1. 歌詞検索UtaTen
  2. ニュース
  3. J-POP
  4. sympathy
  5. 絶賛遠距離中のためLINEで曲作り!? 高知県産バンドsympathyがアルバムダイジェスト映像&ジャケットデザイン公開!!

絶賛遠距離中のためLINEで曲作り!? 高知県産バンドsympathyがアルバムダイジェスト映像&ジャケットデザイン公開!!



たった一回の東京でのライヴが所属事務所の目に留まり、ビクターエンタテインメントの新レーベルCONNECTONEに至ってはライヴを観ずに音源だけを聴いて契約してしまったというシンデレラ・ストーリーが話題を集めている、高知県産の超絶無名バンドsympathy(シンパシー)が、7月15日発売のMini Album『トランス状態』のダイジェスト映像とジャケット・デザインを同時に公開した。

アルバムのオープニングを飾る“女子高生やめたい”やリード曲“さよなら王子様”といったポップでキッチュなロックから、“紅茶”や“泣いちゃった”といったグッと胸に迫るナンバーまで、『トランス状態』は4人の女の子の感性が爆発している全6曲を収録。

昨年春に高知の高校を卒業し、メンバー全員が別々の学校に進学して「絶賛遠距離中」のため、楽曲の制作はLINEやSkypeを駆使しながら進められたという。

<sympathy - Mini Album 『トランス状態』ダイジェスト映像>


そしてアルバムのジャケットは、サイケデリックな作風やオリジナル・キャラクター「顔ちゃん」で知られる人気イラストレーター内山ユニコによる描き下ろしだ。

大のロック・フリークである内山は、送られてきた音源を聴いて超絶無名バンドの可能性を確信、描き下ろしを快諾したという。sympathyの歌詞にインスパイアされたという、少女を脱ぎ捨てる瞬間の女の子を見事に切り取ったイラストを提供しており、こちらも話題必至だ。


リリース情報
とっておきの切なさ出来ました。超絶無名バンドsympathyによるメランコリック・アルバム!!sympathy / 2nd Mini Album 『トランス状態』

2015.7.15 Release
NCS-10097 / \1,800(税抜)
【収録曲】
1. 女子高生やめたい
2. さよなら王子様 (アルバム・リード曲)
3. 紅茶
4. 有楽町線
5. 泣いちゃった
6. あの娘のプラネタリウム


プロフィール
4人でできている高知県産、超絶無名バンドsympathy。

高校の部活の小さな部室から生まれ、初ライブのコンテストでたまたま優勝、地元のライブハウスでライブをしながらオリジナル曲を作り始め、かくかくしかじかを経て1st Mini Album「カーテンコールの街」を発表。

絶賛遠距離中にもかかわらず、いつの間にやらレーベル・事務所と契約…!私たち一体どうなっちゃうのー!?今後の活躍に注目! よそ見しないでね。
「sympathyは“揺れるロック”を推進します。」

sympathyオフィシャルサイト
http://sympathy.strikingly.com/

sympathyは、1995年10月4日生まれ高知県高知市出身でヴォーカル、ギター担当の柴田優・1996年1月3日生まれ高知県出身でギター担当の田口華也奈・1995年8月29日生まれ高知県長岡郡大豊町出身でベース担当の今井夏紀・1996年3月11日生まれ高知県出身でドラムス担当の門舛友架からなる4人組ガールズバ···

このニュースへのレビュー

このニュースへのレビューを書いてみませんか?

このニュースへのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつのニュースに1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

新レーベルCROSS RECORDS設…

次世代クリエーターじっぷす!「ヘイセイ…