1. 歌詞検索UtaTen
  2. ニュース
  3. J-POP
  4. 山内惠介
  5. 山内惠介、47都道府県コンサートツアー公開リハーサル開催。 5月29日アルバム発売も発表

山内惠介、47都道府県コンサートツアー公開リハーサル開催。 5月29日アルバム発売も発表



山内惠介、ツアー公開リハーサル

昨年は、「NHK紅白歌合戦」に4年連続出場を果たし、今年3月6日発売のニュー・シングル「唇スカーレット」が、オリコン週間総合シングルランキングで6作連続TOP10、

演歌・歌謡曲ランキングで8作連続1位と絶好調の山内惠介が10日、東京・中野サンプラザホールで「山内惠介 全国縦断コンサートツアー2019~Japan 季節に抱かれて 歌めぐり~」の公開リハーサルを行った。





【動画をみる】山内惠介『唇スカーレット』MV



全国制覇は初!&見どころ満載!

47都道府県すべてでコンサートを行うのは自身初めてのことで、全72会場で75公演を開き、総動員数は約13万人を予定している。

翌11日の中野サンプラザ公演は昼夜2回(合わせて約4400席)あり、チケットは完売。

今回のツアーは2部構成で、見どころは、最新曲「唇スカーレット」をはじめ、オリジナル曲の数々を歌唱するほかに、「昭和名曲列伝」と題し、美空ひばり、島倉千代子、北島三郎、五木ひろしの名曲をそれぞれカバー。

また、「和の世界」をテーマにしたコーナーでは、テーマに沿ったオリジナル曲を着流しで披露。

その着流しで歌うのは、座長公演や大都市でのツアーでは披露しているが、全国各地でのコンサートでは初の試みで、アンコールを含めて全23曲を予定。

本番前の本人コメント

本番を前にして、「コンディションのほうは、バッチリです。北は北海道から、南は鹿児島まではありましたが、沖縄は今回初めてなので、沖縄に行くことで47都道府県を実感するのかなと思います。

行く先々のおいしいものを食べるのも楽しみの一つです」。



「令和」を迎えて「昭和」思う

5月からは新元号「令和」に変わるが、「平成が幕を閉じて、令和になるからこそよけい昭和というのがすごく長かったんだな、歴史があるんだなと改めて感じます。

今回のコンサートでも『昭和名曲列伝』と題して、昭和のヒットナンバーを歌わせていただくので、改めて昭和はすごかったんだなということを皆さんに感じてもらえたらうれしいですね」。

中でも着流しで歌うコーナーは大きな見どころで、「そこは(タイトルにもある)『Japan』、日本を感じてもらえるところはぜひ皆さんに見ていただきたい。

東京オリンピックも近づいていますし、日本人であること、日本のすばらしさを歌と姿・形でお届けしたいと思っています」。

紅白出場への思い

今年も紅白出場への意欲満々で、「紅白のステージをスカーレット色に染められたら最高ですね。今年も5回目の紅白出場を目指して全力投球で頑張ります」と張り切っていた。

4月11日の同会場を皮切りに、同14日に静岡・焼津市民文化会館、同22日に茨城・茨城県立県民文化センター、同24、25日に秋田・秋田市文化会館、同27日に青森・リンクステーション青森(青森市文化会館)…と続く。

内容はもちろんジャケットにも注目

また、5月29日には、山内の和の世界を集めたニュー・アルバム「Japan」(過去に発売されたオリジナル曲、カバー曲に加え、新曲2曲を含む全16曲を収録)が発売。

山内惠介の幅広い音楽性が堪能できる内容になっている。

楽曲のイメージを広げるジャケットデザインは、KISSやDAVID BOWIEとのコラボでも話題を呼ぶ浮世絵プロジェクトに監修によるもの。

歌川広重の浮世絵をベースに、富士の高嶺を見つめる山内惠介をモチーフにした青年の姿を印象的にコラージュされている。



山内惠介(やまうち けいすけ)は、1983年5月31日生まれ、福岡県糸島市(旧・前原市)出身の演歌歌手である。1999年10月13日、地元福岡県のカラオケ大会にて、作曲家・水森英夫によってスカウトされる。2001年4月、その水森が作曲を手掛けた1stシングル「霧情」でデビューを果たす。2009年9月23日、···

このニュースへのレビュー

このニュースへのレビューを書いてみませんか?

このニュースへのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつのニュースに1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

山内惠介 最新情報

リリース情報

■ニューアルバム
「Japan」

●5月29日発売
価格:\3,000+税
品番:VICL-65193

【収録曲】
1.男って奴は ※新曲
作詩:紙中礼子 作曲:水森英夫 編曲:伊戸のりお

2.望郷子連れ鴉(がらす) ※新曲
作詩:松岡弘一 作曲:水森英夫 編曲:伊戸のりお

3.恋の手本
作詩:岡本さとる 作曲:水森英夫 編曲:新田高史

4.大利根なみだ酒
作詩:松岡弘一 作曲:水森英夫 編曲:池多孝春

5.あたりきしゃりき
作詩:松尾潔 作曲:水森英夫 編曲:伊戸のりお

6.おきぬ
作詩:志賀大介 作曲:水森英夫 編曲:伊戸のりお

7.風ぐるま
作詩:松尾潔 作曲:水森英夫 編曲:伊戸のりお

8.夢芝居
作詩:小椋佳 作曲:小椋佳 編曲:伊戸のりお

9.勘太郎月夜唄
作詩:佐伯孝夫 作曲:清水保雄 編曲:伊戸のりお

10.お島千太郎
作詩:石本美由起 作曲:古賀政男 編曲:伊戸のりお

11.殺陣師(たてし)一代
作詩:佐伯孝夫 作曲:田正 編曲:伊戸のりお

12.沓掛時次郎
作詩:佐伯孝夫 作曲:田正 編曲:伊戸のりお

13.つばめ返し
作詩:荒木とよひさ 作曲:水森英夫 編曲:前田俊明

14.黒いダイヤ
作詩:松尾潔 作曲:水森英夫 編曲:伊戸のりお

15.上州やぶれ笠
作詩:松岡弘一 作曲:水森英夫 編曲:伊戸のりお

16.演歌道中 旅がらす
作詩:鈴木紀代 作曲:水森英夫 編曲:伊戸のりお

■ニューシングル
「唇スカーレット」
(赤盤・黄盤・白盤・唄盤) 
●2019年3月6日発売

作詩:松井五郎 作曲:水森英夫 編曲:馬飼野俊一

★赤盤
CD:VICL-37460
CT:VISL-37460
\1,204+税 
カップリング曲「どうすればいい」

★黄盤
CD:VICL-37461
CT:VISL-37461
\1,204+税
カップリング曲「まんさくの花」

★白盤
CD:VICL-37462
CT:VISL-37462
\1,204+税 
カップリング曲「ありがとうが、降り積もる。」

★唄盤
CD+DVD:VIZL-1532
¥1, 667+税 
[CD]
唇スカーレット
※男性用、女性用カラオケ付き

[DVD]
唇スカーレットミュージックビデオ
※男性用、女性用カラオケミュージックビデオ付き(歌詞テロップ入り)

ライブ情報

山内惠介 
全国縦断コンサートツアー2019 ~Japan 季節に抱かれて 歌めぐり~

(4月10日現在発表分) ※数字は開演時間

4月11日(木)11:30/15:30 東京・中野サンプラザ
4月14日(日)14:00 静岡・焼津文化会館
4月22日(月)14:00 茨城・茨城県立県民文化センター
4月24日(水)14:00 秋田・秋田市文化会館
4月25日(木)13:00 秋田・秋田市文化会館
4月27日(土)14:00 青森・リンクステーション青森(青森市文化会館)

5月09日(木)18:00 北海道・函館市芸術ホール
5月10日(金)13:00 北海道・函館市芸術ホール
5月11日(土)16:00 北海道・千歳市民文化センター
5月13日(月)16:00 北海道・帯広市民文化ホール
5月14日(火)16:00 北海道・釧路市民文化会館
5月15日(水)16:00 北海道・北見市民会館
5月17日(金)16:00 北海道・旭川市民文化会館
5月18日(土)13:00 北海道・旭川市民文化会館
5月20日(月)13:00 /18:00 北海道・札幌市民ホール
5月21日(火)13:00 北海道・札幌市民ホール
5月27日(月)14:00 群馬・昌賢学園まえばしホール(前橋市民文化ホール)
5月28日(火)14:00 新潟・長岡市立劇場
5月29日(水)14:00 長野・長野市芸術館

