1. 歌詞検索UtaTen
  2. ニュース
  3. バンド
  4. ユニコーン
  5. 映画「引っ越し大名!」の主題歌に ユニコーンの楽曲「でんでん」が決定!

映画「引っ越し大名!」の主題歌に ユニコーンの楽曲「でんでん」が決定!



新曲「でんでん」映画主題歌に決定!

2019年は〈ユニコーン100周年〉を掲げ、現在、7月3・4日の日本武道館公演を含む全国ツアー「ユニコーン100周年ツアー“百が如く”」真っ只中のユニコーン。

【写真を見る】“黄金に輝くユニコーン”が東横線をジャック!

彼らの新曲「でんでん」が、星野源・高橋一生・高畑充希の3名が時代劇映画に初出演することでも話題の映画「引っ越し大名!」(監督:犬童一心)の主題歌に起用されることが決定した。

でんでんの意味は?

この楽曲はユニコーンが映画「引っ越し大名!」のために書き下ろしたもので、彼らにとって映画主題歌は8年ぶり。また「でんでん」という楽曲タイトルは、星野源演じる主人公・春之介の渾名が「カタツムリ」であることに因んでいる。

【歌詞コラム】楽しいばかりがすばらしい日々ではない。ユニコーンが込めたメッセージ

詩も曲も「でんでん」という感じ

原作のファンであることを公言し、作詞を手がけた川西幸一は「もともと時代劇が好きだから、本当は(映画に)出たいくらいだった。脚本も読ませてもらったけどすごく良くて、(春之介に)降りかかってくる運命みたいなものを受け入れて、邁進していく、その努力というのはすごく大事なんだなって思いました」。作詞・作曲を手がけた奥田民生は「『でんでん』という曲を(主題歌に)使ってもらってるんですが、映画の内容を踏まえて、今回は詞から先に書きました。曲も、『でんでん』っていう感じになってます(笑)」とコメント。



幼少の自分に伝えたいほどの感動

また、主演の星野源は「人間と日本と季節を感じる、『引っ越し大名!』にぴったりの素晴らしい主題歌でした。まさか自分の主演映画にユニコーンの皆さんが、しかも奥田民生さん川西幸一さんという大好きなお二人が主題歌を書き下ろしてくださる日が来るとは。月並みな言葉になってしまいますが「UNICORN MOVIE2 1/2」のVHSを擦り切れるほどに観ていた、幼少の自分に伝えてあげたいです。」とコメントしている。

8/30公開に先駆け 予告映像公開

今年3月にアルバム「UC100V(読み:ユーシーヒャクボルト)」がリリースされたばかりのユニコーンから早くも新曲が発表されたのは、ファンならずとも嬉しいところ。また8月30日の公開に先駆け、映画「引っ越し大名!」の本予告映像も公開されており、映画の詳細情報が待ちきれない人はまず、こちらをチェックしていただきたい。

【映画「引っ越し大名!」本予告映像】
映画「引っ越し大名!」予告 90秒 8月30日(金)荷造り開始!

映画「引っ越し大名!」予告 60秒 8月30日(金)荷造り開始!


ユニコーンコメント

・川西幸一
もともと時代劇が好きだから、本当は(映画に)出たいくらいだった。脚本も読ませてもらったけどすごく良くて、(春之介に)降りかかってくる運命みたいなものを受け入れて、邁進していく、その努力というのはすごく大事なんだなって思いました。
・奥田民生
「でんでん」という曲を(主題歌に)使ってもらってるんですが、映画の内容を踏まえて、今回は詞から先に書きました。曲も、「でんでん」っていう感じになってます(笑)。

星野源コメント

人間と日本と季節を感じる、『引っ越し大名!』にぴったりの素晴らしい主題歌でした。まさか自分の主演映画にユニコーンの皆さんが、しかも奥田民生さん川西幸一さんという大好きなお二人が主題歌を書き下ろしてくださる日が来るとは。月並みな言葉になってしまいますが、「UNICORN MOVIE2 1/2」のVHSを擦り切れるほどに観ていた、幼少の自分に伝えてあげたいです。

プロデューサーコメント

江戸時代の壮大な引っ越しに思いを馳せたとき、すっと頭に浮かんだのがユニコーンでした。出来上がった楽曲は「この映画にはこの曲しかない!」と思わせる素敵な曲です。一歩一歩進んで行くしかなかった、当時の“旅”を感じさせる空気を持つ「でんでん」という曲が「引っ越し大名!」を数段持ち上げてくれたと思います!

