1. 歌詞検索UtaTen
  2. ニュース
  3. J-POP
  4. 雅-miyavi-
  5. 『クローズ BURNING EDGE』イメージアルバムでSiM/MIYAVI/9mm Parabellum Bullet/10-FEETが吠える!!

『クローズ BURNING EDGE』イメージアルバムでSiM/MIYAVI/9mm Parabellum Bullet/10-FEETが吠える!!



株式会社バンダイナムコエンターテインメントより、今冬発売予定のPlayStation®4/PlayStation®Vita用ソフトウェア『クローズ BURNING EDGE(バーニングエッジ)』におきまして、ユニバーサルミュージック所属の人気アーティストの楽曲を収録させて頂く事が決定しましたので、お知らせいたします。

 『クローズ』の物語に登場する四天王のイメージソングとして、SiM「KiLLiNG ME」(坊屋春道)/MIYAVI 「WHAT’S MY NAME」(九能龍信)/9mm Parabellum Bullet「Cold Edge」(美藤竜也)/10-FEET 「super stomper」(ブル)の4曲を収録いたします。

 ゲームの発売に先立って、これらのイメージソングを使用した、キャラクターPVを随時公開予定です。
本日、第1弾といたしましてキャラクターPV『坊屋春道(鈴蘭高校)編』をゲームの公式HP( http://crows-game.bn-ent.net )にて、公開致しましたので、是非ご覧ください。
 
 
鈴蘭高校「坊屋春道」×SiM「KiLLiNG ME」
【SiM プロフィール】
湘南にて結成されたレゲエ・パンクバンド。唯一無二の音楽性とブチギレライブパフォーマンス、地道なツアー活動で徐々に頭角を表し、2011年に発売された"KiLLiNG ME"MVのYouTube再生回数がインディーズバンドとしては超異例の約900万回以上を記録(2015年7月時点)2014年6月には2nd DVD"10 years"を発売、オリコン音楽DVDチャート1位を記録した。秋には次作シングルの発売、11月4日(水)には「最初で最後の」武道館ワンマンライブも控えている。

武装戦線「九能龍信」×MIYAVI「WHAT’S MY NAME」
【MIYAVI プロフィール】
ソロアーティスト/ギタリスト。エレクトリックギターをピックを使わずに全て指で弾くという、独自の“スラップ奏法”でギタリストとして世界中から注目を集め、これまでに約30カ国250公演以上のライブを行い、4度のワールドツアーを成功させている。2014年クリスマスに世界公開されたアンジェリーナ・ジョリー監督映画「UNBROKEN」では俳優としてハリウッドデビューも果たすなど、常に世界に向けて挑戦を続ける「サムライ・ギタリスト」であり、ワールドワイドに活躍する今後最も期待のおける日本人アーティストの一人である。

鳳仙学園「美藤竜也」×9mm Parabellum Bullet「Cold Edge」
【9mm Parabellum Bullet プロフィール】
2004年3月、横浜にて結成。2007年10月、Debut Disc『Discommunication e.p.』でメジャーデビュー。2014年、バンド結成10周年を迎え、初の日本武道館2DAYS公演を大成功させ、名実共に日本のロックシーンを牽引するバンドとなる。今年の9月9日にはメンバー4人それぞれが作曲・プロデュースした、9mm史上初の四者四様”クアトロ”A-Sideシングルを発売!10月より、全国ツアー 9mm Parabellum Bullet presents 「カオスの百年TOUR 2015」開催!

