1. 歌詞検索UtaTen
  2. ニュース
  3. バンド
  4. サカナクション
  5. サカナクション、NEW AL「834.194」の世界を体感!全国6.1chサラウンドツアースタート!

サカナクション、NEW AL「834.194」の世界を体感!全国6.1chサラウンドツアースタート!



300本以上のスピーカー!新体感ライブ!!

サカナクションが4月6日、7日と2日間にわたり幕張メッセ国際展示場9-11ホールで全7か所10公演で6.1chサラウンド・サウンドを導入する全国ツアー「SAKANAQUARIUM2019 “834.194” 6.1ch Sound Around ArenaSession」をスタートさせた。

【歌詞コラム】部屋が海?布団が砂?隠れた名曲ネプトゥーヌスって?

会場の周りを取り囲むように300本以上のスピーカーを配置しており、会場のどの場所で観ても臨場感を味わうことができる新体感ライブとなっている。

最高水準の音楽体験を!

これまで、6.1chサラウンドライブは関東と関西のみで開催されていたが、「最高水準の音楽体験をリスナーに提供したい」というバンドメンバーの思いからを初めて全国規模でおこなうツアーの初日公演となった。


新曲多数披露

ライブは「陽炎」を始めとしたアップテンポな楽曲で、序盤から会場のボルテージを一気に引き上げ、中盤に差し掛かると、ボーカルの山口一郎が出演し、話題となっているCMで聴ける新曲「忘れられないの」(♬SoftBank music project テレビCM「速度制限マン」篇 CMソング)や、「ナイロンの糸」(カロリーメイト「考えつづける人」篇 TVCMソング)など、6月19日にリリースされる6年ぶりのニューアルバム『834.194』に収録される新曲が多数披露された。

【MVを見る】映画「曇天に笑う」曇天ダンス~D.D~「陽炎」

会場はたちまち巨大ダンスフロアに!

その後、「moon」ではステージ上の大スクリーンに映し出された映像の中から、宙に浮いた5人のシルエットが登場。



近未来的な演出とクラブサウンドで会場はたちまち巨大ダンスフロアと化した。

そして終盤は「新宝島」、「アイデンティティ」等をたたみかけ会場の盛り上がりは最高点に到達、ステージは幕を下ろした。

アルバムリリース前に実施される今回のツアー。初披露の新曲も多数演奏され、6年ぶりとなる待望のアルバムを、上質なサウンドシステムの元いち早く体感できる公演となった。


夏の3大イベントの開催を発表

また、この夏に「SUMMER SONIC 2019」とのスペシャルコラボレーション《NF in MIDNIGHT SONIC》や、愛知での国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」でのパフォーマンス《暗闇 -KURAYAMI-》などを開催することもライブ中に発表された。



現在ツアーと並行してレコーディング中のアルバムの詳細も順次発表される予定で、今後の発表に注目したい

Photo 横山マサト

サカナクションは2005年に北海道で結成された日本のロックバンドである。メンバーは作詞作曲を手掛ける山口一郎(Vo&Gt)を中心に、岩寺基晴(Gt)、草刈愛美(Ba)、岡崎英美(Key)、江島啓一(Dr)の男女5人で構成されている。ライブでは音、映像、照明の演出に魅せられるファンも多く、出演する···

このニュースへのレビュー

このニュースへのレビューを書いてみませんか?

このニュースへのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつのニュースに1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

松下奈緒 東京公演に古内東子、 上地等…

FlowBack初のアーティストブック…