1. 歌詞検索UtaTen
  2. ニュース
  3. バンド
  4. LAMP IN TERREN
  5. LAMP IN TERREN、初の日比谷野音ワンマンで完全復活!

LAMP IN TERREN、初の日比谷野音ワンマンで完全復活!



LAMP IN TERREN 松本(Vo./Gt.)「ただいま」

松本(Vo./Gt.)がポリープ除去手術のため、活動休止していたLAMP IN TERRENが8月19日(日)バンド初の日比谷野外大音楽堂ワンマンライブ「ARCH」で完全復活を遂げた。

「ただいま」という松本の第一声で開幕、活動休止翌日に配信された「New Clothes」からスタートし、「キャラバン」「Dreams」などオーディエンスも巻き込んだ楽曲たちでライブの前半が進行。

日が落ちる頃には、ライブ初のアコースティックセットや、この日より会場で販売開始となった復活盤CD「Water Lily」の曲も初披露された。


夕暮れ時には代表曲「緑閃光」でステージ上のランタンが灯り、ラストは松本がセンターステージに移動して「地球儀」を歌い終幕。

MCでは年内にアルバムをリリースするという嬉しいニュースもあり、アンコール含め松本は全16曲を歌い上げ、LAMP IN TERREN完全復活となるステージとなった。

LAMP IN TERRENは、毎月26日渋谷Star loungeで200名限定の定期公演「SEARCH」を行なっているが、7回目となる10月は「SEARCH+ #007(サーチプラス ゼロゼロセブン)」とし、10月5日(金)郡山PEAK ACTIONよりスタート。全7公演ゲストバンド1組を“プラス”したツーマンツアーとなる。



また、松本が手術後初めてレコーディングを行なった音源を収録する復活盤CD「Water Lily」(2曲入り)はライブ会場および、8月24日(金)からは配信と通販での販売もスタート。

そして、日比谷野音ワンマンを「ハイクオリティな映像作品として残したい」という彼らの願いを発端に、日本最大のクラウドファンディングサイトCAMPFIREで「LAMP IN TERREN初の野音ワンマンライブ映像化プロジェクト」も行っている。(9月19日まで参加者受付)

ツアーも決定し、新ビジュアルも公開、本格的に始動するLAMP IN TERRENの今後の動きに注目したい。

2006年、長崎県で中学校2年生の中原と大屋が結成したバンドに同級生の松本が誘われる形で参加。その後、進学の都合で大屋と当時のドラムが脱退。2011年、地元の友人だった川口が加入して3ピース編成となる。 2012年、バンド名を「LAMP IN TERREN」に。ラテン語の「terra(星、大地)」を捩った造···

このニュースへのレビュー

このニュースへのレビューを書いてみませんか?

このニュースへのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつのニュースに1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

Leolaの最新楽曲「Kissing」…

AAA、圧巻の大トリ!a-nation…