1. 歌詞検索UtaTen
  2. ニュース
  3. J-POP
  4. the engy
  5. 京都発 最注目バンド the engyがSPイベントに登場!

京都発 最注目バンド the engyがSPイベントに登場!



最注目バンド the engy!!

the engyが7/28日(日)にhotel koe tokyoで開催されたイベント「RAIZIN ×koe スペシャルサマーナイト」に出演。炭酸飲料RAIZIN(ライジン)が強力プッシュする気鋭の若手アーティストとしてtofubeats、fujii yusuke、kameらと共に出演した。


フロアは超満員!

Apple Music“今週のNEW ARTIST”、Spotifyの公式プレイリストに複数取り上げられるなど、注目度が増しているthe engy。日曜日の夜にも関わらず、彼ら目当てのオーディエンスでフロアは身動きが取れないほどの超満員となっていた。

一曲目は、あの曲!

颯爽とステージに登場し、1曲目に披露されたのは「Stay where you are」。蒸し暑さを吹き飛ばすような清涼感あるサウンドと小気味良いリズムにオーディエンスの体も自然と揺れはじめる。

端切れの良いギターリフが印象的な「Say it」、美しいメロディと山路のアグレッシブなラップが交錯する「Under the water」、ヘヴィなHIP HOPナンバー「When you're with me」が立て続けに披露され会場はヒートアップ。MCではイベントのスポンサーである大正製薬の有名なCMでのフレーズ「鷲のマークの大正製薬」をコール&レスポンスさせるなどユーモアある一面も見せた。

MC後は雰囲気が一変。必要最小限の音で構築された山路のソウルフルな歌声が光る「Found myself」、壮大で優しいバラード「Modern slip」(未発表)が披露され、バンドとしての振り幅を見せつけた。

後半につれ、どんどん熱くなる。

そしてライブ終盤、現在配信中の最新楽曲「Touch me」のイントロが鳴ると再び会場は再びヒートアップ。

クラブ・ミュージック然としたトラックとロックバンドのサウンドが絶妙に絡み合う今作はバンドの真骨頂といえる。会場の外には通りすがりの人々が次々と足を止め、多くのオーディエンスを虜にした。



ラストは彼らの代表曲「She makes me wonder」。シンガロングで会場が一体となりこの日のライブは幕を閉じた。

8/28(水)にニューデジタルシングル「Still there?」がリリースされることも発表されているthe engy。ますます彼らから目が話せない。



公演概要

7/28 (sun)開催!
RAIZIN ×koe スペシャルサマーナイト

セットリスト

1.Stay where you are
2.Say it
3.Under the water
4.When you're with me
5.Found myself
6.Modern slip(未発表)
7.Touch me
8.She makes me wonder

京都発。山路洸至(Vo,Gt,Prog)と濱田周作(Ba)、境井祐人(Dr) 、藤田恭輔(E.Gt,Cho,Key) の4人からなるロックバンド。 山路のスモーキーかつブル̶ジ̶な歌声とソウル、ヒップホップ、ダンスミュージック、エレクトロニックなどあらゆるジャンルを取り込みつつ緻密に構築されたトラックメイクとロッ···

このニュースへのレビュー

このニュースへのレビューを書いてみませんか?

このニュースへのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつのニュースに1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

the engy 最新情報

リリース情報


●2019.10.30 Release
メジャー1stミニ・アルバム「Talking about a Talk」

★初回限定盤
品番:VICL-65257

【CD収録曲】
1.At all
2.Still there?
3.Sick enough to dance
4.In my head
5.Touch me
6.Hey
7.I told you how
8.Have a little talk

Bonus Track
Sick enough to dance[Pf ver.]

★通常盤
品番:VICL-65258

【CD収録曲】
1.At all
2.Still there?
3.Sick enough to dance
4.In my head
5.Touch me
6.Hey
7.I told you how
8.Have a little talk

配信情報

ストリーミングサービスおよびiTunes Store、レコチョク、moraなど主要ダウンロードサービスにて配信中!

※音楽ストリーミングサービス:Apple Music、LINE MUSIC、Amazon Music Unlimited、AWA、KKBOX、Rakuten Music、RecMusic、Spotify、YouTube Music
※ミュージックビデオはApple Music、YouTube Music、RecMusic、dTVでご覧いただけます。
▷配信はこちら

▷Major1st Mini Album「Talking about a Talk」
▷Digital Single「Still there?」
▷Digital Single「Touch me」

ライブ情報

●JANUS fabulous

日程:2020.01.10 (Fri)
会場:心斎橋 JANUS
時間:18:30 Open / 19:00 Start

act : Attractions / the engy / No Buses
DJ : DAWA

【チケット】
Adv. 3000円 / Door 3500円(共にdrink別)
チケット発売中 JANUS店頭・ぴあ・ローソン・e+・LINE TICKET・FLAKE RECORDS


●OTOEMON FESTA 2020 supported by Eggs
LIVE SQUARE 2nd LINE

2020/3/19(木)、20(金・祝)、21(土)、22(日)

<第1弾出演アーティスト>
EASTOKLAB / UMEILO / osage / ザ・モアイズユー / the engy / the shes gone / ヤユヨ / Half time Old

チケット情報、イベント詳細はこちらから

the engy Profile

京都発。山路洸至(Vo,Gt,Prog)と濱田周作(Ba)、境井祐人(Dr) 、藤田恭輔(E.Gt,Cho,Key) の4人からなるロックバンド。

山路のスモーキーかつブル̶ジ̶な歌声とソウル、ヒップホップ、ダンスミュージック、エレクトロニックなどあらゆるジャンルを取り込みつつ緻密に構築されたトラックメイクとロックサウンドが特徴。

2017年5月に自主制作盤1st Ep「theengy」を発売。未流通の自主制作盤ながら耳の早いバイヤーがYouTubeなどで楽曲をキャッチし、 コアな専門店やアパレル店などで取り扱いされ関西を中心にジワジワと存在感を増しいく。

2019年には「Touch me」(6/12配信)、「Still there?」(8/28配信)と配信シングルを立て続けにリリースしApple Music「今週のNEWARTIST」への選出、Spotifyでは国内外複数のプレイリストに取り上げられるなど更に注目度を上げている。

▷the engy Twitter
▷the engy instagram
▷the engy YouTube公式チャンネル

フラワーカンパニーズ、草彅剛主演映画『…

キツネツキ「キツネノナミダ」発売記念初…