1. 歌詞検索UtaTen
  2. ニュース
  3. J-POP
  4. Maroon5
  5. 2015の夏はマルーン5と一緒に熱く暑く燃え尽きたい。新シングル「ディス・サマー」ミュージックビデオ到着!

2015の夏はマルーン5と一緒に熱く暑く燃え尽きたい。新シングル「ディス・サマー」ミュージックビデオ到着!



世界が誇るモンスター・バンド、マルーン5のニューシングル「ディス・サマー」のミュージック・ビデオが到着!
掲載歌詞の一覧へJUMP

2015年5月26日(火)にSSEアリーナ・ウェンブリーで行われたロンドン公演で、ヴォーカル/アダム・レヴィーンとフォトグラファー/トラヴィス・シュナイダーの共同プロデュースの元、ワンカットで撮影されたビデオ。

コンサート会場の楽屋でシャワーを浴び、パフォーマンスするためにステージに向かうアダムが、メンバーと合流し約1万2千人のファンが待つステージに登場するというツアー感満載の内容で、普段なかなか見ることができないステージ裏も公開されており、約3年ぶりとなる9月の来日公演への期待を募らせずにいられない。

ビデオが公開されるや否や、一昨年に米ピープル誌の「もっともセクシーな男」に選ばれたアダムの、“お尻丸出し”の話題ばかりが先行したが、控え室~ステージ~会場を退出という過程が4分足らずで描かれた非常に興味深いドキュメント映像となっている。

新曲「ディス・サマー」はこれからの季節に正にピッタリのサマー・アンセム。

「とにかく暑いんだ!!」という破裂しそうな激情が、ジリジリと伝わってきそうな楽曲で、同曲のプロデュースを手がけたシェルバックは、マルーン5の過去のメガ・ヒット曲「ムーヴス・ライク・ジャガー」「ペイフォン」なども手掛けており、ヒット間違いなしのトラックとなっている。

なお新曲「ディス・サマー」は、2015年7月22日(水)に発売される来日記念・日本独自企画盤『V - ジャパン・スペシャル・エディション』に収録、国内で初めてCD化される。
本アルバムは、昨年リリースされた通算5作目のアルバム『V』に、新曲「ディス・サマー」、CD未収録リミックス音源など6曲を追加した作品であり、ロック・バンドのスタイルを基調としつつ、ファンクやエレクトロ、ポップなど様々な要素を取り入れながら成長し続けるマルーン5の、初期を彷彿とさせるトラックから、新しい方向性に進むサウンドのトラックまで収録された内容となっている。

美しくエモーショナルであり、圧倒的にパワフルなマルーン5の魅力が十二分に堪能できる、全米1位獲得作品。今年の夏は、マルーン5と一緒に暑く燃え尽きたい、そんな思いを叶えてくる究極のサマー・アルバムと言っても過言ではない。

さらに同アルバム収録のサード・シングル「シュガー」のミュージック・ビデオも、公開からわずか5ヶ月で再生回数5億回超えを記録し、マルーン5史上最多再生回数を更新中。

9月の来日公演のチケットも10分足らずで完売するなど、絶好調のマルーン5に是非ご注目ください!


■「ディス・サマー」リリック・ビデオはコチラ


■「シュガー」ミュージック・ビデオはコチラ


■マルーン5公式サイトはコチラ
http://maroon5.jp

<商品情報>

マルーン5のアツい夏がやって来た!

「ディス・サマー」

好評発売中!
iTunes : https://itunes.apple.com/jp/album/this-summers-gonna-hurt-like/id994813060
レコチョク : http://recochoku.jp/song/S1001642416/
mora : http://mora.jp/package/43000006/00602547376497/

全米アルバム・チャート1位を獲得したアルバム『V』に新曲「ディス・サマー」、CD未収録リミックス音源など6曲を追加!

