1. 歌詞検索UtaTen
  2. ニュース
  3. アニメ・声優
  4. 小林幸子
  5. 「ミュウツーの逆襲」主題歌を小林幸子と中川翔子が小学生と歌唱!

「ミュウツーの逆襲」主題歌を小林幸子と中川翔子が小学生と歌唱!



『風といっしょに』を小林幸子&中川翔子と歌う小学生が選ばれる!

2019年7月12日(金)公開「ミュウツーの逆襲 EVOLUTION」の主題歌『風といっしょに』を、小林幸子&中川翔子といっしょにうたう“ポケモンキッズ2019”のメンバーに、男の子2名・女の子5名、合計7名の小学生が選ばれた。

彼女らは、1,000名近くの応募者から一般公募で選ばれたメンバーで、その真ん中に立つのは、最年少・小学1年生(6歳)のはんなちゃん。


亀田誠治をはじめとするオーディション審査員が、その歌声に惚れたことをきっかけに、楽曲の歌いだし「歩きつづけて どこまで ゆくの? 風に たずねられて たちどまる」の歌唱部分を、ひとりでうたうシンデレラガールに大抜擢された。

“ポケモンキッズ2019”のメンバーは、今後、今作の映画・音楽にまつわる活動に参加し、テレビ番組やイベント会場で『風といっしょに』をいっしょにうたうことが決定している。


「ミュウツーの逆襲 EVOLUTION」は今世紀の超大作!

この夏1番の超大作との呼び声高い「ミュウツーの逆襲 EVOLUTION」 は、1998年に公開されたポケモン映画第1作「劇場版ポケットモンスター ミュウツーの逆襲」をフル3DCG映像によって新たに描いた作品。

当時の主題歌でもあった『風といっしょに』は、子どもたちに夢と感動を与え、ポケモンファンのみならず、いまだにアニメソングとして伝説の神曲と謳われており、亀田誠治によるプロデュースで新たに生まれ変わった今作では、当時子ども世代だった中川翔子が歌唱に加わる形となっている。

また、『風といっしょに』発売記念 <ポケだちツアー>も日本全国にて開催中。「子どもたちに歌で夢を届けたい!」という想いとともにしょこたんが全国の“ポケだち”に会いにいくので、ぜひお近くの会場に足を運んでみよう。


小林幸子コメント

21年前に歌わせてもらった『風といっしょに』。その当時、聴いてくれていた子供代表のような存在の、中川翔子ちゃん。

さらに今を生きている子供代表として“ポケモンキッズ2019”のみんな、6歳のはんなちゃんが一緒に歌うということが、この『風といっしょに』という曲が、世代を超え、時代を繋ぐ役割をも果たしている存在に感じました。

今回1,000名近い中から選ばれた6歳のはんなちゃんの歌声は、10歳でデビューした自分を思い出させました。透明感があり、伸びやかな声、純粋に「ポケモン」が好きな心が伝わり、「しょこたん2世」とも思わせる雰囲気がありました。

はんなちゃんにも、しょこたんのように「ポケモンの歌」歌い継いでいって欲しいです。

中川翔子コメント

ポケモン第1世代の私が、ポケモンを好きになって、幸子さんの『風といっしょに』を聴いて、沢山の夢と幸せを見つけることができる大人になりました。

そして今回、今と未来を生きる子供の声が入って、生まれ変わった『風といっしょに』。

21年前にはじまった夢が、令和元年に繋がって広がっていくポケモンの輪。
受け継がれていく喜びと素晴らしさを実感しています。

亀田誠治コメント

いつだって時代を切り拓くのは子ども達です。
この「ミュウツーの逆襲 EVOLUTION」で歌われる小林幸子さんと中川翔子さんの『風といっしょに』が、今に輝き、そして次の時代に歌い継がれていくことを祈って、個性豊かで多様性にあふれる子ども達を、“ポケモンキッズ2019”としてコーラスに迎えました。

1人1人の笑顔、伸びやかな歌声、緊張した表情、そのすべてが宝物です。
そんな子ども達のくれた尊いチカラを、僕は『風といっしょに』に託したのです。



ポケモンキッズ2019”とは?

7月12日(金)公開「ミュウツーの逆襲 EVOLUTION」の主題歌『風といっしょに』を、小林幸子&中川翔子といっしょにうたう、1,000名近くの応募者から一般公募で選ばれた、男の子2名・女の子5名の小学生7名。

その真ん中に立つのは、最年少・小学1年生(6歳)のはんなちゃん。
亀田誠治をはじめとするオーディション審査員が、その歌声に惚れたことをきっかけに、楽曲の歌いだし「歩きつづけて どこまで ゆくの? 風に たずねられて たちどまる」の歌唱部分を、ひとりでうたうシンデレラガールになった。

“ポケモンキッズ2019”のメンバーは、今後、今作の映画・音楽にまつわる活動に参加し、テレビ番組やイベント会場で『風といっしょに』をいっしょにうたうことが決定している。

▼以下、メンバー7名

はんな(6歳・小学1年生)
みなと(8歳・小学2年生)
さら(9歳・小学3年生)
ゆうり(9歳・小学3年生)
はるこ(9歳・小学4年生)
あかり(10歳・小学5年生)
ももか(10歳・小学5年生)

21年越しに帰ってきた!

<UtaTen編集部からのコメント>
ポケモン映画1作目の名作「劇場版ポケットモンスター ミュウツーの逆襲」が21年越しに帰ってきました!公開から20年!今なお最高傑作といわれる『ポケモン ミュウツーの逆襲』は何がすごいのか?

それは、大人の鑑賞にも耐えうるストーリー性が魅力の一つかと思います。なんといってもテーマが重いのです。

メインキャラクターとして登場する「ミュウツー」は、一人の科学者が既存の「ミュウ」の遺伝子を組み替えて作りだしたと言われています。

そして人工的に生まれた「ミュウツー」が、同じく既存のポケモンから人工的に作られたコピーポケモンたちを率いて、人間たちに敵対心を抱き、牙を向くという物語となっています。

これは現実の問題として、存在するクローン技術やAIに対する倫理的な課題への問いかけとしても受け取ることができるのではないでしょうか。

また同じ生物でありながら、存在に一線を引かれるという点で“差別”問題を扱った作品でもあり、それは後に脚本を務めた首藤剛志氏からも明言されています。

これはポケモン映画の中でも随一の社会派といえるテーマの作品だと思います。

そして今回、そんな大作ともいえる「ミュウツーの逆襲 EVOLUTION」の主題歌に、1000人近くの一般公募から男の子2名・女の子5名、合計7名の小学生が選ばれました!

その中でも、最年少・小学1年生(6歳)のはんなちゃんは、小林幸子さんが大絶賛だったとか。
これはかなり気合を入れているように感じますね。

期待値が高鳴る最新作「ミュウツーの逆襲 EVOLUTION」。ぜひ会場に足を運んでみてください!

このニュースへのレビュー

このニュースへのレビューを書いてみませんか?

このニュースへのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつのニュースに1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

相対性理論 初のライブアルバム『調べる…

Rocket Beatsプロデュース次…