1. 歌詞検索UtaTen
  2. ニュース
  3. J-POP
  4. 大黒摩季

大黒摩季、30周年記念アルバム「BACK BEATs #30th Anniversary ~SPARKLE~」12月14日待望のリリース !


30周年を記念アルバムをリリース

大黒摩季が12月14日(水)に、デビュー30周年を記念して製作されたアルバム『BACK BEATs #30th Anniversary -SPARKLE-』をリリースする。

2022年5月27日にデビュー30周年を迎え、現在、全国47都道府県ツアー「MAKI OHGURO 30th Anniversary Best Live Tour 2022-23 -SPARKLE- Powered by CHANPAGNE COLLET」を開催中の彼女。同作は、30周年の節目にふさわしい待望の一作に仕上がっている。

“ New Songs ” 盤

コロナ禍の間、決して止まることなく只ひたすらに、その時々の想いを作品に変え、制作に没頭した中から生まれた作品や、30周年を迎えるにあたって気持ちも新たに書き下ろした作品など、彼女の真骨頂である辛辣な“女の本音”や社会風刺が描かれている。

気づけば誰もがポジティブSwitchを押されてしまうストレートなメッセージたちは、この混沌とした時代にこそ必要不可欠だ。

大黒摩季のレコーディングに欠かせない、サウンド・プロデューサー&トラックMakerのYoheyと共に、ルーツMusic&ミュージシャンの生演奏をベースに最新の音やリズムをふんだんに盛り込む大黒流Mixture Soundは更に飛躍する。

まるで音楽をおもちゃに戯ているがごとくイヤフォンの中を飛び跳ねるSound Makingは、古き良きものと進化を繋ぎ、デジタル技術によって飽和した音楽の在り方への“正解”を示すかのように秀逸だ。

これまで以上にパワフルでソリッドながらに酸いも甘いも噛み分けた太陽のような声の包容力と絶対的なVocalスキルは、歌い手を目指す者達への確かなバイブルとなるだろう。

“ Re-mixes ” 盤

DJ KOO、DJ HONDA、DJ YUTAKA、DJ KAORIら日本を代表するDJ&リミキサーが勢揃い。

同じくYoheyを含んだ、最強REMIX軍団となって大黒摩季のヒット作品を見事に生まれ変わらせた。これほどのメンツを一挙に揃えられてしまう自称“叩き上げ”30年選手の求心力は圧巻だ。

” Best Seller ” 盤

数ある大黒摩季のヒット曲の中から、ベスト・セラーと呼べる作品を集めた、まさにセールス・ベスト。

自身最高のCDセールス枚数を誇る「ら・ら・ら」から、2022年新作映画の公開で再び注目を集めているスラムダンクのテレビアニメ主題歌であった『あなただけ見つめてる』、仮面ライダーオーズの主題歌として起用された『Anything Goes!』など、30年間を彩って来たヒット曲が収録。

今の時代にふさわしいサウンドにしたいという思いから、自ら立ち会いのもとに全曲がリマスタリングされた。

誰もが認めるLIVE DIVA

11月末には4つに分けられた全国47都道府県ツアーのSeason2を終え、12月からは東京、名古屋、福岡、西宮の全国主要4都市で初のシンフォニック・コンサート「MAKI OHGURO 30th Anniversary☆Symphonic Tour 2022 ~SPARKLE~大黒摩季 × 栁澤寿男MAKI's Formal♡そしてあなたも私もPRINCE♠ & PRINCESS♥」を開催する。

フル・オーケストラによってアレンジされたヒット曲を聴きながら、華やかな年末の季節をオシャレに、そしてエレガントな気分に浸って欲しいという大黒摩季たっての願いで企画されたコンサート。コロナ禍で延期されていたが、開催されることになった。

シンフォニックと言えども、『熱くなれ』や『ら・ら・ら』などヒット曲のEmotionalなライブ感は勿論のこと、まさか大黒摩季が?!というような映画音楽のカヴァーや、ここでしか聞けないオーケストラアレンジのレア曲は必聴だ。

