1. 歌詞検索UtaTen
  2. ニュース
  3. J-POP
  4. THE BACK HORN
  5. 結成20周年を迎えたTHE BACK HORN 圧倒的存在感で観衆を魅了したツアーファイナルが終了!

結成20周年を迎えたTHE BACK HORN 圧倒的存在感で観衆を魅了したツアーファイナルが終了!



圧巻の日本武道館公演

バンド結成20周年を迎えたTHE BACK HORNが、昨年10月からスタートした全国ワンマンツアー“THE BACK HORN 20th Anniversary「ALL TIME BESTワンマンツアー」〜KYO-MEI祭り〜”(全国21カ所21公演)の最終地となる日本武道館公演を行ない圧巻の存在感で観衆を魅了。20周年イヤーを締めくくった。


【THE BACK HORN ライブレポート】音楽への誇りを改めて胸に刻んだ「運命開歌」




最終公演配信中

日本武道館最終公演のセットリストをApple Musicほか主要ストリーミングサービスにてプレイリストとして公開。
ライブに行った方も行けなかった方もTHE BACK HORNのLIVEをイメージしながら聞いてほしい。
さらに恒例のスペシャルイベント「マニアックヘブンVol.12」の開催を発表した。



8月12日「マニアックヘブン」開催

「マニアックヘブン」は2005年12月の初開催以降、THE BACK HORNメンバー自らが企画・演出を手掛け、選曲から演出まで全てがマニアックに構成される内容が話題を呼び、チケット入手困難が続くプレミアムライブとなっている恒例のスペシャルイベント。
今年は8月12日(月・祝)に新木場STUDIO COASSTにて開催される。
詳細は後日発表となるので、続報を楽しみに待とう!

THE BACK HORN 最新情報

THE BACK HORN作品情報

結成20周年の集大成!ミュージックビデオ計42タイトルを出し惜しみなしで一斉配信開始!
メジャー1stシングル「サニー」より制作を続けているミュージックビデオがApple Music,YouTube Music他主要音楽映像ストリーミングサービスにて一斉公開中。そのタイトル数は20年分撮りためた全42タイトル。

以下42タイトル
「サニー」「空、星、海の夜」「幾千光年の孤独」「砂の旅人」「世界樹の下で」「涙がこぼれたら」「未来」「光の結晶」「生命線」「花びら」「アカイヤミ」「夢の花」「レクイエム(Re Edit Ver)」「コバルトブルー」「キズナソング」「奇跡」「ブラックホールバースデイ」「初めての呼吸で」「カオスダイバー」「声」「美しい名前 マッチ篇」「美しい名前 ライ
ター篇」「罠」「覚醒」「何もない世界」「戦う君よ」「閉ざされた世界」「シリウス」「世界中に花束を」「シンフォニア」「バトルイマ」「シンメトリー」「コワレモノ」「ビリーバーズ」「悪人」「その先へ」「With You」「あなたが待ってる」「孤独を繋いで」「泣いている人(New Recording)」「Running Away」「何処へ行く」

プレイリスト情報

「THE BACK HORN 20th Anniversary『ALL TIME BESTワンマンツアー』〜KYO-MEI祭り〜」
当公演のセットリストのプレイリストをApple Music、LINE MUSICほか主要ストリーミングサービスで公開!
https://jvcmusic.lnk.to/thebackhorn_20190208

MUSIC VIDEO公開サイト

◇Apple Music
https://itunes.apple.com/jp/artist/the-back-horn/129406978?app=apple&ls=1
◇YouTube Music
https://music.youtube.com/channel/UCiqKlc83XBgTGbS4BuefRsA

THE BACK HORN 20th Anniversary特設サイト

http://www.thebackhorn.com/feature/20th_anniversary/

THE BACK HORN 20th Anniversary
「ALL TIME BESTワンマンツアー」〜KYO-MEI祭り〜
<2018年>
10月01日(月)新宿LOFT
10月05日(金)札幌ペニーレーン24
10月13日(土)盛岡Club Change WAVE
10月14日(日)KESEN ROCK FREAKS
10月19日(金)浜松窓枠
10月21日(日)米子AZTiC laughs
11月08日(木)京都磔磔
11月10日(土)金沢EIGHT HALL
11月11日(日)長野club JUNK BOX
11月17日(土)高松MONSTER
11月18日(日)高知X-pt.
11月30日(金)名古屋ダイアモンドホール
12月15日(土)なんばHatch
12月16日(日)広島クラブクアトロ
12月21日(金)水戸LIGHT HOUSE
12月23日(日)仙台Rensa

<2019年>
01月11日(金)桜坂セントラル
01月13日(日)鹿児島CAPARVO HALL
01月19日(土)台北 THE WALL
01月31日(木)福岡DRUM LOGOS
02月08日(金)東京 日本武道館

THE BACK HORN Profile

岡峰光舟 Kohshu Okamine:Bass
山田将司 Masashi Yamada:Vocal
菅波栄純 Eijun Suganami:Guitar
松田晋二 Shinji Matsuda:Drums

1998年結成。“KYO-MEI”という言葉をテーマに、聞く人の心をふるわせる音楽を届けていくというバンドの意思を掲げている。
2001年シングル『サニー』をメジャーリリース。
FUJI ROCK FESTIVALやROCK IN JAPAN FESTIVAL等でのメインステージ出演をはじめ、近年のロックフェスティバルでは欠かせないライブバンドとしての地位を確立。
そしてスペインや台湾ロックフェスティバルへの参加を皮切りに10数カ国で作品をリリースし海外にも進出。黒沢清監督映画『アカルイミライ』(2003年)主題歌「未来」をはじめ、紀里谷和明監督映画『CASSHERN』(2004年)挿入歌「レクイエム」、乙一原作『ZOO』(2005年)主題歌「奇跡」、アニメ『機動戦士ガンダム00』(2007年)主題歌「罠」、水島精二監督映画『機動戦士ガンダム00 -A wakening of the trailblazer-』(2010年)主題歌「閉ざされた世界」、熊切和嘉監督とタッグを組み制作した映画『光の音色 –THE BACK HORN Film-』など、そのオリジナリティ溢れる楽曲の世界観から映像作品やクリエイターとのコラボレーションも多数。
2012年に、激動の一年を経て制作されたアルバム『リヴスコール』を発表。その収録曲「世界中に花束を」は、収益金が震災復興の義援金として寄付されている。
2017年は第一弾シングルとして宇多田ヒカルとの共同プロデュース楽曲「あなたが待ってる」、第二弾シングルとして「孤独を繋いで」、さらに、ベストアルバム『BEST THE BACK HORN Ⅱ』をリリース。秋には6年振り3度目となる日比谷野外大音楽堂のワンマンライブと、恒例のスペシャルイベント『マニアックヘブン』を初めてツアーとして開催。バンド結成20周年を迎える2018年は、インディーズ期以来となるミニアルバム『情景泥棒」をリリース。
2018年10月からは結成20周年を締めくくるアニバーサリーツアー THE BACK HORN 20th Anniversary 「ALL TIME BESTワンマンツアー」〜KYO-MEI祭り〜の開催が決定している。

■インフォメーション
THE BACK HORN オフィシャルサイト: http://www.thebackhorn.com/
THE BACK HORN オフィシャルTwitter: https://twitter.com/THEBACKHORNnews/
THE BACK HORN YouTube オフィシャルチャンネル:https://www.youtube.com/user/thebackhornch
-THE BACK HORN CLUB-銀河遊牧民:http://fc.thebackhorn.com

最新テクノロジーと生み出す圧巻ライブ!…

鈴木雅之、話題のアニメ主題歌をフジテレ…