1. 歌詞検索UtaTen
  2. ニュース
  3. J-POP
  4. KREVA
  5. 全国完全制覇で幕!KREVA 47都道府県TOUR 2015「UNDER THE MOON」全53公演終了

全国完全制覇で幕!KREVA 47都道府県TOUR 2015「UNDER THE MOON」全53公演終了



ソロデビュー10周年イヤーの締めくくりとして開催されたKREVA初の47都道府県ツアー「UNDER THE MOON」が、8月25日に大阪フェスティバルホールで千秋楽を迎えた。

関連リンクへJUMP今年2月27日に東京Zepp DiveCityからスタートして半年。

全国ツアー前半戦のwithDJ+DRUMSTYLEで披露したアグレッシブなパフォーマンスに続き、後半戦のwithBANDSTYLEでは重厚かつ変幻自在な究極の“SHOW”を繰り広げたKREVA。

過去にコンサートを開催していなかった22県の初参上エリアも含め、全国各地に名を轟かせたKREVAが最終公演も貫禄のパフォーマンスを見せつけ全53公演を完遂した。

台風が過ぎ去ろうとしていたこの日のMCでは「お待たせしましたKREVAです。よろしくお願い致します。
1番目のニュース画像です。
眩しい。みんなの笑顔が眩しいよ!台風の中、よく来てくれました。ありがとうございます。全部任せて、今日はオレに黙ってついて来い!」と会場を和らげながら高揚させたKREVA。

このツアーでKREVAは一貫して何度も「少しでも俺KREVAを感じて貰えるように曲をバンバンバンバン、いやっ!バンバンバンバン、連続でどんどんやってくから、覚悟して、安心してオレについてこい」と投げかけていた。

観客を誰一人として置いてきぼりにしないその姿は、まさに究極のエンターテイナー。

ますます磨きがかかったラップに加え、その神懸り的なステージングにより、会場全体の一体感は終始揺るがない。

「もしかしたらステージ上でかっこ悪いとこも見せちゃうかもしれないけど、それすらも全部魅せてくドキュメンタリー映画のような、全KREVAを感じて貰えるようなそういうライブにしたいと思っています。

そのために後ろにバンド、前から照明、そしてこのいい会場にいいみんなが集まっているから、たとえかっこ悪いところが出ようとも、何があろうとも、それを全部活かして創る、これは俺KREVAのひとつのSHOWだ!」と観客に投げかけ、数々の名曲を惜しみなく、次から次へとノンストップでラップし歌い続けるKREVA。

オーディエンスたちと一緒に創り上げていくライブは圧巻の一言に尽きる。

最後は「本当は俺が月みたいにでっかい存在になって、せめてちょっと差す光くらいになれたら…みんながちょっと上を向けたらいいなって思っています」と『ビコーズ』でステージは幕を閉じた。

2番目のニュース画像です。

47都道府県ツアー全53公演を終えたKREVAは「いいライブをするには、いいものを作らないといけない」と想いを語り、長い制作期間に入ることを宣言。

主催のライブは東京での908FESTIVALを最後に当面開催されないが、楽曲制作、楽曲提供など、精力的に活動を続け進化するKREVAの冒険と挑戦はまだまだ続きそうだ。

KREVA47都道府県TOUR2015「UNDERTHEMOON」後半戦withDJ+DRUMSTYLE
8月25日(火)大阪フェスティバルホール<セットリスト>
M01 UnderTheMoon
M02 希望の炎
M03 音色
M04 THESHOW
M05 BESHI
M06 基準
M07 挑めShort
M08 ストロングスタイル
M09 成功
M10 瞬間speechless
M11 It'sforyou
M12 王者の休日
M13 IWannaKnowYou
M14 H.A.P.P.Y
M15 イッサイガッサイ
M16 OHYEAH
M17 アグレッシ部
M18 EGAO
M19 かも
M20 スタート
M21 トランキライザー
M22 Haveaniceday!
M23 C'mon,Let'sgo
M24 KILAKILA
M25 タカオニ2000
M26 NaNaNa
M27 これでよければいくらでも
EN-1 パーティはIZUKO?
EN-2 ビコーズ

KREVA OFFICIAL HP :http://www.kreva.biz
908 FESTIVAL特設サイト:http://www.kreva.biz/10th/908fes2015/


【雪風】の歌詞ページ
【47都道府県ラップ】の歌詞ページ
【僕はジェット】の歌詞ページ

国民的人気を誇るHIP HOPアーティスト。 HIP HOPの殿堂「B-BOY PARK」のMCバトルで3年連続日本一の栄冠に輝く実績を持ち、現在に至るまでその記録は未だに塗り替えられていない。 2004年9月08日(クレバの日)に「音色」でソロメジャーデビュー。2ndアルバム「愛・自分博」でHIP HOPソロアーテ···

このニュースへのレビュー

このニュースへのレビューを書いてみませんか?

このニュースへのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつのニュースに1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

【LIVE情報】
■■908 FESTIVAL in OSAKA
8月26日(水) 大阪フェスティバルホール 開場:18:00 / 開演:19:00
8月27日(木) 大阪フェスティバルホール 開場:18:00 / 開演:19:00
出演:KREVA / AKLO / 三浦大知 / MIYAVI
一般発売日:8月1日(土) 10:00~ チケット価格:7,000円(税込)
問合せ:キョードーインフォメーション 06-200-888 (全日10:00~18:00)

■■908 FESTIVAL
9月07日(月) 「908 FESTIVAL 前夜祭 –KREVA & KICK THE CAN CREW」日本武道館 開場:18:00 / 開演:19:00
出演:KREVA -1MC+DJ+DRUM- / KICK THE CAN CREW -3MC+DJ+DRUM-
チケット価格:7,907円(税込) 一般発売中

9月08日(火) 「908 FESTIVAL 2015」日本武道館 開場:17:30 / 開演:18:30
出演:KREVA、三浦大知、AKLO、KICK THE CAN CREW、さかいゆう、SONOMI and more!!!
チケット価格:7,908円(税込) 一般発売中
問合せ:ディスクガレージ 050-5533-0888 (平日12:00~19:00)

【CD商品情報】
■■SINGLE「Under The Moon」
発売日:2015年2月25日(水)/ PONY CANYON
[CD only] PCCA-04151 / 本体価格¥1,200+TAX
※初回生産分のみ「蓄光ジャケット仕様」(9,080枚限定)

M1:Under The Moon
M2:これでよければいくらでも
M3:47都道府県ラップ
M4:Under The Moon (Inst.)
M5:これでよければいくらでも(Inst.)
M6:47都道府県ラップ(Inst.)

女子中高生とカラオケに行きたい人はこれ…

人気漫才コンビ「ナイツ」 初の漫才CD…