1. 歌詞検索UtaTen
  2. ニュース
  3. J-POP
  4. amazarashi
  5. amazarashi 歌詞の読めるスピーカー「Lyric Speaker」とのコラボレーションを発表!

amazarashi 歌詞の読めるスピーカー「Lyric Speaker」とのコラボレーションを発表!



歌詞の魅力を最大限に活かす、最強のコラボ!

歌詞をビジュアライズするスピーカー Lyric Speakerと歌詞の力で熱狂的なファンを持つamazarashiのコラボレーションプロジェクトが発表された。

【歌詞コラム】文学性を感じさせる詩、amazarashiの季節は次々と死んでいくのバランスの絶妙さ!



日本の歌詞文化を代表する「音楽 X テクノロジー」の融合されたこのプロジェクトに対し、amazarashiは新曲『それを言葉という』を書き下ろし、2月13日にリリースが決定しているニューシングル『さよならごっこ』に収録される。

Lyric Speakerは、再生中の歌詞をビジュアライズするスピーカーで、アーティストのメッセージを、より深く楽しむために開発された。

これまで『自虐家のアリー』のMVや『Life is Beautiful』『ワードプロセッサ』『空に歌えば』のライブ演出などでコラボしてきた両者。


今回のコラボプロジェクトは、ともに言葉の力を信じる者同士として歩んできたことの発展形となり、Lyric Speaker × amazarashi コラボレーションソング『それを言葉という』のMVは現在制作中で後日発表される。

オリジナルのモーショングラフィックも


Lyric Speaker は『それを言葉という』が伝えるメッセージを最大化するために、amazarashiオリジナルのモーショングラフィックを制作。このモーショングラフィック・プログラミングは本MVの中でも使われ、いずれLyric Speakerの新モデル Lyric Speker Canvas(リリックスピーカー ・キャンバス)にもアップデートで実装されていく予定になっている。

また、amazarashiの全楽曲がそれぞれの最適なモーショングラフィックで楽しめるよう、リリックスピーカー ・キャンバスのアップデートもされる。

▷Lyric Speaker
▷amazarashi「さよならごっこ」特設サイト

青森県在住の秋田ひろむを中心としたバンド。 日常に降りかかる悲しみや苦しみを雨に例え、僕らは雨曝だが「それでも」というところから名づけられたこのバンドは、「アンチニヒリズム」をコンセプトに掲げ、絶望の中から希望を見出す辛辣な詩世界を持ち、ライブではステージ前にスクリーンが張···

このニュースへのレビュー

このニュースへのレビューを書いてみませんか?

このニュースへのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつのニュースに1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

DJ&ダンスヴォーカルユニット Car…

ウルフルズ 2月20日配信シングル『リ…