1. 歌詞検索UtaTen
  2. ニュース
  3. J-POP
  4. 水曜日のカンパネラ
  5. 水曜日のカンパネラ 鉄工所で撮影!非常にエロい。そしてカッコイイ! これぞジパング。

水曜日のカンパネラ 鉄工所で撮影!非常にエロい。そしてカッコイイ! これぞジパング。



本日、水曜日のカンパネラの11月11日発売の「ジパング」のジャケット写真とアーティスト写真が解禁となった。

今作の「ジパング」は、国外から見た日本、ユーラシア大陸の旅というキーワードで制作されているとのことで、そのテーマに合わせた異国情緒溢れる世界観がジャケットのイラストにも盛込まれている。
今作のジャケットは水曜日のカンパネラ初のイラストの紙ジャケット仕様で、イラストはKOHH のアルバム『MONOCHROME』なども手がける上岡拓也氏が担当したとのこと。

また、新アー写では、コムアイが今回のアルバムを作るきっかけにもなったロケ地、舞浜の鉄鋼通りにある工場内で撮影したとのことでコムアイからもコメントがよせられている。

●コムアイ・コメント
撮影をした 舞浜の鉄鋼通りは、鉄加工の工場がズラーッと並んでいて、ガキーン!ゴゴーン!とインダストリアルな音が響いている、素材だらけの場所です。そこで働く人たちは、物事をとてもわかりやすく物理的に現実的に捉えていて、撮影をお願いした時に、実際に出来るかどうか、すぐ想像して答えてくださる、そういう人たちでした。

撮影をした鉄屑などを仕分けるリサイクル工場の女社長も最高の人格者で、私が鉄屑が磁石で引き上げられるところを見て鼻息荒くガッツポーズしていると、「そうでしょ、格好いいのよ」と言って、仕事場を眺めていた。

そのキラキラの景色を見ながら、この強い金属が長い旅をしてきたように妄想して、それが大陸の西の西の、もっと西の方で出土して、鉱石は職人に加工されて、踊り子や旅人の手を渡り、人の死に何度も立ち会って、恋人への贈り物になって、砂漠や大河を渡って、東の端の小さな島へ。黄金の国と噂されるジパングへ。
ユーラシア大陸サイズに膨らんだ妄想をジャケットに落とし込むために、絵を依頼しようと思って思いついたのが、半年くらい前に作品を見ていた上岡さん。色鮮やかにビジュアルを作ってくれました。お気に入りの赤いベトナムジャンパーを着るコムアイの顔があまりにコムアイで、嬉しくて笑ってしまいました。
とりあえずまだ曲が全曲仕上がってないので、水曜日のカンパネラもう少し踏ん張ります。

皆さんの冬のお楽しみになりますように。

コムアイ
H27.09.24

水曜日のカンパネラは、コムアイ、ケンモチヒデフミ、Dir.Fによる音楽ユニットである。MVやステージなど表に登場するのは、通常、ボーカルのコムアイのみであり、残りの二人は、作詞・作曲などに携わる形で、裏方として支えている。グループ名は、打ち合わせ日が水曜日に集中していたことに由来する···

このニュースへのレビュー

このニュースへのレビューを書いてみませんか?

このニュースへのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつのニュースに1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

水曜日のカンパネラ 最新情報

リリース情報

●2019年4月3日 デジタル配信
水曜日のカンパネラ & オオルタイチ
『YAKUSHIMA TREASURE』

▷ダウンロード・ストリーミングURL

【収録内容】
01. 地下の祭儀
02. 島巡り
03. 殯舟
04. 東
05. 海に消えたあなた
06. 屋久の日月節

イベント情報

●YouTube Originals 作品 Re:SET 公開
「YAKUSHIMA TREASURE 発売記念 トークイベント」
日程:2019年4月3日(水)
時間:19時開始 / 20:30~21:00頃終了予定
イベント:水曜日のカンパネラ / YouTube Originals 作品 Re:SET 公開 / YAKUSHIMA TREASURE 発売記念 トークイベント
出演:コムアイ(水曜日のカンパネラ)、オオルタイチ、鎌谷聡次郎、他

作品情報

●YouTube Originals『Re:SET』 作品概要
日常から浮遊した独特な世界観の楽曲と、常に新たな試みを取り入れたパフォーマンスで、日本の音楽シーンをリードするユニット・水曜日のカンパネラ。2017年に武道館での単独ライブを成功させ、日本発、唯一無二のアーティストの座を確立した。しかし歌唱・パフォーマーを務めるコムアイは、自分らしい自由な表現ができていないことに危機感を抱いていた。

それから自分が納得する表現を追い求め試行錯誤を繰り返していたコムアイは、新曲とミュージックビデオの制作を行うため、世界遺産の島、屋久島を旅することになった。太古の自然が残る屋久島の自然と人々との出会いは、コムアイにどんなインスピレーションをもたらすのか?

新曲『屋久の日月節』が完成するまでを追う。

▷水曜日のカンパネラ・オフィシャルサイト

水曜日のカンパネラ Profile

2013年からコムアイを主演とするユニットとして始動。メンバーはコムアイ(主演)、ケンモチヒデフミ(音楽)、Dir.F(その他)の3人だが、表に出るのは主演のコムアイのみとなっている。

2014年11月に発売した 『私を鬼ヶ島に連れてって』に収録されている楽曲「桃太郎」がWEBやラジオを中心に話題となり耳の早いリスナーが次々と中毒者になっている。

2016年6月22日にワーナーミュージックよりリリースしたEP『UMA』は、Myd(CLUB CHEVAL)、MUST DIE!、Matthewdavid、Brandt Brauer Frickなど海外のクリエイターも参加するなどサウンド面でもバラエティ豊かなEPでデビュー作を飾る。2017年2月にはフルアルバム『SUPERMAN』をリリース。iTunesでは2日間連続1位を獲得。3月には初の日本武道館単独公演で成功を収める。

主演のコムアイは、2017-18年秋冬のミラノ・コレクションのショーでランウェイモデルとしても歩き、11月にはVOGUE JAPAN WOMEN OF THE YEAR 2017を授賞するなど様々な活動を行なっている。

2018年、EP「ガラパゴス」をリリース後、アーティスト初となるアジアツアー10都市を成功させる。2019年に入り「かぐや姫」のMusic Videoが文化庁メディア芸術祭で新人賞を獲得するなど様々な分野で評価されている。

▷水曜日のカンパネラ・HP
▷水曜日のカンパネラ・Twitter
▷水曜日のカンパネラ・Weibo
▷コムアイ・Instagram

サカナクション「新宝島」MVはさすがの…

ビーバー・イズ・カムバック!! 新曲「…