1. 歌詞検索UtaTen
  2. ニュース
  3. J-POP
  4. YOASOBI
  5. 主題歌「YOASOBI」が彩る、映画「たぶん」予告編&ビジュアル解禁

主題歌「YOASOBI」が彩る、映画「たぶん」予告編&ビジュアル解禁

1枚目のニュース画像です

原作小説「たぶん」を原案にしたオリジナルストーリー

若い世代を中心に爆発的な人気を誇っている“小説を音楽にするユニット”YOASOBI。

2019年11月に公開された第一弾楽曲「夜に駆ける」はBillboard Japan Hot 100やオリコン週間合算シングルランキングで複数週にわたって1位を獲得し、ストリーミング再生回数は2020年9月に2億回を突破。

第二弾楽曲「あの夢をなぞって」は原作小説がコミカライズ、第三弾楽曲「ハルジオン」は飲料や映像作品とのコラボレーションを果たし、7月20日に第四弾楽曲「たぶん」、そして9月1日にCMソングとしても起用されている「群青」をリリース。

さらに双葉社から発売になったYOASOBI初の紙書籍「夜に駆けるYOASOBI小説集」は初版35,000部からスタート、各種ランキングでも上位に食い込み、発売一週間で重版が決定、ますます活躍の幅を広げている。

その小説集にも収録されているYOASOBI第四弾楽曲の原作小説「たぶん」(しなの 著)を原案としたオリジナルショートストーリーが誕生!!


当たり前が当たり前じゃなくなった今を描く

▲映画「たぶん」予告(60秒ver.)

大学生カップルで同棲をしていたが気持ちのズレを感じ、別れを選んだササノとカノン、夏の大会が自粛で中止となってしまった高校サッカー部員・川野とマネージャー・江口、そして社会人で恋人同士だがお互いの気持ちに応えられなくなっているクロとナリ。

新星個性派キャストが紡ぐ3組の男女の“最も切ない別れ”と“新しい一歩”の物語を主題歌となるYOASOBIの「たぶん」が切なく彩る。

3組の男女に訪れた別れと、それぞれが歩む新しい選択を切なく映し出す予告編とビジュアルが解禁。

解禁される予告編ではササノがカノンと同棲していた部屋から、荷物をまとめ「お邪魔しました、元気で。」と早々と立ち去る場面から始まり、原案となった小説「たぶん」のシーンを彷彿とさせる。

そして主題歌YOASOBIの「たぶん」に乗せて“最も切ない別れ”を迎える【ササノとカノン】、【川野と江口】、【クロとナリ】の3組の男女が映し出されていく。

描かれるのは、新しい生活様式を余儀なくされた今。

「たぶん」の音楽が止まると同時に現れる「新しい時代の 新しい選択」は、変化する時代に今まで通りの関係ではいられなくなった6人を表す。

直接会うことが憚れる中、お互いの気持ちが伝わりにくい状況で別れが訪れる。

6人はどのような新しい選択をするのか気になるところで、最後はササノの「これで僕たちは前に進める。」という印象的な言葉と涙で締めくくられる。

また、同じく解禁となるビジュアルでは、記載されているキャッチコピーの「曖昧な言葉の中にある、確かな気持ち」を確認しているかのような表情を浮かべる、3組の男女の姿が捉えられている。

当たり前が当たり前じゃなくなった今。

誰もが経験する<新しい時代の、新しい選択>。

映画「たぶん」が描くのは曖昧な言葉の中にある確かな気持ち。

この秋、最も切ないショートストーリーに期待してほしい。



登場する3組の男女

【ササノとカノン】
大きな物音で目覚めるカノン。別れたササノが部屋を整理しに帰ってきていた。

同棲を始めた時、「私たちは変わらない」そう思っていたのに些細なことで少しずつ“ズレ”を感じ、別れを選んだ二人。

大学はオンライン授業になり、就職活動を控える中、将来を真剣に考えるカノンと楽観的なササノ。

どうしてこうなったの?悪いのは彼なのか、私なのか。たぶん……。

【川野と江口】
サッカー部の川野とマネージャーの江口はビデオ通話をしていた。

今頃、最後の大会を迎えているはずだったが、今年は自粛により中止に。

努力が報われないまま、憂鬱な受験の話をしていた。通話を切ると川野のラインにチームメイトから江口が東京へ引っ越すと知らされる。

3年間チームと自分を支えてくれていた江口のことを思い、気づくと川野は自転車で走り出していたー。

【クロとナリ】
インテリアデザイナーのナリは彼氏のクロとなかなか連絡が取れず、直接家を訪ねる。

インターホンを押すとクロが出迎えるも、玄関にはヒールの靴が。

アリサと名乗る女性は編集の仕事をするクロの元同僚。オススメのDVDを届けにきたという。

クロのことが大好きなナリは動揺を隠せずその場で言い合いになってしまう。こんなにも好きなのに……。

映画概要

映画「たぶん」

2020年11月13日(金)公開

監督:
Yuki Saito 脚本:岸本鮎佳 原案:しなの

出演:
木原瑠生 小野莉奈 / 寄川歌太 吉田美月喜 /北林茉子 黒澤はるか・めがね 糸川耀士郎

主題歌:YOASOBI「たぶん」

企画・製作:ソニー・ミュージックエンタテインメント
制作プロダクション:and pictures

配 給:イオンエンターテイメント 宣 伝:スキップ 
(C)ソニー・ミュージックエンタテインメント

▷公式サイト
Twitter:@tabun_movie 
TikTok:@tabun_movie

コンポーザーのAyase、ボーカルのikuraからなる、「小説を音楽にするユニット」 。 2019年11月に公開された第一弾楽曲「夜に駆ける」は公開1か月でYouTube 100万回再生を突破、2020年8月には5,000万回再生を達成。Billboard Japan Hot 100やオリコン週間合算シングルランキングで1位を獲得し、ス···

このニュースへのレビュー

このニュースへのレビューを書いてみませんか?

このニュースへのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつのニュースに1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

GENERATIONS from EX…

倖田來未、ニューアルバム内容発表。新曲…