1. 歌詞検索UtaTen
  2. ニュース
  3. J-POP
  4. 三浦明利
  5. 三浦明利、美しすぎる住職として話題の三浦明利が猛暑の地に降臨! 奈良で第七回法話コンサートを開催!

三浦明利、美しすぎる住職として話題の三浦明利が猛暑の地に降臨! 奈良で第七回法話コンサートを開催!



三浦明利 『手のひらに受ける宇宙』発売を記念して奈良の光明寺で第七回法話コンサートを開催!

美しすぎる住職として話題の三浦明利が、6月20日にリリースしたニューアルバム『手のひらに受ける宇宙』の発売を記念して、7月15日に自身が住職を務める奈良・龍王山 光明寺(浄土真宗)にて『CD発売記念コンサート第七回法話コンサート』を開いた。



約550年の歴史を持つ、奈良・光明寺(浄土真宗)で女性住職を務める三浦明利は、過去に「ちふれ化粧品」のCMに起用されたほか、テレビ朝日系「お坊さんバラエティ ぶっちゃけ寺」やNHK総合「バナナ♪ゼロミュージック」などに出演し、袈裟姿でギターを弾く美しすぎる住職として話題となった。6年振りのニューアルバム『手のひらに受ける宇宙』は、“慈しみ系シンガーソングライター”の三浦明利が、仏教をベースに普遍的な自然や宇宙を描き上げた作品。ヒーリングミュージックはもちろん、エレキギタリストとしてバンドスタイルでのアグレッシブな楽曲も収めた充実の作品に仕上がっている。



気温40度に迫る猛暑の中、この日の「第七回法話コンサート」は参加費をカンパ制にして開かれた。堂内溢れんばかりの300名超えのファンの前に、鮮やかな薄桃色の袈裟を着て登場した三浦は、西日本豪雨災害による被災者への哀悼の意を表し、音楽礼拝「Namo Amida Butsu」をファンとともに歌唱して法話コンサートをスタート。アコースティックギターを持ち、ヴァイオリン、パーカッション奏者が登場したところで「手のひらに受ける宇宙」を歌唱した。その後も熱気溢れるステージが展開されると、本編の最後にはアンコールを求める声が鳴りやまず、急遽予定してなかったデビュー曲「ありがとう ~私を包むすべてに~」を披露して約2時間のコンサートは幕を閉じた。

由緒あるお寺をライブハウスに変えてみせた三浦明利。この日より自身が描き下ろした絵本の販売も開始し、その才能は留まることを知らない。将来、仏教伝道師の第一人者になることは間違いないだろう。

【セットリスト】
三浦明利『手のひらに受ける宇宙』CD発売記念コンサート第七回法話コンサート
日時:2018年7月15日(日)14:00~
場所:奈良県・龍王山光明寺(奈良県吉野郡大淀町下渕879)

第1部
M1. Namo Amida Butsu
M2. 手のひらに受ける宇宙
M3. 仏教伝来
M4. 宵待草
M5. 龍~Naga~

第2部
M6. Asian Soul
M7. キサー・ゴータミー説話
M8. ともしび ~A chama~

ENC1. ありがとう ~私を包むすべてに~


三浦明利 (みうら あかり) 龍王山 光明寺住職 シンガーソングライター。エッセイスト。 アコースティックギターとピアノによる弾き語りで、全国各地で演奏活動を行う。 仏教の心を盛り込んだメッセージ性の強い歌詞と耳に残るメロディーで作詞作曲する。 法話と演奏をミックスさせたスタイル···

このニュースへのレビュー

このニュースへのレビューを書いてみませんか?

このニュースへのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつのニュースに1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

三浦明利 最新情報

リリース情報

【RELEASE】
2018/06/20発売
三浦明利『手のひらに受ける宇宙』



COCP-40386 ¥1,852+税
http://columbia.jp/artist-info/miuraakari/discography/COCP-40386.html

≪YouTube≫
三浦明利 アルバム『手のひらに受ける宇宙』ダイジェスト試聴
https://youtu.be/dY1mYZfXsZg

ライブ情報

【LIVE】
〜震災復興支援チャリティーライブ vol.17〜
日時:7月21日(金)18時開演(17時30分開場)
会場:東京・はっぽん(東京都国立市東1-15-32 市川ビル2F)
チャージ:3,160円(1ドリンク)
出演:三浦明利、CO906(こころ)、齋藤ルミ子、大沢バンド

三浦明利 Profile

三浦明利 (みうら あかり)
龍王山 光明寺住職
シンガーソングライター。エッセイスト。

アコースティックギターとピアノによる弾き語りで、全国各地で演奏活動を行う。
仏教の心を盛り込んだメッセージ性の強い歌詞と耳に残るメロディーで作詞作曲する。
法話と演奏をミックスさせたスタイルが特徴。

2008年、25歳で住職となり、2011年龍谷大学大学院修了。本願寺仏教音楽・儀礼研究所研究生を経て、ポピュラリティーを追求した仏教音楽の研究を行う。同年、シンガーソングライターとしてメジャーデビュー。また、初の著書『わたし、住職になりました』(アスペクト刊)全国発売。住職、シンガーソングライターとしての生きざまが、新しい女性の生き方として注目され、新聞やテレビ、ドキュメンタリー映画でも取り上げられている。

現在、全国のホールや寺院等で講演・演奏活動を行う。幼児・学生から大人に至るまで様々な年齢を対象とした講演活動を展開。仏教界のみならず、各都道府県・市町村・企業研修・各団体において、様々なテーマ(人権・歴史・音楽・医療等)に合わせて仏教の切り口で講演と演奏を行い、幅広い分野で注目を浴びている。

sumika キミスイ主題歌「春夏秋冬…

緑黄色社会 「緑黄色夜祭 vol.8」…