世界が認める情熱的かつ叙情的な栁澤寿男のタクトがコロナ禍に萎縮した心にダイナミックに、そしてファンタジックな魔法をかけ、伸びやかな声が最高のMUSIC TRIPさせてくれるに違いない。

本作は単なる30周年記念・大黒摩季の音楽人生の集大成という内容に留まらず、作品から溢れるこの先に始まるアーティスト活動31年目、今後の彼女の生き様へ向けた「自分を使い果たして終わりたい」という強い意志が、その声がきっと、受け取った人に底知れぬ勇気や希望を与えてくれるだろう。

楽曲情報

『BACK BEATs #30th Anniversary ~SPARKLE~』のジャケ写
30周年記念アルバム 『BACK BEATs #30th Anniversary ~SPARKLE~』

Disc "New Songs"

1. Intorduction 〜 光 その先へ 〜

2. SPARKLE (読売テレビ・日本テレビ系全国ネット 土曜よる6:00放送「名探偵コナン」オープニングテーマ)
大人気アニメ「名探偵コナン」オープニングテーマとして 7月9日よりオンエアされて話題のアルバムのリード作品。ギターにはWANDS・柴崎浩が参加している。

3. 東京 Only Peace (札幌テレビ放送「ハレバレティモンディ」2021年8月-9月エンディングテーマ)
昨年、東京オリンピック開催をきっかけに制作、配信リリースした作品。プロデュース・武部聡志のもと、日本を代表する錚々たる和楽器奏者、尺八 / 藤原道山・ 太鼓 / ヒダノ修一・三味線 / 小山豊(津軽三味線小山流三代目)らが参加している。
日本が築き上げたこの美しい”平和”を、その素晴らしさを今、世界に伝えよう!『終戦の日から ただの一度も戦争のない国は希少さ 窮地でも僕らは争わない』『希望の声を繋げよう 一つになろう もう一度』 『平和は日本(ぼくら)の誇り』という歌詞が、奇しくも今年2月のロシアのウクライナ侵攻によって世界的に見直されている“平和”の意義としてこの作品で強く歌われていた。

▶太鼓ドラマー:ヒダノ修一
「コロナが蔓延しはじめた頃、摩季さんから連絡があった。世の中が元気になるような曲を一緒に作ろうって。先が見えない僕に勇気と希望をくれた瞬間だった。完成した壮大な作品はまさに頑張れニッポン!。和楽器をフューチャーしたオープニングは、負けない日本人の強さの象徴だ。そこにシャーマンな摩季さんの少し抑えた心の叫びが加わる。和楽器隊とメロが交互になり最後は1つに重なり合う。これぞ、我らのソウルミュージック。摩季さん、ありがとう。あなたに出逢えて本当に良かった!」

4. 君に届け feat. doa、川島だりあ
大黒摩季自身が、90年代ビーイング・サウンドを意識し自身が学んだクリエイティブの集大成として、敬愛し戦友・盟友でもあったZARD坂井泉水が今生きていたなら歌って欲しいメロディーとして、このアルバムの最後に書き下ろした作品。共にビーイングサウンドを支えてきた作家・サウンドプロデューサーの徳永暁人、大賀好修のギター、川島だりあ、徳永暁人を含めdoaのメンバーの分厚くヒューマンなコーラスワークなど、ビーイング・グループのサウンドを担うミュージシャンのみが参加している。

★先行配信決定!アルバムリリースに先駆けて、12月1日よりダウンロード&ストリーミング配信がスタート!

