
1.LIFE
2.Dance in the rain
3.Time on you
4.LIFE instrumental

Rude-α Profile

1997年2月8日生まれ。21歳。沖縄県沖縄市出身。沖縄市の多様な人種、多様な音楽の中で育つ。

高校1年の時からストリートダンスを始め、各種ダンスバトルやイべントに出演。高校2年の時、街中でフリースタイルを仕掛けられたことをきっかけにラップを始める。

翌年、第6回全国高校生ラップ選手権に出場し準優勝。 2015年6月、1st EP『098 ORCHESTRA』リリース。収録曲『co co ga okinawa』MVは250万再生を超える。

2016年4月からは東京に拠点を移動。同年9月、DALLJUB STEP CLUBのドラマーGOTOと、ドラムとラップだけの新曲『19』を発表。2017年からはバンド編成でのライブ活動をスタート。自主企画ライブイベント"TEEDA"を立ち上げ、DATS、Lucky Tapes、SUSHIBOYS、ゆるふわギャング、Michael Kaneko、踊Foot Worksなど幅広いジャンルのアーティストと共演。

2018年2月、東京上京後初のEP『20』をリリースし、iTunesヒップホップアルバムチャートで初登場1位を獲得。3月にはアメリカ・オースティンで行われている音楽フェスSXSW(サウス・バイ・サウス・ウエスト)、そして全米7都市を廻るSXSWジャパンツアーに参加し、初の海外ライブを敢行した。

10月末、自身初のワンマンライブを東京(渋谷WWW)、大阪(心斎橋CONPASS)で開催。11月28日には、新作デジタルシングル「Boy Meets Girl」をリリースする。

▷Rude-α公式HP
▷Rude-α Twitter
▷Rude-α Instagram

WEAVER 河邉徹が作家デビュー!早…

WAY WAVE 初のアナログ7インチ…