1. 歌詞検索UtaTen
  2. ニュース
  3. J-POP
  4. UKO
  5. 次世代ポップなソロシンガーUKO、最新作からのダブルサイダー・7インチ!

次世代ポップなソロシンガーUKO、最新作からのダブルサイダー・7インチ!



UKO、アナログ7inchをリリース!

9月にリリースされたUKOのファースト・ミニ・アルバム『ONE LOVE』から、リード曲となるセンチメンタ・ディスコ・ポップ"ONE LOVE"と、BASIとのコラボ・ナンバー"Magic feat.BASI(from 韻シスト)"の2曲をアナログ・カットされる。

アルバムからのアナログ・カット

2016年にクニモンド瀧口(流線形)がトータル・ディレクションを務めたアルバム『Saturday boogie holiday』でデビュー。以降も他アーティストへの作詞提供や冨田ラボ作品への参加、LUCKY TAPESのコーラスなど多方面で活躍してきたソロ・シンガー、UKO。さらなる飛躍を予感させる充実の内容となった『ONE LOVE』収録の2曲が、嬉しいアナログ化となった。

魅力あるヴォーカルを堪能できる楽曲

Aサイド"ONE LOVE"は、UKOのソウルフルで艶のあるヴォーカルの魅力を堪能できる心地良いシンセ・ブギー・ポップ・ナンバー。後半に向けて力強くグルーヴを増しながら、センチメンタルなメロディが高揚感を纏っていく感動的な名曲。Bサイド"Magic feat. BASI(from 韻シスト)"は、韻シストのフロントマンであるBASIを客演に迎えたヒップなメロウナンバー。UKOのアンニュイなヴォーカルと甘く爽やかなBASIのラップが織り成す、洒脱で大人びたムード抜群の仕上がりとなっている。

■「one love」Music Video

次世代ポップなソングライティングセンスとDISCO / FUNK / R&B 等をベースにしたアレンジセンスを持ちソウルフルな歌声を響かせるソロアーティスト。 2016年4月に1st.ALBUM”Saturday boogie holiday”をリリースし全国デビュー。 アルバムトータルディレクションにはクニモンド瀧口(流線形)を招···

このニュースへのレビュー

このニュースへのレビューを書いてみませんか?

このニュースへのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつのニュースに1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

滝沢秀明 「滝沢歌舞伎2018」映像化…

フジファブリック山内総一郎が、弾き語り…