▶サウンド・プロデュース&アレンジ:徳永暁人 (doa)
「はじめに大黒さんからデモ音源を頂いたのですが、ピアノ弾き語りの音とは別に、カッコ書きで “Talk voice” という音声ファイルがあったんです。何かと思って聴いてみたら、大黒さんがひたすらこの歌に寄せる想いを5分以上トークしているものでした。最初は驚きましたが、聴いているうちに気持ちがどんどん伝わってきて。聴き終わった時にはもう僕の頭の中ではアレンジの音が鳴っている状態でした。
沢山の素晴らしいミュージシャンの方々に参加して頂き、本当に最高の仕上がりになりました。サビの言葉はほとんど「oh〜」だけなのですが、『ら・ら・ら』のように、言葉には表しきれない想いがたくさん詰まっている曲だと思います。この曲が皆さんの心に響きますように。」

5. 今そこに君がいる 今ここに僕がいる(劇場版「にゃん旅鉄道」主題歌)
 この夏に公開され話題となった劇場版「にゃん旅鉄道」の主題歌。猫好きアーティストしても有名な大黒摩季が台本を読んで感動、一気に書き下ろした作品。ジャケット・インナーにも使われている写真は、映画でも撮影を担当したカメラマン・五十嵐健太によるもの。

▶劇場版「にゃん旅鉄道」監督:福井政文
「会津の四季は
春は桜の色が濃く
夏の新緑は絵に描いたような緑色
秋の紅葉は燃えるような色をつけ
冬の豪雪は一面を真っ白な世界へといざなう

劇場版『にゃん旅鉄道』はめまぐるしく変わる四季をバックに猫駅長たち兄弟が一生懸命仕事をする主題歌は猫好きと知られている大黒摩季さん以外にはなかった。
会津の四季の流れを音楽にのせて描いてくれる猫目線でのラブソング主題歌が完成してお聞きした時に エンディングの映像が負けてしまうと演出を変更をした。完成した映画はラストの歌声で全ての人が前向きな気持ちになれる歌の力を改めて知りました。本当にありがとうございました。」

6. 太陽のサルサ〜 ¡Salsa del sol! 〜
“ ラテン家の人々 ” feat. Maquita Gomez, オルケスタ・デ・ラ・ルス, 當間ローズ, RIOSKE
日本のラテン・ミュージック第一人者でもあるオルケスタ・デ・ラ・ルスの「日本ラテン化計画!」に賛同♪日本をもっと明るく楽しくしよう‼︎と結成した“ ラテン家の人々 ”のテーマ曲として制作した作品。サルサに国境はない!音楽に国境はない!ラテン音楽好きは誰が入ってもいいようにと名付けられたユニット名“ ラテン家の人々 ”。 オルケスタ・デ・ラ・ルスを筆頭に、ラテン音楽の本堂ブラジル・スペイン・イタリアの血をひく“ラテンの貴公子”當間ローズや大黒摩季が自身の生徒としてかつて出会い歌を聴いた瞬間からそのボーカル・センスを天才!!と認めているペルーの血をひくRIOSKEも参加し、サウンド・プロデュースはYoheyが担うことで今の時代にも響く豪華なサルサ・ミュージックに仕上がっている。

 ▶アーティスト:當間ローズ
「『Dee Dee Dee Dee Deeper Love ~恋のソーシャルディスタンス~』から2年振りのラテン・コラボで、今回も摩季さんのパワフルなラテン魂に触れて、改めて摩季さんの中にはラテンの女神が宿っているのだと感じました。心の “ラテン” をくすぶるリズムとメロディーに足は勝手にサルサステップ、手は勝手にサルサクラップ。
そして、今回は日本のラテン界最高峰のラテンバンド「オルケスタ・デ・ラ・ルス」とのスペシャルコラボで、ラテン歌手として最高の名誉と貴重な空間を体験させて頂きました。レコーディングでは、日本にいることをも忘れさせるラテン・バイブス&情熱には震えました。NORAさん、JINさん、摩季さん、RIOSKEさんと僕の「ラテンのせいにして」あなたも一緒に、真っ赤な太陽とコバルトブルーの海が待つ、ラテン・ワールドへトリップしましょう!
きっと皆様も、この曲で今日からラティーナ&ラティーノ!!! Vamos!!!」