黒焚連合「古川修(ブル)」× 10-FEET「super stomper」
【10-FEET プロフィール】
シンプルな3ピースという形態でありながら、メロコアと言うジャンルでは既に括る事のできない音楽性は、ROCK、PUNK、HEAVY METAL、REGGAE、HIP HOP、GUITAR POP、BOSSA NOVA等のジャンルを10-FEET流に取り入れ、幅広い独自のものを確立している。また年間100本近い精力的なライブ活動も、その迫力満載のライブパフォーマンス、人間味溢れる、深いメッセージが込められた歌詞、笑顔を誘い出すキャラクターで常に話題を振りまいている。エンターテイナー性溢れるその活動スタイルを徹底している。

◆『クローズ』とは
「熱い男達のドラマ」が大きな支持を集め、1990年の連載開始以来、コミック累計4500万部以上を売り上げる大人気漫画。連載25周年を迎える今もなおその人気は非常に高く、アパレルグッズやフィギュア、ゲーム等様々な関連作品へ発展。2007年には1作目となる映画作品が公開、興収25億円を記録した。昨年までに3本の映画化が行われている。

◆『クローズ BURNING EDGE(バーニングエッジ)』とは
クローズ待望の家庭用ゲーム化!!熱き鴉たちの物語がPlayStation®4/PlayStation®Vitaで新たに甦る!喧嘩ならではの“痛々しさ”や原作の持つ過激でクールな雰囲気を忠実に再現した喧嘩アクションゲーム!原作ストーリーを、主人公の坊屋春道をはじめ初代四天王それぞれの視点でプレイすることができる。各キャラクターに合わせたエピソードが展開され、立場の異なる各勢力の“テッペン”を体感することが可能!

『クローズ BURNING EDGE』 公式HPにて視聴可能  http://crows-game.bn-ent.net

雅-miyavi- 最新情報

ライブ情報

3/5(月)東京:恵比寿リキッドルーム

3/7(水)宮城:仙台Rensa

3/8(木)青森:Quarter

3/10(土)北海道:Zepp Sapporo

3/15(木)石川:金沢EIGHT HALL

3/16(金)愛知:名古屋ダイアモンドホール

3/18(日)大阪:なんばHatch

3/20(火)広島:CLUB QUATTRO

3/21(水)岡山:CRAZYMAMA KINGDOM

3/24(土)福岡:DRUM LOGOS

3/25(日)熊本:B.9 V1

3/30(金)ソウル:Muv Hall

4/1(日)シンガポール:Zepp@BIGBOX

4/3(火)台湾:Clapper Studio

4/5(木)上海:MODERN SKY LAB

4/7(土)北京:M-Space

4/9(月)香港:Music Zone@E-Max

4/12(木)東京:Zepp Tokyo

リリース情報

「SAMURAI SESSIONS vol.2」 発売日:2017年11月8日(水)

ジャンル/キャリア/国境さえも超えたアーティストと真剣勝負を繰り広げる対戦型コラボレーション・アルバム第2弾!

