1. 歌詞検索UtaTen
  2. ニュース
  3. バンド
  4. サカナクション
  5. サカナクション、TOYOTA新車ヤリス クロス新CMのために新曲を書下ろし!

サカナクション、TOYOTA新車ヤリス クロス新CMのために新曲を書下ろし!



9/19より新CMのOAスタート

9月19日(土)より順次全国で放映されるTOYOTAヤリスクロスの新CM「CROSS for」篇に、サカナクションが新曲を書き下ろした。

楽曲はこのCMのために打ち合わせを重ねて作られたもので、2019年6月にリリースされたアルバム「834.194」以来の新曲となる。

今回CMの中で聴けるのは30秒までだが、POPで跳ねるようなメロディラインに期待は高まる。

CM映像は、車の映像だけではなく、ファッショナブルで都会的な洗練されたグラフィックを中心としており、これまでにないスタイリッシュさを感じられる映像になっている。

CMはトヨタ公式YouTubeでも公開。

なお、現在レコーディングは継続中で、今後順次、楽曲名や楽曲の全容も発表していく予定だ。

無観客オンラインライブ「SAKANAQUARIUM光」も、その内容の先鋭性から多数のメディアに取り上げられるなど、常に最先端の表現が注目を集めるサカナクション。

今後の発表にご注目いただきたい。 


山口一郎(サカナクション)コメント

トヨタのヤリスクロスという車が持つ魅力。

それを伝えるCMにミュージシャンとして関われたことを非常にうれしく感じております。

ただ単純に楽曲を提供するというだけではなく、丁寧にミーティングを重ね、車のコンセプト、それを伝えるCMの意図などを確認しながらメンバー一丸となって制作できた事は、サカナクションというバンドにとっても非常に重要な時間でした。

「作る」という楽しさ、大切さをこのヤリスクロスをきっかけに感じ取れた事に、本当に感謝しております。

ありがとうございました。

CMの見どころ

ヤリスクロスというクルマの広告でありながら、ファッション誌を見ているような感覚の映像になるようにこだわりました。

ヤリスクロスは、都会の街中に溶け込むデザイン、好奇心を満たす高いユーティリティ性と走行性など、シーンを選ばないクルマです。

性別、年齢に関わらず、多種多様なライフスタイルに合う、これからの時代のクルマであることを「CROSS for」という言葉とともにファッショナブルに訴求しました。

「気になったら、ぜんぶやる。」というコピーには、正解のわからない時代に、自分の感覚を信じて動く、というメッセージが込められています。

2005年に活動を開始し、2007年にメジャーデビュー。 日本の文学性を巧みに内包させる歌詞やフォーキーなメロディ、ロックバンドフォーマットからクラブミュージックアプローチまでこなす変容性。 様々な表現方法を持つ5人組のバンド。全国ツアーは常にチケットソールドアウト、出演するほとん···

このニュースへのレビュー

このニュースへのレビューを書いてみませんか?

このニュースへのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつのニュースに1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

04 Limited Sazabys、…

ベリーグッドマン、国内最大級のドライビ…