1. 歌詞検索UtaTen
  2. ニュース
  3. バンド
  4. AKIHIDE
  5. BREAKERZギタリスト、AKIHIDE 2/11ヒューリックホール 東京公演レポート!

BREAKERZギタリスト、AKIHIDE 2/11ヒューリックホール 東京公演レポート!



7thアルバム「星飼いの少年」を巡る旅の最終地としてのステージ

ガットギター、ウッドベース、パーカッションというシンプルな構成で制作された7thアルバム「星飼いの少年」を巡る旅の最終地として、HULIC HALL TOKYOのステージに立ったAKIHIDE。

「AKIHIDE MUSIC THEATER -星の還る場所-」と名付けられたこの日のライブは、アルバムのために制作されたアートワークや衣装、コラージュギターを始め、過去のアート作品が会場に展示された。

訪れた観客たちは、開演の時間までAKIHIDEのアートの世界を間近で感じることができた。 





AKIHIDEの朗読からステージスタート!


そんななか、AKIHIDEによる朗読からステージがスタート。「ようこそ。星の還る場所へ」という言葉に続いてインスト・ナンバー「星飼いの少年」が奏でられると、その後も流れ星のようにキラキラとしたサウンドが観客に降り注ぐ。

AKIHIDEのギターのアルペジオと、歌うように奏でられる砂山淳一のウッドベース。

様々な音が幻想的に響く豊田稔のパーカッションが印象的だった『おもひで流星群』や、AKIHIDEがかつて在籍していたバンド・NEVER LANDのカバー曲『赤い糸』、観客たちのクラップも楽器の一部となった『どんぐり』。

「皆さんの笑顔は僕にとって星です。どんなに暗い夜でも、皆さんという星が道しるべとなって進んで行くことができます」という言葉に導かれてスタートした『星追いの少女』など、本編では全12曲を披露。

新曲も披露!


またアンコールでは、開放感溢れるサウンドに乗せて“君の帰る場所はいつだってここにある”と優しく歌われる新曲『星の還る場所』もサプライズでお披露目され、この日一番の穏やかな笑顔でAKIHIDEはステージをあとにした。

2019年秋に独奏でスタートした一連のステージも、この日をもって完結。

2人の素晴らしいミュージシャンとの音楽の旅を経て表現者として成長を遂げたAKIHIDEは、これからも様々なメッセージを胸に、音楽で物語を紡いでいく——。

Text:池村 季子
Photo:達川 範一(Being)

2020.2.11 ヒューリックホール 東京 セットリスト

AKIHIDE MUSIC THEATER -星の還る場所-

01.星飼いの少年
02.おもひで流星群
03.美しい瞳
04.黒い白鳥
05.目眩
06.待雪草
07.赤い糸
08.最初の晩餐
09.どんぐり
10.涙の海、越えて
11.ありふれた物語
12.星追いの少女
======================
en1. 朝顔のマーチ
en2. 青空
en3. 星の還る場所 ※新曲

■Total Information AKIHIDE Official Site  http://akihide.com AKIHIDE Official Twitter  https://twitter.com/AKIHIDE_RAINMAN BREAKERZ Official Site http://breakerz-web.net/ BREAKERZ Official Twitter:@BRZofficial0725 http://twitter.com/BRZofficial0725 BREAKERZ Off···

▷AKIHIDE Official Site  ▷AKIHIDE Official Twitter  ▷BREAKERZ Official Site  ▷BREAKERZ Official Twitter  ▷BREAKERZ Official Facebook

このニュースへのレビュー

このニュースへのレビューを書いてみませんか?

このニュースへのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつのニュースに1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

ときめき♡宣伝部、2月26日(水)発売…

シンガーソングライター”果歩“自主企画…