来日記念・日本独自企画盤

『V – ジャパン・スペシャル・エディション』

2015/7/22発売

\2,450(税抜) UICS-1299

UNIVERSAL MUSIC STORE : http://store.universal-music.co.jp/fs/artist/maroon5/uics1299

<来日公演情報>
MAROON 5 World Tour 2015 / マルーン5・ワールド・ツアー 2015
2015年9月1日(火) 大阪城ホール 開場18:00 / 開演19:00 --SOLD OUT--
http://www.kyodo-osaka.co.jp/schedule/E014995-1.html
2015年9月2日(水) 横浜アリーナ 開場 18:00 / 開演19:00 -- SOLD OUT--
http://sunrisetokyo.com/schedule/detail.cgi?id=268


Maroon 5 掲載歌詞の一覧へ

グラミー賞3度受賞のモンスター・バンド=マルーン5。ロサンゼルスにて当時中学生だったアダムとジェシーが音楽を一緒に始めたのをきっかけに、1994年から2001年まで4人組バンドKara’s Flowers(カーラズ・フラワーズ)名義で活動していたが、新たなメンバーを加え5人編成となったのを機にマルーン5と···

このニュースへのレビュー

このニュースへのレビューを書いてみませんか?

このニュースへのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつのニュースに1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

Maroon5 最新情報

公演情報

2019年2月25日(日)東京ドーム
※詳細は近日発表
◎マルーン5来日公演情報ホームページ(ウドー音楽事務所)
https://udo.jp/concert/Maroon5

■twitterキャンペーン実施中!
現在世界的に大ヒット中の「ガールズ・ライク・ユー feat. カーディ・B」。全米シングル・チャートでは4週連続の2位ですが、果たして次回のチャート更新(9/22付 Billboard Hot 100)で2012年「ワン・モア・ナイト」以来の1位になる?ならない?正解した人から抽選で2名さまにオフィシャルTシャツをプレゼント!

◎マルーン5日本公式twitter
https://twitter.com/maroon5jp

リリース情報

■アルバム情報
マルーン5
『レッド・ピル・ブルース+(プラス)』
Maroon 5 / Red Pill Blues +
2018.11.14発売
UICS-9156/7 CD2枚組\3,456 (税込)

[生産限定盤]
来日記念盤スペシャル仕様
◎三方背スリーブケース入り特別仕様
◎新装 ブラック・ジャケット仕様

【CD1】
01. Best For You
ベスト・フォー・ユー
02. What Lovers Do feat. SZA
ホワット・ラヴァーズ・ドゥ feat.シザ
03. Wait
ウェイト
04. Lips On You
リップス・オン・ユー
05. Bet My Heart
ベット・マイ・ハート
06. Help Me Out feat. Julia Michaels
ヘルプ・ミー・アウトfeat.ジュリア・マイケルズ
07. Who I Am
フー・アイ・アム feat.ランチマネー・ルイス
08. Whiskey feat. A$AP Rocky
ウィスキー feat.エイサップ・ロッキー
09. Girls Like You
ガールズ・ライク・ユー
10. Closure
クロージャー
11. Denim Jacket
デニム・ジャケット
12. Visions
ヴィジョンズ
13. Plastic Rose [*初CD収録]
プラスティック・ローズ
14. Don’t Wanna Know feat. Kendrick Lamar
ドント・ワナ・ノウ feat.ケンドリック・ラマー
15. Cold feat. Future
コールド feat.フューチャー

【CD2】
01. Girls Like You feat. Cardi B ⇒ 本アルバムのリード曲
ガールズ・ライク・ユー feat.カーディB
02. Sugar (Remix) feat. Nicki Minaj
シュガー(リミックス)feat.ニッキー・ミナージュ
03. Wake Up Call (Mark Ronson Remix) feat. Mary J Blige
ウェイク・アップ・コール(マーク・ロンソン・リミックス)feat.メアリー・J.ブライジ
04. My Heart Is Open feat. Gwen Stefani
マイ・ハート・イズ・オープン feat.グウェン・ステファニ
05. If I Never See Your Face Again feat. Rihanna
イフ・アイ・ネヴァー・シー・ユア・フェイス・アゲイン feat.リアーナ
06. This Summer with Alesso
ディス・サマー withアレッソ
07. Payphone feat. Wiz Khalifa
ペイフォン feat. ウィズ・カリファ
08. Moves like Jagger feat. Christina Aguilera
ムーヴス・ライク・ア・ジャガー feat.クリスティーナ・アギレラ
09. Out Of Goodbyes with Lady Antebellum
アウト・オブ・グッバイズ with レディ・アンテベラム
10. Wait feat. A Boogie Wit Da Hoodie
ウェイト feat.ア・ブギー・ウィット・ダ・フーディ
11. Girls Like You feat. Cardi B (Cray Remix)
ガールズ・ライク・ユー feat.カーディB(クレイ・リミックス)
12. Cold (Remix) feat. Future & Gucci Mane
コールド(リミックス)feat.フューチャー&グッチ・メイン
13. What Lovers Do feat. SZA (A-Trak Remix)
ホワット・ラヴァーズ・ドゥ feat.シザ(A-トラック・リミックス)
14. Don’t Wanna Know feat. Kendrick Lamar (Ryan Riback Remix)
ドント・ワナ・ノウ feat.ケンドリック・ラマー(ライアン・リバック・リミックス)