収録楽曲※初回盤、通常盤同様内容

01. Dancing With My Fingers / MIYAVI vs 三浦大知

02. Gemstone / MIYAVI vs SKY-HI (「TOKYO TRIBE」STAGE テーマソング)

03. Fight Club / MIYAVI vs EXILE SHOKICHI

04. Banzai Song / MIYAVI vs VERBAL (m-flo/PKCZ®)

05. Bumps In The Night / MIYAVI vs Masato (coldrain) (Amazonオリジナル「東京ヴァンパイアホテル」主題歌)

06. No Thanks Ya / MIYAVI vs ちゃんみな

07. Flashback / MIYAVI vs KenKen (LIFE IS GROOVE, RIZE, Dragon Ash) (アニメ「刻刻」主題歌)

08. All My Life / MIYAVI vs HYDE

09. Forget You / MIYAVI vs シェネル

10. Slap It / MIYAVI vs 雅-MIYAVI-



◆◆初回限定盤(CD+DVD)\5,000(税別) TYCT-69120

【CD】全10曲収録

【DVD収録内容】

●「Dancing With My Fingers」MIYAVI vs 三浦大知 Music Video 監督:三池崇史

●「MIYAVI 15th Anniversary Live“NEO TOKYO 15”」ライブ映像5曲

●「MIYAVI 15th Anniversary Live“NEO TOKYO 15”」ドキュメント映像

◆◆通常盤(CD)\3,000(税別) TYCT-60108

【CD】全10曲収録

◆◆デジタル

●デジタル特典トラック

音源:「Long Nights feat. Sonita」 *デジタル限定配信


「Dancing With My Fingers / MIYAVI vs 三浦大知」Music Video

https://www.youtube.com/watch?v=plXiBsGoQpw

MIYAVI『SAMURAI SESSIONS vol.2』(11月8日発売)アルバム全曲試聴ダイジェスト映像

https://www.youtube.com/watch?v=MtaIBYIo3wA

iTunes「SAMURAI SESSIONS vol.2」URL:http://po.st/it_miyavi_ss2

レコチョク「SAMURAI SESSIONS vol.2」URL:http://po.st/reco_miyavi_ss2

レコチョク「Dancing With My Fingers」単曲URL:http://po.st/reco_miyavi_dm

レコチョク「Gemstone」単曲URL:http://po.st/reco_miyavi_gem

レコチョク「No Thanks Ya」単曲URL: http://po.st/reco_miyavi_nty


写真集情報

『MIYAVI SAMURAI SESSIONS vs 15 Photographers』

発売日:11月2日(木)

発行:扶桑社

著者:MIYAVI+15 Photographers

(有賀幹夫、池田敬太、江森康之、佐藤ジン、三浦憲治、長塚誠志、柿本ケンサク、大和田良、田村和一、鈴木親、操上和美、富永よしえ、伊島薫、久保憲司、井出情児)

A4判 128ページ オールカラー

定価:4000円+税

ISBN:978-4-594-07845-4

アニメ情報

『刻刻』

http://kokkoku-anime.com/index.html

主題歌:Flashback / MIYAVI vs KenKen (LIFE IS GROOVE, RIZE, Dragon Ash) 

https://www.youtube.com/watch?v=fhBA6ynorvc

TOKYO MX、BS11にて、毎週日曜24時30分よりO.A.中

Amazonプライム・ビデオにて配信中

10-FEET 最新情報

イベント情報

◆公演情報◆
公演名:京都大作戦2018~去年は雷雨でごめんな祭~
日程:2018年7月7日(土)、8日(日)
会場:京都府立山城総合運動公園 太陽が丘特設野外ステージ
時間:開場 9:30 / 開演 11:00 / 終演 20:00予定
前売チケット料金:7/7 1日券 ¥6,400 7/8 1日券 ¥6,400 2日通し券 \12,400
※価格は全て税別 ※整理番号無し
※小学生以上有料/未就学児童は保護者同伴の場合無料
一般発売日:5月26日(土) 午前 10:00~
プレイガイド:京都大作戦チケットセンター
主催:バダス/サウンドクリエーター/エフエム京都
企画制作:バダス/サウンドクリエーター
協賛:大塚製薬/ハイネケン/ZIMA/Red Bull/
株式会社トゥルースピリットタバコカンパニー/KiU/ディッキーズ/JOYSOUND
後援:FM802/ユニバーサルミュージック/京都府/宇治市/城陽市/宇治商工会議所/
城陽商工会議所/京都府公園公社/宇治市観光協会/京都新聞/城南新報/洛南タイムス/
エフエム宇治/京都府茶協同組合
協力:エブリィ・エンタテインメント/リクルートライフスタイル/テイパーズ/JTB/STAFF PLUS/Capital Radio One/タワーレコード/地域環境デザイン研究所 ecotone/男前豆腐店/井筒八ツ橋本舗/ESP エンタテインメント/キャットミュージックカレッジ専門学校/松原興産/UMBRO
お問い合わせ:チケットに関して→京都大作戦チケットセンター 050-5824-5141(平日13:00~17:00)
公演に関して→サウンドクリエーター 06-6357-4400(平日12:00~18:00)
オフィシャルサイト:http://kyoto-daisakusen.kyoto/18/(PC・携帯共通)
OFFICIAL Twitter:https://twitter.com/MI_KYOTO
Twitter:ハッシュタグ #mik2018
OFFICIAL Facebook:https://www.facebook.com/mission.kyot
備考  ※雨天決行/荒天中止
    ※アーティストは都合により変更になる場合がございます。
その際チケット代金の払い戻しは行いませんので、予めご了承下さい。
出演アーティスト ※五十音順/出演順未定
7月7日(土)
<源氏ノ舞台>
GLIM SPANKY / 10-FEET / 東京スカパラダイスオーケストラ / BEGIN / BRAHMAN /
マキシマム ザ ホルモン / ヤバイTシャツ屋さん / ROTTENGRAFFTY
<牛若ノ舞台>
ENTH / SHIMA / SHANK / G-FREAK FACTORY / Track's / ハルカミライ / FIVE NEW OLD
7月8日(日)
<源氏ノ舞台>
ACIDMAN / クリープハイプ / Ken Yokoyama / dustbox / Dizzy Sunfist / 10-FEET / Dragon Ash /
WANIMA
<牛若ノ舞台>
THE冠 / Survive Said The Prophet / SIX LOUNGE / NAMBA69 / HAWAIIAN6 / Hump Back / FOMARE
7月7日(土)、8日(日)
<鞍馬ノ間>
京都大作戦杯2018-4ON4 HALF COURT TOURNAMENT-を開催!
AKT LOCAL / 大阪籠球会 / ORK / ALLBLUE / ちきゅう / TEAM-S / HIGH WEST BALLERS / FRONTOOTH