6月01日(土)14:00 東京・町田市民ホール
6月02日(日)14:00 千葉・習志野文化ホール
6月04日(火)14:00 熊本・熊本県立劇場
6月06日(木)14:00 宮崎・都城市総合文化ホール
6月07日(金)14:00 鹿児島・宝山ホール
6月09日(日)14:00 沖縄・沖縄コンベンションセンター
6月11日(火)14:00 福岡・アルモニーサンク北九州ソレイユホール
6月12日(水)14:00 大分・iichikoグランシアタ
6月14日(金)14:00 佐賀・佐賀市文化会館
6月15日(土)14:00 長崎・ブリックホール
6月17日(月)14:00 埼玉・サンシティ越谷市民ホール
6月20日(木)14:00 岡山・岡山市民会館
6月21日(金)13:00 徳島・鳴門市文化会館
6月24日(月)14:00 埼玉・大宮ソニックシティ
6月25日(火)14:00 東京・大田区民ホール・アプリコ
6月28日 (金)14:00 岩手・盛岡市民文化ホール
6月29日(土)14:00 宮城・東京エレクトロンホール宮城
6月30日(日)12:30/17:00 青森・六ヶ所村文化交流プラザ・スワニー 大ホール

7月02日(火)14:00 三重・三重県文化会館
7月03日(水)14:00 奈良・DMG MORIやまと郡山城ホール
7月04日(木)14:00 京都・ロームシアター京都 
7月06日(土)14:00 大阪・河内長野市立文化会館ラブリーホール
7月07日(日)14:00 岐阜・不二羽島文化センター
7月10日(水)14:00 山形・やまぎんホール
7月11日 (木)14:00福島・けんしん郡山文化センター 
7月12日(金)14:00 栃木・那須野が原ハーモニーホール 
7月15日(月・祝)14:00 兵庫・神戸文化ホール 
7月17日 (水)14:00 愛媛・松山市民会館 
7月18日 (木)14:00 広島・広島文化学園HBGホール 
7月19日(金)14:00 島根・島根県民会館 
7月23日(火)14:00 神奈川・神奈川県民ホール 

8月08日(木)14:00 東京・オリンパスホール八王子

山内惠介 Profile

山内惠介プロフィール

生年月日:1983(昭和58)年5月31日
出身地:福岡県糸島市

デビューのきっかけは、母親が美空ひばりさんの大ファンだったこともあり、産まれる前からひばりさんを聴いて育つ。16歳 高校一年生の時に、初めて出場した福岡県下のカラオケ大会で作曲家 水森英夫氏にスカウトされる。

2001年4月「ぼくはエンカな高校生」というキャッチコピーで、17歳「霧情」でデビュー!

2009年9月発売した9作目のシングル曲「風蓮湖」が北海道を皮切りに火がつき自身初となる、10万枚突破の大ヒットとなった。

2013年11月 崔洋一監修の舞台「曽根崎心中」で初主演。

2014年1月 初主演映画「THE歌謡ムービー 昭和歌謡危機一髪!」で銀幕デビューを果たす。

2015年2月発売「スポットライト」 オリコン週間シングルランキング総合10位!2作連続トップ10入り。この年、第66回 NHK紅白歌合戦に初出場。第57回輝く!日本レコード大賞 作曲家協会選奨受賞/第48回日本作詩大賞 優秀作品賞受賞。

2016年3月発売「流転の波止場」は、オリコン週間シングルランキング総合5位にランクインし、3作連続のトップテン入りを果たす。
同年、第67回NHK紅白歌合戦に2度目の出場。

2017年2月大阪新歌舞伎座にて初の座長公演を開催。3月に発売した「愛が信じられないなら」オリコン週間ランキング総合6位(4作連続TOP10入り)、2017年年間USEN HIT演歌/歌謡曲ランキング1位。第68回NHK紅白歌合戦3度目の出場。

2018年2月9日~2月23日 新歌舞伎座 山内惠介特別公演「若さま走馬灯~来馬信兵衛 参る~」
「山内惠介オンステージ~若さまと貴公子~」と題し、全22公演の座長公演を開催。

3月28日「さらせ冬の嵐」リリース。

オリコン週間シングルランキング初登場4位(5作連続TOP10入り)、2週目も10位にランクインと2週連続TOP10入り。

8月5日(日)~15(水) 東京・明治座 初座長公演「第一部 1963年 父の青春 僕はあの日の高校3年生」・「第二部 ゴールデン歌謡ショー 惠介のヒットパレード2018」と題し、全16公演を開催。第69回NHK紅白歌合戦4度目の出場。

2019年3月6日「唇スカーレット」リリース。

■山内惠介オフィシャルHP
■山内惠介 ビクターHP
■山内惠介オフィシャルブログ

アイドルグループ Jewel☆Neig…

BabySitterが初クラウドファン…