Maroon5 Profile

グラミー賞3度受賞のモンスター・バンド=マルーン5。ロサンゼルスにて当時中学生だったアダムとジェシーが音楽を一緒に始めたのをきっかけに、1994年から2001年まで4人組バンドKara’s Flowers(カーラズ・フラワーズ)名義で活動していたが、新たなメンバーを加え5人編成となったのを機にマルーン5と改名。

プロデューサーにマット・ウォレスを迎えた2002年の1stアルバム『ソングス・アバウト・ジェーン』は驚異のロング・ヒットとなり2005年の第47回グラミー賞で「最優秀新人賞」を受賞。

日本では「シー・ウィル・ビィ・ラヴド」がノエビア化粧品、「サンデイ・モーニング」がトヨタ・ビッツ、と2曲がTV-CMで使用され空前のヒットに。2006年の第48回グラミー賞では「最優秀ポップ・パフォーマンス賞(デュオ/グループ)」をシングル「ディス・ラヴ」で受賞。

2007年の2nd『イット・ウォント・ビー・スーン・ビフォー・ロング』は全米アルバム・チャート初登場1位を獲得。シングル「メイクス・ミー・ワンダー」で2008年の第50回グラミー賞「最優秀ポップ・パフォーマンス賞(デュオ/グループ)」を再び受賞。

2010年の3rdアルバム『ハンズ・オール・オーヴァー』発売後、フロント・マンのアダム・レヴィ―ンはUSの人気TV番組『ザ・ヴォイス』の審査員に抜擢。同じく審査員を務めていたクリスティーナ・アギレラをフィーチャーしたシングル「ムーヴス・ライク・ジャガー」が全米4週連続1位を獲得する大ヒットに。

2012年の4thアルバム『オーヴァーエクスポーズド』からも「ペイフォン」他、ヒットを量産。2013年、『ピープル』誌が選ぶ「世界で最もセクシーな男性」にアダム・レヴィーンが選出。2014年の5thアルバム『V』は2nd以来の全米1位を獲得。

2015年9月には来日公演と同タイミングで初のベスト盤『シングルス』をリリース。

2017年2月、アダムがハリウッドの“ウォーク・オブ・フェイム”のスター殿堂入り。11月にはケンドリック・ラマーら豪華ゲストを迎えた6thアルバム『レッド・ピル・ブルース』を発表。

2018年に入り、カーディ・Bをフィーチャーした新バージョンでリカットしたシングル「ガールズ・ライク・ユー」が全米2位(9月14日現在)という大ヒット。15年以上に渡って常にヒットを生み続けている彼らは、累計セールスがアルバム換算5,000万枚以上という世界トップ・クラスのモンスター・バンドである。

■VIDEO
「ガールズ・ライク・ユー feat. カーディ・B」
http://smarturl.it/GLY/youtube
■LINKS
日本公式ページ 
https://www.universal-music.co.jp/maroon5/
日本公式twitter
https://twitter.com/maroon5jp
海外公式ページ 
https://redpillbluestour.maroon5.com/
海外公式instagram
https://www.instagram.com/maroon5/
海外公式twitter
https://twitter.com/Maroon5

ウルフルズ『ロッキン50肩ブギウギック…

t防弾少年団、1周年記念フリーミニライ…