犬童監督コメント

『ユニコーンが書き下ろしをしてくださることになり、メンバーを前に、「引っ越し大名!」という映画で何をしようとしているのか、お話することになりました。若く新しい世代が、「自分たちのやり方」で、理不尽なできごとを必死に切り抜けて行く姿。その中で、星野源さん演ずる春之介がリーダーとして、人として大きく成長する姿を描きたい」。ストーリーはもちろん、脇役のキャラクターまで一生懸命話しました。皆さんは真剣に聞いてくれました。

終わり近く、奥田さんから、質問がありました。
「映画の最後に聞くこの歌はどんな風に響いて欲しいですか?」

私は、考え、答えました。
「祝福して欲しいです。自分たちのやり方で、最後までやり通した春之介や、若者たちを」

奥田さんは、少し考え静かにうなづきました。そして、生まれたのが「でんでん」。最高です。「目指すは新天地、何もないところ」。なんと、明るくありきたりでない希望を感じさせてくれることか!「引っ越し大名!」とユニコーンの幸福な出会いに感謝です。』


ユニコーン 最新情報

リリース情報

●2019年3月27日 発売!
『UC100V』 (読み:ゆーしーひゃくぼると)


★初回生産限定盤 (CD+DVD)
価格:4,800円(税抜)
品番:KSCL 3137-3138


★通常盤 (CD)
価格:3,000円(税抜)
品番:KSCL 3139


★完全生産限定盤 (アナログ盤)
価格:3,500円(税抜)
品番:KSJL 6205

ライブ情報

●ユニコーン100周年ツアー“百が如く”

4月6日(土) 埼玉:三郷市文化会館 大ホール
4月11日(木) 千葉:市川市文化会館 大ホール 
4月12日(金) 千葉:市川市文化会館 大ホール
4月20日(土) 岩手:盛岡市民文化ホール 大ホール
4月21日(日) 宮城:仙台サンプラザホール
4月28日(日) 長野:ホクト文化ホール
4月29日(月・祝) 新潟:新潟テルサ

5月4日(土) 福岡:福岡サンパレス
5月5日(日) 福岡:福岡サンパレス
5月11日(土) 神奈川:神奈川県民ホール 大ホール
5月12日(日) 神奈川:神奈川県民ホール 大ホール

5月17日(金) 北海道:コーチャンフォー釧路文化ホール
5月19日(日) 北海道:苫小牧市民会館
5月25日(土) 広島:広島文化学園HBGホール
5月26日(日) 広島:広島文化学園HBGホール

6月1日(土) 愛知:アイプラザ豊橋
6月2日(日) 静岡:富士市文化会館 ロゼシアター
6月9日(日) 栃木:那須塩原市黒磯文化会館
6月10日(月) 茨城:茨城県立県民文化センター
6月15日(土) 京都:ロームシアター京都

6月16日(日) 兵庫:神戸国際会館こくさいホール
6月22日(土) 三重:三重県文化会館 大ホール
6月23日(日) 奈良:なら100年会館
6月25日(火) 大阪:岸和田市立浪切ホール

7月3日(水) 東京:日本武道館
7月4日(木) 東京:日本武道館
8月31日(土) 沖縄:宜野湾海浜公園屋外劇場

10月5日(土) 東京:かつしかシンフォニーヒルズ モーツァルトホール
10月12日(土) 広島:呉市文化ホール
10月13日(日) 広島:呉市文化ホール
10月19日(土) 兵庫:あましんアルカイックホール

