1. 歌詞検索UtaTen
  2. ニュース
  3. J-POP
  4. シーナ&ロケッツ
  5. シーナ&ロケッツ、7インチ・アナログ 「レモンティー」のアンコール・プレス盤登場!

シーナ&ロケッツ、7インチ・アナログ 「レモンティー」のアンコール・プレス盤登場!



完全生産限定盤!「レモンティー」

2018年11月に初めて7インチ・アナログ化されたシーナ&ロケッツの代表曲「レモンティー」が、約1週間で完売。

この度、アンコール・プレスで再発売される。



【歌詞をみる】Sheena & The Rockets『LEMON TEA』



ファースト・プレス盤が、バーニー・グランドマンによるカッティング、オランダ・プレス盤だったのに対して、アンコール・プレス盤は、ソニーミュージック自社一貫生産(カッティング、スタンパー製造、プレス)となる。

アートワークも若干の変更となり、海外盤と国内盤の音の違いも聴き比べて楽しんで欲しいジャパン・エディションとなる!
完全生産限定盤。

UtaTen編集部の注目ポイント!

シーナ&ロケッツの代表曲「レモンティー」は1981年リリースのコンピレーションアルバム『スネークマンショー』のみに収録。オリジナルアルバムに収められることも、シングルカットもされなかった。

その後、2018年11月になってファン待望の初アナログ化がされ、瞬く間に完売となった逸話があるこの曲。

意味ありげでどこか魅力的な歌詞は今も昔もファンを惹き付けているのでしょう。
皆さんもぜひ歌詞をチェックしてみては?

◆Member◆ 鮎川 誠(Vocal, Guitar/福岡県久留米市出身) シーナ(Voclal,Tambourine/北九州市若松出身) 奈良 敏博(Bass/福岡県福岡市出身) 川嶋一秀(Drums/福岡県福岡市出身) 鮎川誠、シーナを中心に結成。2017年11月23日に結成40年を迎える。 1978年にエルビス・コステロの前座···

このニュースへのレビュー

このニュースへのレビューを書いてみませんか?

このニュースへのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつのニュースに1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

シーナ&ロケッツ 最新情報

リリース情報

シーナ&ロケッツ LEMON TEA -Japan Edition-
SideA:レモンティー
SideB:オマエガホシイ

・6月19日発売
・MHKL 19
・7インチ・アナログ盤
・\1,800+税
・ソニー・ミュージッツクダイレクト/GREAT TRACKS

シーナ&ロケッツ Profile

◆Member◆
鮎川 誠(Vocal, Guitar/福岡県久留米市出身)
シーナ(Voclal,Tambourine/北九州市若松出身)
奈良 敏博(Bass/福岡県福岡市出身)
川嶋一秀(Drums/福岡県福岡市出身)

鮎川誠、シーナを中心に結成。2017年11月23日に結成40年を迎える。

1978年にエルビス・コステロの前座としてデビューした際のオリジナルメンバー 奈良敏博(B)、川嶋一秀(Dr)と共に現在もエネルギッシュなライブ活動を続けている。初ステージ以来、一度も立ち止まることなく常に時代の中で革新的な存在であり、その活動のブレのなさにおいても日本のロツクシーンで抜群の信頼感、存在感を誇る。

1978年10月にシングル「涙のハイウェイ」でデビュー。

1979年10月に2ndアルバム「真空パック」をYMOプロデュースでリリースし、その後も「ユー・メイ・ドリーム」「ピンナップ・ベイビー・ブルース」など数々の名曲を発表する。初ステージ以来、今日まで一切のブランクがなく活動し続け、2017年の11月23日に40周年を迎える。

1978年にエルビス・コステロの前座としてデビューした際のオリジナルメンバー 奈良敏博(B)、川嶋一秀(Dr)と共に現在もエネルギッシュなライブ活動を続けている。

最初にやりたかった事が今も一番やりたい事だと鮎川誠はよく語るが、ロックが出来るところならどこにでも行く、どこでもやるというフットワークの軽さは、鮎川が69歳になる今もまったく衰えることはない。

2014年に最新アルバム『ROKKET RIDE』を発売。2014年7月に発表したシーナ&ロケッツの18枚目の最新アルバム「ROKKET RIDE」はロング・セールスを記録中。

2016年シーナ&ロケッツのシーナとの出会いから、シーナ&ロケッツ結成秘話、これまでの生き方について語ったロングインタビュー本「シーナの夢」(西日本新聞社)を刊行。またそのロングインタビューを放送したCROSS FM「HAPPY HOUSE」は、日本放送文化大賞グランプリを受賞。2018年3月NHK福岡がシーナ&ロケッツの半生をドラマ化。(3/2夜7:30放送)

2015年2月14日シーナが病により急逝するも、鮎川誠はシーナのロックンロールハートを胸に抱いて走り続ける。オリジナルメンバーの奈良(B)、川嶋(Dr)を従えて全曲鮎川誠ボーカルにてシーナ&ロケッツを続行し、昨年11月には47都道府県ツアーを全県踏破して40周年目に突入した。

オフィシャルサイト
シーナ&ロケッツ スペシャルサイト
http://www.110107.com/sheena_and_the_rokkets

シーナ&ロケッツオフィシャルサイト
シーナ&ロケッツ Facebook
シーナ&ロケッツTwitter
SPEEDSTAR RECORDS

yellでUtaTenとのコラボイベン…

ドラマチックアラスカ、ラジオへの想いを…