リリース情報

◆作品情報◆

Blu-ray/DVD「京都大作戦2007-2017 10th ANNIVERSARY! ~心ゆくまでご覧な祭~」
完全生産限定盤
【Blu-ray2枚組+Tシャツ(kids13Oサイズ)】 UPXH-29018 \13,960+税
【Blu-ray2枚組+Tシャツ(XSサイズ)】 UPXH-29019 \13,960+税
【Blu-ray2枚組+Tシャツ(Sサイズ)】 UPXH-29020 \13,960+税
【Blu-ray2枚組+Tシャツ(Mサイズ)】 UPXH-29021 \13,960+税
【Blu-ray2枚組+Tシャツ(Lサイズ)】 UPXH-29022 \13,960+税
【Blu-ray2枚組+Tシャツ(XLサイズ)】 UPXH-29023 \13,960+税
【Blu-ray2枚組+Tシャツ(XXLサイズ)】 UPXH-29024 \13,960+税
【DVD4枚組+Tシャツ(kids13Oサイズ)】 UPBH-29068 \11,960+税
【DVD4枚組+Tシャツ(XSサイズ)】 UPBH-29069 \11,960+税
【DVD4枚組+Tシャツ(Sサイズ)】 UPBH-29070 \11,960+税
【DVD4枚組+Tシャツ(Mサイズ)】 UPBH-29071 \11,960+税
【DVD4枚組+Tシャツ(Lサイズ)】 UPBH-29072 \11,960+税
【DVD4枚組+Tシャツ(XLサイズ)】 UPBH-29073 \11,960+税
【DVD4枚組+Tシャツ(XXLサイズ)】 UPBH-29074 \11,960+税
通常盤
【Blu-ray2枚組】 UPXH-20066/7 \11,960+税
【DVD4枚組】 UPBH-20214/7 \9,960+税
●収録内容(完全生産限定盤/通常盤、Blu-ray/DVD共通)
2007年から2016年までをドキュメント中心にまとめた「京都大作戦2007-2016 ~心ゆくまでご覧な祭~」と、昨年の模様をライブ中心にまとめた「京都大作戦2017 LIVE ~心ゆくまでご覧な祭~」をコンパイル。(詳細は後日発表)

DVD「京都大作戦2007-2016 ~心ゆくまでご覧な祭~」 UPBH-20218/9 \4,980+税
●収録内容 ~ 2007年から2016年までの京都大作戦をドキュメント中心に収録。(詳細は後日発表)
DVD「京都大作戦2017 LIVE ~心ゆくまでご覧な祭~」 UPBH-20220/1 \4,980+税
●収録内容 ~「京都大作戦2017」の模様をライブ中心に収録。(詳細は後日発表)

