1. 歌詞検索UtaTen
  2. ニュース
  3. J-POP
  4. 向井太一
  5. 向井太一によるボビー・ブラウンのカバー 「ロック・ウィッチャ」配信開始!

向井太一によるボビー・ブラウンのカバー 「ロック・ウィッチャ」配信開始!



向井太一 「ロック・ウィッチャ」HIPHOP/R&Bの名曲を日本の“現代(イマ)”を代表するアーティストがリメイクする“ReVibe”にて配信

1979年に「ラッパーズ・デライト」がリリースされてから40周年となる2019年に向け、ユニバーサル・ミュージックが展開する“温故知新”企画、その名も「ReVibe」。おなじみのHIPHOP/R&Bクラシックスを“イマ”の日本を代表するアーティストがリメイクし、現代に甦らせるというコンセプトの元、続々とリリースが予定されていますが、その本格スタートを飾る向井太一「ロック・ウィッチャ」が配信されました。

「ロック・ウィッチャ」は、80年代後半~90年代に一世を風靡した“ニュー・ジャック・スウィング“の代表的アーティスト=ボビー・ブラウンが89年にリリースし全米チャート7位を記録した大ヒット曲。オリジナルはLA&ベイビーフェイスがプロデュースした”美メロR&B“の代表曲ですが、メロウなテイストはそのままに、LAで活動するサウンド・コレクティブ=SOULECTIONのメンバーであるYukibabeによるトラックがイマを感じさせるアレンジとなっています。



ReVibeシリーズは、DJ CHARI&DJ TATSUKIの元にWILYWNKA、MUD(KANDYTOWN)、Pablo Blastaら気鋭のラッパーが集結したシュガーヒル・ギャングの「Rapper's Delight」のカバー、JP The Wavyによるネリー「Dilemma」のカバー、ISH-ONEとAZUMA MAZによる新ユニット=SIXSIXSIKによるスヌープ・ドッグ「Beautiful」などが登場予定。さらにコンピレーション・アルバムのリリースも予定されているので、乞うご期待!

■向井太一コメント

僕の母がボビー・ブラウンを好きでよく聴いていたのもあって、この曲は昔から好きで、スタッフと“いつかカバーしたいね”と言っていたので、すごく楽しみながらカバー出来ました。制作に際しては、セクシーさを意識してレコーディングしました。この“ReVibe”という企画、最近カバー・アルバムがあまりなかったので、新鮮ですし、僕が聴いていた曲を、今のアーティストがどういう風にリメイクするのか、リスナーとしても楽しみにしています。新しく生まれ変わった「ロック・ウィッチャ」、ぜひチェックしてみてください!

向井太一 / MUKAI TAICHI 1992年3月13日、福岡生まれ、A 型。シンガーソングライター。 自身のルーツであるブラックミュージックをベースに、ジャンルを超えた楽曲、そして「日本人特有の言葉選び、空間を意識した音作り」で常に進化を続ける新境地を見事に提示し、各媒体・リスナーから高い···

このニュースへのレビュー

このニュースへのレビューを書いてみませんか?

このニュースへのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつのニュースに1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

JUN SKY WALKER(S)、待…

TRF名曲の盆踊りリミックス「BOY …