1. 歌詞検索UtaTen
  2. ニュース
  3. J-POP
  4. 水曜日のカンパネラ
  5. 水曜日のカンパネラ 新曲「かぐや姫」のMV公開!

水曜日のカンパネラ 新曲「かぐや姫」のMV公開!



話題曲「かぐや姫」

先日放送されたTBSテレビ「A-Studio」では弦アレンジで演奏され話題になっていた「かぐや姫」。

今作は、かぐや姫が実は宇宙人だったのではないか、かぐや姫の物語の前後はどうなっているのだろうか。など様々なかぐや姫の世界観を想起させてくれる。今作は作曲をケンモチヒデフミ、作詞をコムアイが手がけている。

昨年8月に行った生配信ライブ「水曜日のカンパネラLIVE RECORD(170831石巻市荻浜)」の撮影・監督、先日公開された「マトリョーシカ」のMusic Videoに続き山田健人監督が手がけている。

竹から生まれたかぐや姫の、竹の中での世界を表現しており、この撮影のために作られた縦型に回転するカメラを使った浮遊感ある面白いカメラワークにも注目だ。

衣装は、ヘッドピースデザイナー津野青嵐氏が3Dペンで制作した身体から離脱して見えるネックレスで、暗闇の中で怪しく光ったり、身体から浮いているように見える独特なフォルムが、人間に見えて人間ではないかぐや姫の存在を際立たせている。

今週末6月30日、7月1日には河口湖ステラシアターでのワンマンライブがひかえている水曜日のカンパネラ、EPから新曲を何曲披露してくれるのか新たなステージ演出にも期待したい。

「かぐや姫」Music Video

かぐや姫│歌詞ページ


【コムアイコメント】
「青」は青なのに「青々と」は緑を感じるのはなんでだろうな。日本語の「青」は、海のターコイズブルーを飛び越えて、クロロフィルの緑までを含んでいる。このEPがリリースされる頃の、日本列島の初夏の竹林の美しさはまさに「青」。

山は命の噴火を抱え、すべての芽が萌え、鮮やかな色を風にわさわさ揺らして「生きる!」とすべての細胞が叫ぶ季節。海の青から発した生命が、陸の青まで続いてきて、これからどこへ向かうのでしょう。次に現れるのは、どんな生命でしょう。

光とともに現れた超人・かぐや姫には、宇宙人説があって、少し先の未来にいる生命に思えます。DNAの螺旋、生命たちの運動が、形を変えながら、ずっと続いていきますように。

【山田健人監督コメント】
ちかごろは映像と接するときにみんな緊張してると思います。だから寝る前に読む絵本みたいな作品っていうのを意識してみました。リラックス〜。いっぱい不思議でワクワクしてください。

水曜日のカンパネラは、コムアイ、ケンモチヒデフミ、Dir.Fによる音楽ユニットである。MVやステージなど表に登場するのは、通常、ボーカルのコムアイのみであり、残りの二人は、作詞・作曲などに携わる形で、裏方として支えている。グループ名は、打ち合わせ日が水曜日に集中していたことに由来する···

このニュースへのレビュー

このニュースへのレビューを書いてみませんか?

このニュースへのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつのニュースに1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

水曜日のカンパネラ 最新情報

リリース情報

●2019年4月3日 デジタル配信
水曜日のカンパネラ & オオルタイチ
『YAKUSHIMA TREASURE』

▷ダウンロード・ストリーミングURL

【収録内容】
01. 地下の祭儀
02. 島巡り
03. 殯舟
04. 東
05. 海に消えたあなた
06. 屋久の日月節

イベント情報

●YouTube Originals 作品 Re:SET 公開
「YAKUSHIMA TREASURE 発売記念 トークイベント」
日程:2019年4月3日(水)
時間:19時開始 / 20:30~21:00頃終了予定
イベント:水曜日のカンパネラ / YouTube Originals 作品 Re:SET 公開 / YAKUSHIMA TREASURE 発売記念 トークイベント
出演:コムアイ(水曜日のカンパネラ)、オオルタイチ、鎌谷聡次郎、他

作品情報

●YouTube Originals『Re:SET』 作品概要
日常から浮遊した独特な世界観の楽曲と、常に新たな試みを取り入れたパフォーマンスで、日本の音楽シーンをリードするユニット・水曜日のカンパネラ。2017年に武道館での単独ライブを成功させ、日本発、唯一無二のアーティストの座を確立した。しかし歌唱・パフォーマーを務めるコムアイは、自分らしい自由な表現ができていないことに危機感を抱いていた。

それから自分が納得する表現を追い求め試行錯誤を繰り返していたコムアイは、新曲とミュージックビデオの制作を行うため、世界遺産の島、屋久島を旅することになった。太古の自然が残る屋久島の自然と人々との出会いは、コムアイにどんなインスピレーションをもたらすのか?

新曲『屋久の日月節』が完成するまでを追う。

▷水曜日のカンパネラ・オフィシャルサイト

水曜日のカンパネラ Profile

2013年からコムアイを主演とするユニットとして始動。メンバーはコムアイ(主演)、ケンモチヒデフミ(音楽)、Dir.F(その他)の3人だが、表に出るのは主演のコムアイのみとなっている。

2014年11月に発売した 『私を鬼ヶ島に連れてって』に収録されている楽曲「桃太郎」がWEBやラジオを中心に話題となり耳の早いリスナーが次々と中毒者になっている。

2016年6月22日にワーナーミュージックよりリリースしたEP『UMA』は、Myd(CLUB CHEVAL)、MUST DIE!、Matthewdavid、Brandt Brauer Frickなど海外のクリエイターも参加するなどサウンド面でもバラエティ豊かなEPでデビュー作を飾る。2017年2月にはフルアルバム『SUPERMAN』をリリース。iTunesでは2日間連続1位を獲得。3月には初の日本武道館単独公演で成功を収める。

主演のコムアイは、2017-18年秋冬のミラノ・コレクションのショーでランウェイモデルとしても歩き、11月にはVOGUE JAPAN WOMEN OF THE YEAR 2017を授賞するなど様々な活動を行なっている。

2018年、EP「ガラパゴス」をリリース後、アーティスト初となるアジアツアー10都市を成功させる。2019年に入り「かぐや姫」のMusic Videoが文化庁メディア芸術祭で新人賞を獲得するなど様々な分野で評価されている。

▷水曜日のカンパネラ・HP
▷水曜日のカンパネラ・Twitter
▷水曜日のカンパネラ・Weibo
▷コムアイ・Instagram

サザンオールスターズ、キックオフライブ…

やなぎさわまちこ ミニアルバム「回転画…