6月27日(水)発売

収録内容詳細

「京都大作戦2017 LIVE 〜心ゆくまでご覧な祭〜」収録曲目(全42曲)

【7月7日(DAY1)】
●源氏ノ舞台
My Hair is Bad 「フロムナウオン」
竹原ピストル 「Amazing Grace」
サンボマスター 「ロックンロール イズ ノットデッド」
Nothing’s Carved In Stone 「Spirit Inspiration」
SiM 「JACK.B」
10-FEET 「RIVER」
●牛若ノ舞台
ヤバイTシャツ屋さん 「無線LANばり便利」
夜の本気ダンス 「WHERE?」
Creepy Nuts 「合法的トビ方ノススメ」
打首獄門同好会 「日本の米は世界一」
四星球 「クラーク博士と僕」

【7月8日(DAY2)】
●源氏ノ舞台
The BONEZ 「Louder」
FIRE BALL with HOME GROWN 「みんなのうた」
東京スカパラダイスオーケストラ 「閃光 feat.10-FEET」
Ken Yokoyama 「Let The Beat Carry On」
湘南乃風 「睡蓮花」
Dragon Ash 「Mix it Up」
10-FEET 「ヒトリセカイ」
●牛若ノ舞台
NUBO 「Circle」
藍坊主 「伝言」
Age Factory 「Puke」
yonige 「さよならプリズナー」
Crystal Lake 「Prometheus」
NAMBA69 「MANIAC」
GOOD4NOTHING 「FOUND」

【7月9日(DAY3)】
●源氏ノ舞台
SUPER BEAVER 「美しい日」
dustbox 「Here Comes A Miracle」
氣志團 「スタンディング・ニッポン」
WANIMA 「Hey Lady」
MAN WITH A MISSION 「database feat.TAKUMA(10-FEET)」
マキシマム ザ ホルモン 「恋のスペルマ」
ROTTENGRAFFTY 「金色グラフティー」
10-FEET 「DO YOU LIKE...?」「その向こうへ」「CHERRY BLOSSOM」
●牛若ノ舞台
ENTH 「Gentlemen Kill」
SIX LOUNGE 「俺のロックンロール」
OVER ARM THROW 「Stardust」
ガガガSP 「線香花火」
Dizzy Sunfist 「The Dream Is Not Dead」
SHANK 「Set the fire」
G-FREAK FACTORY 「ダディ・ダーリン」

10-FEET Profile

1997年、地元・京都にて結成。現在も拠点を京都に置いて活動中。
シンプルな3ピースという形態ながら、メロコアというジャンルでは既に括る事のできないその音楽性は、ROCK、PUNK、HEAVY METAL、REGGAE、HIP HOP、GUITAR POP、BOSSA NOVA等のジャンルを10-FEET流に取り入れて幅広い独自のものを確立、ラウドロック・シーンで確かな存在感を示している。

また年間約100本にも及ぶ精力的なライブ活動も、その迫力満載のライブパフォーマンス、人間味溢れる深いメッセージが込められた歌詞やMC、笑顔を誘い出すキャラクターで常に話題を振りまいている。エンターテイナー性溢れるその活動スタイルを徹底している。

