1. 歌詞検索UtaTen
  2. ニュース
  3. J-POP
  4. 吉川晃司
  5. 吉川晃司 祝!生誕50年!!8/19発売LIVE DVD&BD特別先行上映会&トークショーを開催!!

吉川晃司 祝!生誕50年!!8/19発売LIVE DVD&BD特別先行上映会&トークショーを開催!!



吉川晃司の50歳の誕生日となる2015年8月18日、TOHOシネマズ新宿で8月19日リリースの
Live DVD/Blu-ray『KIKKAWA KOJI 30th Anniversary Live "SINGLES+ RETURNS"』の
特別先行上映会とトークショーが開催された。

この『KIKKAWA KOJI 30th Anniversary Live "SINGLES+ RETURNS"』は、デビュー30周年ツアーの追加公演として行われたライブハウスツアー"SINGLES+ RETURNS"の4月16日のZepp Namba公演の模様を全曲収録したライブ映像作品。

吉川がツアー開始直後に、映画撮影の準備でバイク・アクションを練習中に左足首を骨折してしまったため、全編を通してほぼ片足立ちのままで歌うという“吉川伝説”に新たな1ページを付け加える白熱のステージとなった。

まずはそのライブ映像作品の上映会からスタート。食い入るように画面を見つめていた観客から、終映時には実際のライブと同じような熱い拍手が起こった。

その後、吉川本人が登場して、MCをフリーアナウンサーの荘口彰久氏が担当し、トークショーへ突入。

ちなみにこの模様はニコ生でも生中継されたのだが、この夜に先駆けて、8月12日から8月18日まで、「吉川晃司×ニコ生“50時間スペシャルウィーク”」という特別番組が放映されて、総来場者数30万人超を記録。このトークショーはそのフィナーレを飾るものでもあった。

吉川の肖像とトレードマークのシンバルが描かれたケーキが登場して、会場内の観客が「Happy Birthday」を歌い、クラッカーを鳴らして祝うサプライズもあった。

1番目のニュース画像です。
観客とバースデー・ケーキとともに記念撮影をした後、バンドのメンバー、スタッフへの事前アンケートの回答や骨折したレントゲン写真などを紹介しながら、トークが進行していった。

50歳になった感想については次のようにコメント。

「あまり意識してなかったんだけど、今日、いろんな方々から“50歳だね”ってメールをいただいて、50歳って結構大きいことなんだなと。でも変わらず今後ともこのまま我が道を進み続けます。

ただしできるかぎり骨折はしないようにしたい。昔はもっと早く直ったのに、直るのに時間がかかるようになってきたから」

そんな言葉には会場内からは笑いも起こった。翌日リリースのLive DVD/Blu-rayに関しては、「骨折によるマイナスもあったけれど、プラスもあった。ミュージシャン、スタッフのみなさんが高いコンセントレーションで臨んでくれて、素晴らしい作品になったと思う」とのこと。

途中からはツアー・メンバーであり、元THE YELLOW MONKEYのギターのEMMA(菊地英昭)も参加して、終始なごやかなムードの中でのイベントとなった。

「"SINGLES+ RETURNS"ツアーの思い出は?」という質問に対しての「タイトルは" RETURNS"なのに、全然リターンしてなく、新しいセットリストだった」というキーボード&ギターの菅原弘明コメントが紹介されると、EMMAも「俺も去年やったものをベースにしてやるのかと思っていた。

20代だったら大丈夫なんだけど、記憶力的に50すぎるとかなり大変」と同意していた。

昨年開催の30周年ツアーでは3種類の公演で全曲かぶりなし、合計70曲を演奏するというステージを展開したのだが、今回の"SINGLES+ RETURNS"もまたしてもかぶりなしで21曲が演奏されて、体力、精神力、そして記憶力の限界に挑んでいくツアーとなったのだ。

夜中までリハーサルが続いたとか、サンドバッグを叩いたり、蹴ったりしながらのリハだったとか、実はライブ中にストレッチをしているとか、知られざるエピソードの数々も紹介された。

「今年はもうコンサートがないんですが、足が治って、ちゃんと出来るようになったら、バンバンやらせてもらいますので、勘弁してやってください。今ライブをやっても中途半端なので、現在は色々と芝居をやってます。足が治った頃にそれらも終わるので、レコーディングして、来年はツアーとニューアルバムを予定してます」

そんな吉川の最後の挨拶には会場内から盛大な拍手が起こった。50代に突入して、
“吉川伝説”は新たなる章へ突入したところだろう。

2番目のニュース画像です。

【作品情報】
タイトル:『KIKKAWA KOJI 30th Anniversary Live "SINGLES+ RETURNS”』
発売日:2015年8月19日
品番:WPBL-90350(DVD) 価格:\5,500(本体)+税
品番:WPXL-90110(Blu-ray)価格:\6,500(本体)+税
初回プレス特典 ■カラー・フォトブックレット32P付 ■デジパック&スペシャルBOX仕様
【収録曲】
01 Miss You
02 CLOCKWORK RUNNERS (時計じかけの走者達)
03 雨のTraveller
04 スリルなモナリザ
05 やせっぽちの天国
06 Dance with Memories
07 GIVE ME A BREAK
08 ギラギラ
09 Baby Baby
10 Weekend Shuffle
11 KEY 胸のドアを暴け
12 Atomic Butterfly
13 もしも僕が君ならば
14 I'm Yes Man
15 スティングレイ
16 The Sliders
17 プレデター
18 RAMBLING MAN
19 A-LA-BA・LA-M-BA

EN1 MARILYNE
EN2 ジェラシーを微笑みにかえて

-特典映像-
Tour Documentary 

■予約特典
全国のCDショップ店にて『KIKKAWA KOJI 30th Anniversary Live "SINGLES+ RETURNS"』
をご予約頂いた方に先着でB2告知ポスタープレゼント!
・ポスターはなくなり次第終了となります。予めご了承ください。
・ポスターは、「商品と共に店頭でのお渡し」、もしくは「同梱発送」のみとなります。個別のお渡しはございません。
・一部のCDショップおよびネットショッピングサイトではポスターのプレゼントを
実施していない場合もございますので、CDショップおよびネットショッピングサイトへ直接お問合せください。

※DVD、Blu-rayの収録内容は同じです。

【アクセル】の歌詞ページ
【エロス】の歌詞ページ
【終わらないSUNSET】の歌詞ページ

1965年産まれのロックミュージシャンである。1984年「モニカ」で歌手デビュー。デビュー曲が映画の主題歌として起用された。1984年にはそれ以外にも「サヨナラは八月のララバイ」や「RAIN-DANCEがきこえる」「キャンドルの瞳」など7枚のCDを出し、日本歌謡大賞の最優秀新人賞と日本アカデミー賞新人···

このニュースへのレビュー

このニュースへのレビューを書いてみませんか?

このニュースへのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつのニュースに1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

吉川晃司 Profile

関連リンク】
吉川晃司オフィシャルHP
https://www.kikkawa.com
https://wmg.jp/kikkawa/

過激なダイエットにさよならせよ!!MI…

台湾イケメン歌手AARON 元ジュディ…