10月20日(日) 兵庫:あましんアルカイックホール
10月26日(土) 愛知:名古屋国際会議場センチュリーホール
10月27日(日) 愛知:名古屋国際会議場センチュリーホール

11月2日(土) 鹿児島:鹿児島市民文化ホール 第一
11月3日(日) 熊本:市民会館シアーズホーム夢ホール
11月6日(水) 東京:オリンパスホール八王子
11月9日(土) 群馬:ベイシア文化ホール 大ホール
11月15日(金) 北海道:わくわくホリデーホール

11月16日(土) 北海道:小樽市民会館
11月22日(金) 香川:サンポートホール高松 大ホール
11月23日(土) 徳島:鳴門市文化会館
11月29日(金) 山形:やまぎんホール
11月30日(土) 山形:やまぎんホール

12月4日(水) 東京:中野サンプラザホール
12月5日(木) 東京:中野サンプラザホール
12月7日(土) 石川:本多の森ホール
12月8日(日) 富山:オーバード・ホール
12月16日(月) 大阪:フェスティバルホール
12月17日(火) 大阪:フェスティバルホール

◎UCFC ビジーファイブ先行
受付期間:3月4日(月)12:00~3月17日(日)23:59
▷受付URL
※お申し込みには『UCFC ビジーファイブ』会員登録(有料)が必要です。

《UCFC ビジーファイブ先行特典》
"UCFCデザインチケット"を"UCFC×SMA☆TICKETオリジナル封筒"にて郵送でお届け!
※別途デザインチケット郵送料+手数料で800円が必要です。
※デザインチケットをご希望でない場合は、ファミマ発券を選択してください。

★詳細はSMA☆TICKETにてご確認ください。

●詳細内容(一部)
7月3日(水)
時間:OPEN17:30 / START18:30
東京:日本武道館

7月4日(木)
時間:OPEN17:30 / START18:30
東京:日本武道館

8月31日(土)
時間:OPEN17:00 / START18:00
沖縄:宜野湾海浜公園屋外劇場
w/MONGOL800
※雨天決行・荒天中止

【チケット料金】
・7月3日(水)、7月4日(木) 日本武道館公演
→指定席:8,500円(税込)

・8月31日(土) 沖縄公演
→指定席:8,500円(税込) 、
→芝生エリア立見・整理番号付:7,900円(税込)

【チケット一般発売日】
7月3日(水)、7月4日(木) 日本武道館公演:5月18日(土)
8月31日(土) 沖縄公演:4月27日(土)

※10月5日(土) かつしかシンフォニーヒルズ モーツァルトホール公演以降の詳細は後日発表となります。

ユニコーン Profile

1986年に広島で結成。翌1987年にメジャーデビュー。1989年のアルバム『服部』でABEDONが正式加入してからは、全員が楽曲制作に携わりボーカルも取るようになる。

また、担当以外の様々な楽器も使いこなすフレキシブルなスタイルで、独自の路線を突き進む。『大迷惑』『働く男』『雪が降る町』『すばらしい日々』など、名作と呼ばれつつもイマイチ売上に繋がらなかった数々の曲を残して1993年9月に解散。

解散後は、バンドやソロでそれぞれが活動していたが、2009年年始に突如、再始動を発表。シングル『WAO!』で鮮烈な復活を果たし、名作アルバム『シャンブル』を発表、大成功をおさめた。

その後も、アルバムリリースや全国ツアーなど、コンスタントに活動。ライブでは、圧巻のステージを見せたかと思えば、独特の寸劇が始まったりするなど、個性豊かな5人の異才達からなる、日本を代表する唯一無二のロックバンドである。

2019年は「ユニコーン100周年」としてニューアルバム『UC100V』のリリースと、全国50公演ツアー“百が如く”の開催を予定し、「働き方改楽 なぜ俺たちは楽しいんだろう」を推進する。

【オフィシャルSNS】
Instagram
facebook
Twitter
●ユニコーン100周年特設サイト

人間椅子、8分越えの新曲「無情のスキャ…

みゆはん、横浜流星が美しい涙を流す・・…