2007年夏には、「京都に大型野外フェスを。」の声のもとにバンド自らが企画した“京都大作戦2007”を立ち上げるも、台風の接近により中止となる。翌年以降は2日間に拡大して、毎年“京都大作戦”を開催、今や二日間でのべ4万人を動員する「関西最大規模の夏フェス」となっている。
近年では“フェスの王様”とも称されるほど、各地で行われるロック・フェスティバルには欠かせない存在に。2015年は夏のROCK IN JAPAN FESTIVAL4日間の大トリと冬のCONTDOWN JAPAN FESTIVALでのカウントダウンを、同フェスの歴史上初めて同一年で務めるという快挙を成し遂げた。また、RISING SUN ROCK FESTIVALでは日の出を迎えるトリを務め、FUJI ROCK FESTIVALではグリーン・ステージのトップバッターを務めるなど、重要な局面を任されることも多い。また出演本数も数多く、ここ数年は夏フェス最多出演数記録の1位を常に争っている。
2011年以降、東日本大震災への支援活動にも積極的に取り組んでおり、ライブ ツアー“東日本大作戦”や、募金により被災地へさまざまな物資を届ける“ふとん大作戦”などを行なっている。2017年1月には“東日本大作戦番外編”と称して、ゼビオアリーナ仙台で二日間にわたり1万人以上を動員する大型フェスを開催した。
2016年7月20日、「その向こうへ」以来約5年ぶりとなるシングル「アンテナラスト」をリリースすると、オリコン・ランキング初登場5位と自身最高位を記録。バンド結成20周年、京都大作戦10周年となる節目の年、2017年の幕開けを飾った、テレビ東京ドラマ24「バイプレイヤーズ」のオープニングテーマとしても話題になったシングル「ヒトリセカイXヒトリズム」を2月1日にリリースすると、さらに最高位を更新する4位を獲得した。開催10周年を記念して初めて三日間3日間で開催された「京都大作戦2017 ~心の10電!10執念!10横無尽にはしゃぎな祭!~」は最終日に雷雨による中断を余儀なくされながらもなんとか完遂、また新たな伝説として語り継がれることとなった。7月19日リリースのシングル「太陽の月」も自己最高位タイの4位を記録、11月1日にリリースした8thアルバム「Fin」は自身最高位を更新するオリコン・ランキング2位を記録、バンド結成20年にしてその伸び代はなお果てしない。

9mm Parabellum Bullet 最新情報

楽曲無料ダウンロード情報

▼国内の主要定額制ストリーミングサイト(*)にて新曲「キャリーオン」と同時にアルバム2作品 「Waltz on Life Line」、「BABEL」配信中

*Apple Music/Google Play Music/Amazon Prime/Amazon Music Unlimited/LINE MUSIC/レコチョク Best/KKBOX/AWA/Rakuten Music/Spotify
(各サービスごとに契約内容などが異なりますので、登録の際はご注意ください。

9mm Parabellum Bullet Profile

2004年3月横浜にて結成。 2枚のミニアルバムをインディーズレーベルからリリースした後、2007年Debut Disc「Discommunication e.p.」でメジャーデビュー。 パンク・メタル・エモ・ハードコア・J-POPなどあらゆるジャンルを呑み込んだ独特な音楽性と、爆発的なライブパフォーマンスで 日本ロックシーンの支持を得る。

【TOTAL INFORMATION】
9mm Parabellum Bullet Official Site http://9mm.jp/
9mm Parabellum Bullet Label Site http://columbia.jp/artist-info/9mm/

SiM 最新情報

公演情報

タイトル:DEAD POP FESTiVAL 2018
日時:2018年6月30日(土)・7月1日(日)開場9:00 / 開演11:30(20時30分終演予定)
会場:神奈川県川崎市東扇島東公園特設会場 (〒210-0869神奈川県川崎市川崎区東扇島58-1)

券種:6/30入場券・7/1入場券 各¥8,500
2日通し券¥15,800
2日通し券(セーフティゾーン券)¥17,000(スタンディングエリアに設置されたSAFETY ZONEでの観覧が可能なチケット)

チケット発売日:6月2日(土)
枚数制限:4枚(申し込み一件につき)*小学生以上有料、未就学児童は保護者同伴の場合無料
チケットぴあ(Pコード:各日入場券: 109-477/通し券、セーフティゾーン券:780-028)、
ローソンチケット(Lコード:70223)、イープラス(pre:1次5/14-20、2次5/21-27)
オフィシャルサイト一次先行予約受付:3/16(金)20:00~31(土)23:59(全券種) →http://deadpopfest.com

出演:SiM / 岡崎体育 / THE ORAL CIGARETTES / SUPERBEAVER / dustbox / HEY-SMITH /
ヤバイTシャツ屋さん and more...