7. Glamorous Butterfly 〜 Purple Haze ver. 〜
2021年に、“氷川きよし” へ書き下ろしたロックなナンバーをセルフカバー。
アルバム制作も佳境に達した頃、突然に「今、やるべきだと思うの 」、「今じゃなきゃ表現できないと思うから」と急遽レコーディングされたもの。
氷川に書き下ろした際には、妖艶さと繊細さ、そして切なさを超えた強さを表現したものだったが、氷川が充電休業に入るその前に、この作品のアンサーソング&メッセージのつもりで内に秘めたナイーブさ柔らかさ脆さしなやかさを表現すべく、氷川と同じKeyで大黒摩季の武器とも言える地声のハイトーンではなく、ハスキーVoiceのウィスパーを中心に多用し、意志の根底にある主人公の心の声を表現。今回のアルバムにこだわる大黒摩季の執念が結実した作品。

8. Whenever 〜あなたがいたから〜 (30th Anniversary MʼDRIVE オリジナルソング)
30周年を記念してファンクラブのメンバーに、今まで支えて来てくれたことへの感謝の思いを込めて制作、Presentしたバラード。今の時代らしく、レコーディングの模様を配信しながら制作を重ね、30周年スタートとなった5月27日のファンクラブ・イベントで生ライブ中継として初披露した。

9. Cheers!! feat. RIOSKE (CHAMPAGNE COLLET CMソング)
開催中の全国47都道府県ツアーのサポートカンパニーでもあるCHAMPAGNE COLLETのCMソングとして作られた作品。シャンパン好きの大黒摩季らしく、「頑張った日には自分へのご褒美としてお気に入りのシャンパンを開ける」という自らのライフスタイルを歌にしている。そしてこの曲に起用されたRIOSKEにあたっては、「さすが私のすべてを委ねた生徒!ビブラートのキレ際までピッタリついてくる、私もRIOSKEを知り尽くし彼のリズムもピッチも体にあるから、不意のフェイクにもついて行ける!なんて幸せなデュエットでしょう★」と歌&コーラス入れ終了後の開口一番。「若い世代にチャンスを作るのは、大人の義務。この作品を名刺の一つに、大黒摩季を利用して大きく羽ばたいて欲しい」、自分自身の進化だけではなく、後進への道筋を作る新たなフェーズに入ってきている大黒摩季も楽しみだ。

10. I’m sorry, Cause I’m a woman 〜 大福のテーマ 〜 feat. 福原美穂、光永泰一朗、RIOSKE
「大福」とは、大黒が福原みほと共に吉川晃司 Premium Night "Guys and Dolls" presented by WOWOW『INVITATION』のコーラス&コーラスアレンをつとめた際に、吉川に付けられたユニット名である。ならば二人のテーマソングを作らねば‼︎日本のロバータ・フラックを独り占めしたい‼︎と制作されたもの。ジゲスト・ボーカルに福原みほ、甘く洗練されたヴォーカルワーク・大黒の英語の先生でもある光永泰一朗、そしてここにも再びRIOSKE。トランペットにJapanese JazzのPrince&先導者であるTOKUを迎え、ギターはあらゆるジャンルなりとも弾きこなし大黒から絶大なる信頼を受けるDemensionの増﨑孝司、ベースには世界の日野"JINO"賢二、キーボードは80年代のブラックコンテンポラリーそのものの音を再現できる逸材KalebJames、ドラムにはTemptations・Ashanti・Michael Pauloのサポート&上田正樹・久保田利伸・AIなどR&BアーティストのレコーディングをするなどSupper Grooveの持ち主Jay Stixx。サックス&ブラスアレンジには大黒のツアー&レコーディングメンバーでもあり今や日本音楽界には欠かせない竹上良成ら豪華ミュージシャンを集めたスーパーBand、本人曰くご褒美Bandによるセッションレコーディングされたファンクなナンバー。福原のソウルフルなヴォーカル、ヴォーカル陣それぞれの声質を生かすためにメロディメイクは勿論コーラスアレンジは大黒自身が行い、打ち込みサウンド全盛の時代に生演奏にこだわって全ミュージシャン一緒に1発録りした贅沢なサウンドが聴ける。

