1. 歌詞検索UtaTen
  2. hanako okuの作詞・作曲・編曲歌詞一覧

hanako okuの作詞・作曲・編曲歌詞一覧

13 曲中 1-13 曲を表示
楽曲・タイトル アーティスト 歌詞・歌い出し

楔ーくさびー

奥華子

作詞: hanako oku

作曲: hanako oku

歌詞:終電後の誰もいない道に 二人の悲しげな一つの影 もう二度ともう二度と 会わないと 心に誓い合った夏の夜

笑って笑って

奥華子

作詞: hanako oku

作曲: hanako oku

歌詞:大事なものを 強く握り締めたら 粉々になって 指の隙間から落ちていった だから今度は

片想い

奥華子

作詞: hanako oku

作曲: hanako oku

歌詞:もしもこのまま時が止まれば こんなにも幸せな事はないけれど 同じ場所にいるだけで ときめいてた 嬉しかった

その手

奥華子

作詞: hanako oku

作曲: hanako oku

歌詞:遠く離れた街に住む 二人が出会えた事が 幸せで 幸せな事 はじめて心から思う

境界線

奥華子

作詞: hanako oku

作曲: hanako oku

歌詞:私がこの世に生まれてきた事は ただの偶然で奇跡ともいえて 大人になりたいと背伸びしてた頃 今よりいろんな事が見えていた気がする

愛されていたい

奥華子

作詞: hanako oku

作曲: hanako oku

歌詞:愛された記憶だけで 人は優しくなれるかな 騒がしい街の中で 擦れ違う人も見えない

涙の色

奥華子

作詞: hanako oku

作曲: hanako oku

歌詞:涙の色も知らなかったの あなたに出会う前の私は そばにいるだけで涙が出る事 知らなかったの

笑った数

奥華子

作詞: hanako oku

作曲: hanako oku

歌詞:四六時中あなたの事を 考えてる時はとっくに過ぎ 当たり前に私の横で 爪を噛んでいるあなたがいる 出会った頃

伝えたい言葉

奥華子

作詞: hanako oku

作曲: hanako oku

歌詞:小さい頃に歩いた坂道 今ではなんだか近いな 駅前の店や公園の香り あの頃のままで

そんな気がした

奥華子

作詞: hanako oku

作曲: hanako oku

歌詞:いつも笑ってる 君の横顔 緑の丘に咲いてるコスモスの花のよう どんな夢を見ているの?どんな顔をしてるの?

虹色の目

奥華子

作詞: hanako oku

作曲: hanako oku

歌詞:そばにいて 少しでも同じ時 生きていたいから 揺れてるよ 輝くよ

自由のカメ

奥華子

作詞: hanako oku

作曲: hanako oku

歌詞:今日は何もやる事がなく 珍しく御飯を作ってみた 自分の為に何かやるなんて とっても久しぶりな気がしたよ

雲よりも遠く

奥華子

作詞: hanako oku

作曲: hanako oku

歌詞:君に会いたくて 君に会えなくて せめて心変わりを僕のせいにして 君の優しさが 僕の胸の中で冷たく息をしている