主催:SiM / gil soundworks / TOWER RECORDS / UNIVERSAL MUSIC LLC
企画制作:DEAD POP FESTiVAL 実行委員会
後援:川崎市 /「⾳楽のまち・かわさき」推進協議会 / 川崎港運協会 / 川崎港振興協会
総合問い合わせ: http://deadpopfest.com
SMASH 03-3444-6751 www.smash-jpn.com

「壁を壊す
この言葉を合い言葉に SiM の呼びかけにより、全ての壁を越え“ライブバンド”が一同に会すイベント
こそが、DEAD POP FESTiVAL である。

vol.0 2010.1.16 @ 渋谷 club asia
出演)SiM / Crossfaith / coldrain / NUBO / HEY-SMITH / Vibedred / END OFSTART

vol.2 2011.1.22 @ 渋谷 club asia 450 人動員 SOLD OUT
出演)SiM / coldrain / Crossfaith / Fear, and Loathing in Las Vegas / HEY-SMITH

vol.3 2012.1.14 @ 恵比寿 LIQUID ROOM 700 人動員 SOLD OUT
出演)SiM / coldrain / SHANK / Crossfaith / HEY-SMITH

vol.4 2013.1.11 @ O-EAST 1300 人動員 SOLD OUT
出演)SiM / NOISEMAKER / COUNTRY YARD / lynch.

Vol.5 2014.1.26 @ 新木場 Studio COAST 3,000 人動員 SOLD OUT
出演)SiM / クリープハイプ / Crossfaith / ムック / POLYSICS / tricot

第6回目の 2015 年より念願の野外で開催!初の野外開催、前年度から3倍近くにまで規模を拡大しながらも大成功を収める。
Vol.6 2015.7.11 & 12 @ 川崎市 東扇島東公園 20,000 人動員 SOLD OUT

7.11(土)
<CAVE STAGE>
SiM / キュウソネコカミ / クリープハイプ / MIGHTY CROWN / 氣志團 / MONGOL800 / 10-FEET
<CHAOS STAGE>
jealkb / ギルガメッシュ / MINOR LEAGUE / Crystal Lake / NOISEMAKER / G-FREAK FACTORY

7.12 (日)

SiM / サンボマスター / HEY-SMITH / MAN WITH A MISSION / FIRE BALL / coldrain / BRAHMAN

WANIMA / Dizzy Sunfist / NUBO / THE ORAL CIGARETTES / SHANK / STOMPIN' BIRD
Vol.7 2016.7.9 & 10 @ 川崎市 東扇島東公園 20,000 人動員 SOLD OUT

7.9(土)

SiM /ACIDMAN / [Alexandros] / 東京スカパラダイスオーケストラ / HEY-SMITH / THE BAWDIES / WANIMA

赤い公園 / SAND / SHANK / tricot / MEANING / Rickie-G

7.10(日)

SiM / Crossfaith / ゴールデンボンバー / 10-FEET / Dragon Ash / MIYAVI / ROTTENGRAFFTY

SHIMA / Dizzy Sunfist /Crystal Lake/ 04 Limited Sazabys / The BONEZ / My Hair is Bad
Vol.8 2017.7.1 & 2 @ 川崎市 東扇島東公園 20,000 人動員 SOLD OUT

7.1(土)

SiM / 氣志團 / coldrain / SHANK / HEY-SMITH / PUFFY / ROTTENGRAFFTY

岡崎体育 / 四星球 / SUPER BEAVER / NAMBA69 / bacho / 山嵐

7.2(日)

SiM / THE ORAL CIGARETTES / キュウソネコカミ / Crossfaith / The BONEZ / マキシマム ザ ホルモン / LiSA

GOOD4NOTHING / STOMPIN’ BIRD / DUB 4 REASON / My Hair is Bad / MUCC / 夜の本気ダンス

SiM Profile

SiM:プロフィール
NAME : SiM (Silence iz Mine)
MEMBER : SIN (シン, Ba) / MAH (マー, Vo) / GODRi (ゴリ, Dr) / SHOW-HATE (ショウヘイト, Gt)
FORMED : Shonan, Kanagawa, Japan in 11/03/2004
STYLE : REGGAE PUNK (HARD CORE PUNK / NU-METAL meets SKA / REGGAE)
LABEL : EMI RECORDS (UNIVERSAL MUSIC JAPAN)
MANAGEMENT : gil soundworks