▶アーティスト:福原みほ
「大好きな地元札幌の先輩である大黒摩季さんの30周年記念作品に参加させていただき、大変光栄でした!
皆様想像通り、摩季さんはパワフルで優しい!!そして一緒に飲むと可愛い愛おしい!!
30周年という節目にとてもかっこいいファンク曲を一緒に歌わせていただき、感謝です!(メンバーもまじで最高!!)
これからも一緒に歌えることを楽しみにしています!」

11. サンタランRUN♪RUN♪ (東京グレートサンタラン&大阪グレートサンタラン公式テーマソング)
毎年12月に開催されて来たチャリティ・イベント「グレートサンタラン」のテーマソングとして、2018年に制作された作品。2018年に配信リリースされていた。来る12月3日、3年振りにイベントとして開催されるにあたって、大黒摩季自身もアンバサダーとして参加し、スペシャル・ライブを行うことが決まっており、今年もまた子供たちといっしょにこの作品を歌ってイベントを盛り上げる。

12. Sing
30周年を迎えるにあたって、30年間唄って来た意義を自らに問いかけ、そこから導き出した思いを歌にした作品。レコーディングは、高校時代を過ごした札幌の藤女子中学・高等学校の講堂にある憧れのスタニスラフ・ブーニンがドイツ亡命前に弾いていたスタンウェイのピアノを使って弾き語り録音した。音楽活動を始めていた当時、いつも憧れていたピアノを弾いて、この作品を残したいと大黒摩季の願いが実現したもので、そのレコーディングの模様は、ミュージック・ビデオとしてアルバムの特典DVDに収録されている。

13. 光 その先へ (SPARKLE ver.) (30th Anniversary MʼDRIVE オリジナルソング)
「Whenever 〜 あなたがいたから 〜」同様、ファンクラブのメンバーに感謝の思いを込め、生配信イベントに寄せられたファンからの言葉をまとめ、そこから実際に作曲し、レコーディングまでも仕上げた、純然たるファンへの大黒からのプレゼント曲。SPARKLE=輝きを放ったその光 その先へ共に行こう!という強いメッセージを込めた、アップテンポなROCKナンバー。

Bonus Track
14. 君が代
15. ら・ら・ら ~ Sweet Angel♡ ver.~


■ Disc "Re-mixes"
1. DJ KOO Hyper Non Stop Mega Mix 30 “SPARKLE”
2. DJ YUTAKA & DJ OGGY “Lie, Lie, Lie,” LA, Fresh Back INC Mix
3. YOHEY TSUKASAKI “Natsu ga kuru” Phil da Gale Chill out dance Mix
4. YOHEY TSUKASAKI “DA KA RA” Phil da Gale Lo-fi Banjo Mix
5. dj honda “Anatadake Mitsumeteru” NY, KAWAZOE Connection Mix
6. YOHEY TSUKASAKI & Orquesta De La Luz “LA LA LA” Let’s Hit The Rainbow Beach, Salsa Mix
7. DJ KAORI Girl’s Night Out Mix with “SPARKLE”


■ Disc "Best Sellers"

01 ら・ら・ら
02 あなただけ見つめてる
03 DA・KA・RA
04 夏が来る
05 いちばん近くにいてね
06 チョット
07 熱くなれ
08 永遠の夢に向かって
09 別れましょう私から消えましょうあなたから
10 白いGradation
11 愛してます
12 あぁ
13 Harlem Night
14 空
15 Anything Goes


■ 特典DVD「Music Video」
01 Sing
02 東京Only Peace
03 WE ARE THE LOVE 〜dedicated to J & L〜
04 YOHEY TSUKASAKI “Natsu ga kuru” Phil da Gale Chill out dance Mix
05 Tender Rain
06 太陽をつかまえに行こう


■ 特典DVD「大黒摩季 LIVE NATURE #0 “Nice to meet you” at Rainbow Square Ariake on 1997.8.1 [ Digital Remaster ] 」 (BIG盤のみ)
01 いちばん近くにいてね
02 別れましょう私から消えましょうあなたから
03 あなたがいればそれだけでよかった
04 熱くなれ
05 あなただけ見つめてる
06 ら・ら・ら


《 仕様 》
■CDは3枚とも『Blu-spec CD2TM』(株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメントが2008年に発売を開始した『Blu-spec CD』からさらに研究開発を重ね、Blu-ray Disc製造技術のすべてをCD製造に投入することによって完成させた、より一層原音に忠実な高品質CD)でお届け!

