1. 歌詞検索UtaTen
  2. ニュース
  3. J-POP
  4. 幾田りら
  5. 幾田りら(YOASOBI・ikura)がNetflix映画『フェイフェイと月の冒険』日本語版EDを担当!

幾田りら(YOASOBI・ikura)がNetflix映画『フェイフェイと月の冒険』日本語版EDを担当!



Netflix映画日本語版EDを担当

各種配信チャートで1位を席巻し、今熱い注目を集めている“小説を音楽にするユニット”YOASOBIのボーカルikuraとしても活動。

アコースティック・セッション・ユニット“ぷらそにか”にも参加しているシンガーソングライター幾田りら。

そんな彼女が、2020年10月23日(金)よりNetflix独占配信する映画『フェイフェイと月の冒険』の日本語版エンド・クレジット・ソングを担当することが決定した!


キーン監督も歌声を絶賛

本作は、ディズニー・アニメーション『美女と野獣』『アラジン』『塔の上のラプンツェル』などを手掛けてきた伝説のアニメーター、グレン・キーンが初の長編監督を務める、夢と感動のファンタジー・アドベンチャー。

キーン監督も歌声を絶賛、楽曲の日本版タイトル「ロケット・トゥ・ザ・ムーン~信じた世界へ~」のタイトルは幾田が命名した。

楽曲は、各種音楽配信サイトにて2020年9月25日(金)より配信スタートする。



【映画概要】
◆Netflix映画『フェイフェイと月の冒険』
配信日:2020年10月23日(金)よりNetflixにて独占配信開始

▲予告編

<あらすじ>
物心ついた頃から、今は亡き母が語る“月には女神がいる”という伝説を信じ続けてきたフェイフェイ。

科学が大好きな彼女は、家族を巡る様々な悩みを抱えつつも《月の女神の伝説》を証明するために自らの手で宇宙船を作り、ウサギのバンジーとともに月へと向かうことを決意します。

そしてたどり着いた月の世界。そこには不思議な王国や幻想的な生き物、そして思いがけない冒険が待ち受けていた―。

家族の影響で幼い頃から音楽に触れ、次第にシンガーソングライターへの道を志す。 小学6年生からギター弾き語りで作詞作曲を始め、2016年より本格的に活動をスタートする。 2017年7月より、ソロ活動に並行しアコースティックカバーセッションユニット「ぷらそにか」のメンバーとしても活動を···


リリース情報


●2020年9月25日(金)配信スタート
「ロケット・トゥ・ザ・ムーン~信じた世界へ~」

Netflixオリジナル映画『フェイフェイと月の冒険』日本語版エンド・クレジット・ソング

このニュースへのレビュー

このニュースへのレビューを書いてみませんか?

このニュースへのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつのニュースに1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

CUBERS末吉9太郎、オタク人生最大…

フレデリック、New EP「Wake …