「極悪な轟音かつ難解でキャッチー」という究極の矛盾を成立させる湘南出身の4人組レゲエパンクバンド。
ハードコアパンク・ニューメタルとレゲエ、スカという対局に位置する音楽を独特のポップセンスで自在にミックスしたサウンド、攻撃的で反骨心溢れつつも言葉遊びを巧みに組み込んだ歌詞とクセのあるフックラインが特徴。
また独特の出で立ちと佇まい、抜群の求心力で瞬時にオーディエンスの心を掌握しタクトを振る姿でファンや他アーティストから「悪魔」と形容されるほどのカリスマ性を持つMAH、正確無比のテクニックを持つ上に楽器を振り回し、ステージを所狭しと駆け巡るSHOW-HATE、SINの弦楽器隊、骨太かつタイトなグルーヴとコーラスワークで屋台骨を支えるGODRiのドラムプレイが組み合わさる爆発的ライブパフォーマンスはもはや圧巻である。
MAH曰く「ライブハウスで生まれ、ライブハウスで育ち、ライブハウスで死んでいくバンド」としながらも日本武道館や横浜アリーナでの大箱単独公演をソールドアウトさせ、1万人規模の野外フェス「DEAD POP FESTiVAL」の主催、また全国各地の大型野外ロックフェスでヘッドライナーを務めるなど名実共にロックシーンを「内側からぶっ壊す」存在にまで昇り詰めたSiM。
幾度のメンバーチェンジや重病、所属レーベルからの解雇など度重なる試練を乗り越えライブバンドとしての地位を確立した彼らにもはや死角などない。

04年 MAH、初期メンバーと神奈川・湘南にてSilence iz Mine結成
05年 バンド名の頭文字を取りSiMに改名
06年 SHOW-HATE加入
08年 1st Al「Silence iz Mine」にてデビュー
09年 SIN、GODRiが加入
10年 渋谷Club Asiaにて「DEAD POP FESTiVAL」を初開催。(以後現在まで毎年一回開催中)
11年 gil soundworksへ事務所移籍後発表した2nd Al「SEEDS OF HOPE」がスマッシュヒット。
12年 mini Al「LiFE and DEATH」オリコン初登場9位を記録。「Amy」のMVでMAHが見せたツーステップをキッズ達がこぞって真似をする異常事態となり、現在ではSiMのみならず様々なライブ会場でのダンスの定番となった。同年発売の1st DVD「DUSK and DAWN」もオリコン3位を記録。盟友coldrain、HEY-SMITHと共に3マンイベント「TRIPLE AXE」を始動。
13年 メジャーレーベル10社以上が競合した末ユニバーサルミュージックとの契約を発表。Sg「EViLS」、3rd Al「PANDORA」発売。
14年 結成10周年を迎え、オリコン音楽チャート1位となった2nd DVD「10 YEARS」を発売。
15年 神奈川県川崎市東扇島にて「DEAD POP FESTiVAL」野外開催を開始。ド派手な演出とセンターステージ、ダイブモッシュの解禁、エリアによるチケット代の変動制、更に”最初で最後”と銘打つライブバンドとしては前代未聞尽くめの日本武道館公演を開催。
16年 4th Al「THE BEAUTiFUL PEOPLE」発売。全国26公演+ファイナルの横浜アリーナ単独公演の全てを即日完売させる。
17年 3rd DVD「DEAD MAN WALKiNG」発売。9月、神戸ワールド記念ホールにて大箱での対バンイベント「THE EYEWALL NiGHT」を始動。

SiM Official HP  http://sxixm.com/home/
SiM Official Twitter  https://twitter.com/SiM_Official
SiM LINE公式アカウント https://line.me/ti/p/%40sim_official

『最強のふたり』×クリス・ハート 奇跡…

タイガーマスクとめぐりあいが北欧の凄腕…