▶︎BIG 盤 [3CD+2DVD] [初回限定生産]  JBCZ-9132~34 15,000 円 (税込)
・A4 サイズスペシャルパッケージ
・ブックケース仕様
・64P 写真集仕様豪華ブックレット
・本人直筆メッセージ(プリント)入り
・SPECIAL CONTENTS アクセス用シリアルナンバー封入〜「Sing」Making & Photo Gallery 

▶︎STANDARD 盤 [3CD+1DVD]
・ブックケース仕様 (初回プレス分のみ)
・56P ブックレット

大黒摩季 コメント

燃え尽きました・・・(苦笑)。
久々にミイラになるほどに出し尽くしました。

両親とも見送り、自分の家庭や家族もなくもはや失えるものも無くなった私にとってどう生きて行けば良いのかわからなかった時、私をオーディションから見つけてくれた当時のスタッフであり、その後マネジメント〜映像プロデューサーなどを経て再びチーフマネージャーとして支えてくれているT氏が、虚無で歩き出せなかったお正月にふと「 摩季が歌う理由、歌い続ける理由って自分は聞きたい、きっとファンも聞きたいはずだよ。もういいよ、世のため人のために作品を作らなくても、もう一回自分のためだけに書いてごらん。きっと摩季は、作れば歌えば答えが見えるから。」

と言われて、ふと思い描いたら、まるでダムが決壊したかのようにSingが溢れてきて、その瞬間〜1時間くらいでこの曲は生まれた。
というか年に一度あるかないかの、降ってきた、という感じ。

周年っていつも、走っている自分自身はピンとこないまま祝ってくれようとするファンの皆さん、スタッフ&メーカーさんへの感謝のカタチ、喜んでほしくて張りきる年、という感じで、今回ほど自分がのめり込んだことはないかも知れない。

間もなく53歳。
家の血統からしたら遺伝や病気やと思えば40周年で今と同じパフォーマンス&クオリティは無理に近いし、これ以上を望むと危険、というくらい。

病気療養あけも同じだったけれど、死に損ないのゾンビは歌えるだけで音楽を作れるだけで有り難く幸せ。ライブなんてまるで奇跡のようなもの。子供という遺伝子を残せない私が残せるものといえば、記憶と技術・作品・思想。だから自分を使いきって、まるで実験のデータのように技術を後進へ残し、全身全霊なる作品を残す、もしも明日死んでも後悔のない今を刻むこと。とはいえ、日々に追われているとそこまで出来てはなかったけれど今回は出来たと思います。

だからあれをどうして欲しい、どう聴いて欲しいとかそういう私欲的なことはなくて(プロモーションなのに周りに怒られるけど、笑)マスターベーションと言われようとも関係ない超自己満(笑)、何もないところからメロディーを生み出し最後の最後のマスタリングマスターを聞きながら録るところまですべて、心底納得して、嬉しくて感動して、どんなにハードでも脳みそちぎれるくらい考え突き詰めヘトヘトだったけれど諦めずしぶとくやり抜いて、全部が全部に満足出来た初めての丸ごと大黒摩季なアルバムなんです。

だからもし明日死んだら、何よりこのアルバムを聴いて欲しいなと(苦笑)。もしかして来年、もっとそう思えるものが出来たら儲けもの、最高。そうなんですよね、死ぬ気で生きるのはカッコイイけど苦しい。だけどね、死んだ気で生きるとすべてが愛おしく嬉しい。

