1. 歌詞検索UtaTen
  2. ニュース
  3. バンド
  4. パノラマパナマタウン
  5. パノラマパナマタウン、AL「GINGAKEI」詳細解禁!宇宙がモチーフの衝撃新ビジュアルも!

パノラマパナマタウン、AL「GINGAKEI」詳細解禁!宇宙がモチーフの衝撃新ビジュアルも!



ミニアルバム「GINGAKEI」の詳細解禁

パノラマパナマタウンが11月13日(水)にリリースするミニアルバム「GINGAKEI」の詳細を解禁した。

今作は既に配信リリースされている「ずっとマイペース」「HEAT ADDICTION 〜灼熱中毒〜」と9月28日(土)から配信開始となったアルバムのリードトラック「Dive to Mars」を含む全7曲入りのミニアルバム。

前作「情熱とユーモア」から9ヶ月の早さでのリリースとなる。

パノラマパナマタウン流に昇華した意欲作

アルバムタイトルには、それぞれの人間の個性が光る空間を銀河系になぞらえ「GINGAKEI」規模で生きていこうという意味が込められており、ロックやラップだけでなく、エレクトロな電子音や音源サンプリングなど自分たちが愛する音楽をパノラマパナマタウン流の楽曲に昇華した意欲作となっている。

メンバー手染めTシャツ付きも!

また、前作「情熱とユーモア」に引き続き今回も限定のTシャツ付き受注生産限定盤の発売も決定。今回は「手染め」の「GINGAKEIに1枚だけ」のTシャツが付いてくる。


メンバーが受注生産で1枚1枚GINGAをモチーフにしたタイダイ染めを施すレアなTシャツとなり、こちらは10月1日よりタワーレコード、HMV、amazon、アスマートにて申し込みを受付開始。10月15日(火)までの予約となる為、早めに予約をしてほしい。

「GINGAKEI」のジャケ写公開

さらにアルバム詳細の解禁に合わせ「GINGAKEI」のジャケット写真と新たなアーティスト写真が公開された。

今回はTHINGS.のTakasuke Katoがアートディレクションを担当。「GINGAKEI」をテーマにした壮大なビジュアルに仕上がっている。

また、ジャケットには各楽曲のモチーフとなるものが随所に散りばめられており、ユニークな画像となっているので、細かい部分まで楽しんでほしい。



Vo.岩渕想太コメント

ある期間、頭の中にしつこく「GINGAKEI」って言葉が何度も浮かびました。
酔っ払って帰った夜や、長ったらしい文章の書き終わりなどにです。
これは「GINGAKEI」という作品を作らなければと、
宇宙をテーマに、今回のアルバムを作りました。

どんな人間の中にも「GINGAKEI」があります。
どうとでも動かせる超広大な空間があります。
人の目も、他人の噂話も全部忘れて、地球よりでっかいスケールで生きていこう。
プシューッ


福岡、広島、大阪、神戸と、それぞれ出身の異なる4人が、神戸大学の軽音楽部で集まり、結成された4ピースオルタナティヴロックバンド。 2014年冬に結成の後、2015年には、ロッキング・オンが主催する「RO69JACK」でグランプリを獲得し、「ROCK IN JAPAN FESTIVAL」へ初出演。「バンドで食って···

このニュースへのレビュー

このニュースへのレビューを書いてみませんか?

このニュースへのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつのニュースに1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

ナナヲアカリ「イエスマンイズデッド」が…

amHALL、クラウドファウンディング…