だからこれまでの痛みや苦しみ苦労や逆境があってよかったと心から思えます。とりとめもないけれど、私は今の私が人生で一番好き。歌もパフォーマンスもクリエイティブも今が一番イイ、楽しい。やっと、ご褒美タイムに入ってきたのかも知れません♪

頑張り続けているあなたにも、この素敵なご褒美タイムは必ずやってきます!その日までの生き苦しい時を倍速で走る、その手助け=BGMになれたら本望です。

SPARKLE★
自分から輝く、光を放つって発光。自分から光を放てる人になれたなら、もう美容液もファンデーションも照明もいらなくなる。そんなナチュラルで輝ける人に私はなりたいです。どうですか?  ご一緒に♪
Let’s SPARKLE

大黒摩季

ライブ情報

●2022年12月4日(日) 東京都・東京文化会館 大ホール 
開場 16時00分 / 開演 17時00分 
●2022年12月16日(金) 福岡県・福岡サンパレス ホテル&ホール
開場 17時30分 / 開演 18時30分
●2022年12月21日(水) 愛知県・日本特殊陶業市民会館フォレストホール
開場 17時30分 / 開演 18時30分
●2022年12月25日(日) 兵庫県・兵庫県立芸術文化センター KOBELC 
開場 16時00分 / 開演 17時00分

<指揮> 栁澤寿男
<管弦楽>
・東京:日本フィルハーモニー交響楽団
・福岡、西宮:京都フィル・ビルボードクラシックスオーケストラ
・名古屋:セントラル愛知交響楽団
■チケット:11,000円(税込) ※来場者特典付き ※全席指定 ※未就学児入場不可
※詳細、チケット情報は大黒摩季公式H.Pをご確認ください。

《 Season II 》
2022年11月26日(土)  三重県・シンフォニアテクノロジー響ホール伊勢
2022年11月27日(日)  滋賀県・ひこね市文化プラザ

《 Season III 》
2023年1月14日(土) 静岡県・磐田市民文化会館「かたりあ」
2023年1月15日(日) 岐阜県・土岐市文化プラザ開場
2023年1月20日(金) 兵庫県・あましんアルカイックホール
2023年1月22日(日) 京都府・ロームシアター京都メインホール
2023年1月28日(土) 群馬県・渋川市民会館
2023年1月29日(日) 茨城県・結城市民文化センターアクロス
2023年2月4日(土)  愛知県・アイプラザ豊橋
2023年2月11日(土) 神奈川県・神奈川県民ホール
2023年2月23日(木) 青森県・八戸市公会堂
2023年2月25日(土) 秋田県・あきた芸術劇場 ミルハス 大ホール (旧秋田県民会館)
2023年3月4日(土) 富山県・富山市芸術文化ホール(オーバード・ホール)
2023年3月5日(日)  新潟県・長岡市立劇場
2023年3月10日(金) 大分県・iichiko総合文化センター グランシアタ
2023年3月11日(土) 佐賀県・佐賀市文化会館 大ホール
2023年3月14日(火) 長崎県・福江文化会館 大ホール(五島) 
2023年3月18日(土) 長崎県・長崎ブリックホール
2023年3月19日(日) 福岡県・北九州ソレイユホール
2023年3月24日(金) 香川県・レクザムホール(香川県県民ホール)
2023年3月25日(土) 愛媛県・松山市民会館 大ホール
2023年4月8日(土)  千葉県・松戸森のホール21 大ホール
2023年4月15日(土) 東京都・府中の森芸術劇場
2023年4月16日(日) 福島県・けんしん郡山文化センター(郡山市民文化センター)
2023年4月22日(土) 埼玉県・ウェスタ川越 大ホール
2023年4月23日(日) 太田市民会館

※詳細、チケット情報は大黒摩季公式H.Pをご確認ください。

▷大黒摩季オフィシャルサイト

▷大黒摩季オフィシャルファンクラブ

▷大黒摩季 You Tube 公式チャンネル

▷大黒摩季 Twitter

▷大黒摩季 instagram

このニュースへのレビュー

このニュースへのレビューを書いてみませんか?

このニュースへのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつのニュースに1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約