1. 歌詞検索UtaTen
  2. 特集
  3. J-POP
  4. 歌詞コラム
  5. GLIM SPANKY
  6. 『ワンピース』映画主題歌でなぜ怒りを欲するのか?GLIM SPANKYの『怒りをくれよ』

【歌詞コラム】『ワンピース』映画主題歌でなぜ怒りを欲するのか?GLIM SPANKYの『怒りをくれよ』

『ワンピース』原作者の尾田栄一郎が、ラジオで聴いてこのユニットを気に入り大抜擢。尾田栄一郎が選ぶのも納得なほど、松尾レミの独特なハスキーボイスが特徴的。亀本のギターが、この声を活かします。

公開日:2016年8月17日 更新日:2017年5月30日


この記事の目次
  1. ・GLIM SPANKY 最新情報
  2. ・リリース情報
  3. ・ツアー情報
  4. ・VEVOにてMVフル尺で公開中!
  5. ・GLIM SPANKY Profile


GLIM SPANKYは、ボーカルの松尾レミとギターの亀本寛貴の2人組ユニット。まだ一般的にほとんど知られていない存在ですが、2016年の夏公開の『ワンピース』の映画主題歌に抜擢されました。『ワンピース』原作者の尾田栄一郎が、ラジオで聴いてこのユニットを気に入り大抜擢。尾田栄一郎が選ぶのも納得なほど、松尾レミの独特なハスキーボイスが特徴的。亀本のギターが、この声を活かします。

映画『ワンピース』の主題歌タイトルは『怒りをくれよ』。『ワンピース』の主人公、ルフィの生き様を歌っているかのような曲です。



“限界のピンチを本気で感じて初めて
本能が震えて新しい自分が目覚めるんだ”


「限界のピンチ」「新しい自分が目覚める」という歌詞が序盤で出てきます。強敵という戦い、ピンチになるたびに新しい自分の力を覚醒させてきたルフィの姿を、見事に歌詞にしています。

“怒りをもっとくれ 本気になりたいんだ
まだ全然足んねえな 怒らせてくれよ”


「怒りをもっとくれ」と歌うサビです。インパクトのあるフレーズ。人は、基本的には怒りをおさえて生活しています。『ワンピース』世界の住人ですらそう。強大な支配者に逆らわず、怒りをおさえた生き方を選びます。

しかし、「本気になりたい」ルフィは、違います。敵とも仲間とも全力でぶつかりながら成長していくのです。このルフィの本気の生き方を「怒りをもっとくれ」というフレーズで表現しているんですね。

“馬鹿は馬鹿げた夢 追うしか出来ねえんだ
試練何度越えようが満足を蹴り飛ばし行こうぜ”


「馬鹿は馬鹿げた夢 追うしか出来ねえんだ」このフレーズも良いですね。「海賊王になる」というルフィの壮大な馬鹿げた夢を歌っています。「試練何度越えようが」ここも、いかにも少年漫画らしいフレーズ。試練を乗り越えていくルフィの生き様。さらに「満足を蹴り飛ばし行こうぜ」と続きます。現状に満足せずに進めという歌。

松尾レミの歌唱力が、歌詞に説得力を持たせています。なぜ若くして、こんな歌が歌えるのか。


GLIM SPANKYは、もともと2007年に生まれています。文化祭のコピーバンドから始まり、2009年には閃光ライオットのファイナリストにも選ばれました。2010年にベースとドラムメンバーが脱退。2014年にメジャーデビューを果たし、今に至ります。ここまで来るのに意外と時間がかかっているんですね。決して平坦ではなかった道のりが、歌に奥行きを持たせているのです。

これまで、このユニットは『焦燥』や『大人になったら』など、大人になることへの焦燥感を歌った曲を発表してきました。そして、この『怒りをくれよ』も、そんな焦燥感の延長にある曲。

大人しくなるくらいなら、怒りをぶつけて全身全霊でぶつかろう。そういう曲です。「本気になりたいんだ」とは、自分達が音楽に対して本気になりたいという気持ちの表れでもあります。

この曲は『ワンピース』のルフィの生き様を描いているのと同時に、自らのユニットを鼓舞している曲でもあるんですね。

TEXT:改定木魚(じゃぶけん東京本部)

60~70年代のロックとブルースを基調にしながらも、新しい時代を感じさせるサウンドを鳴らす、松尾レミ(Vo/Gt)&亀本寛貴(Gt)からなる男女二人組新世代ロックユニット。アートや文学やファッション等、カルチャーと共にロックはあることを提示している。 2014年に1st ミニアルバム『焦燥』でメジ···

この特集へのレビュー

この特集へのレビューを書いてみませんか?

この特集へのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの特集に1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

GLIM SPANKY 最新情報

リリース情報

●2018年11月21日(水) 発売
4th フルアルバム
『LOOKING FOR THE MAGIC』

★初回盤
価格:4,600(税抜)
品番:TYCT-69132
内容:CD+DVD  
※初の日本武道館ライブ本編をほぼ完全収録!

★通常盤
価格:2,700円(税抜)
品番:TYCT-60123
内容:CD

【CD 収録曲】※初回盤・通常盤共通
01. 4 Dimensional Desert
02. Love Is There
03. TV Show
04. ハートが冷める前に(アサヒ飲料「WILKINSON」コラボレーション曲)
05. The Flowers(三越伊勢丹グループ『2018花々祭 WILD FLOWERS〜花を愛する人々〜キャンペーンオリジナルソング』)

06. In the air(モバイルのために生まれたオーディオブランド『GLIDiC』タイアップ曲)
07. 愚か者たち(映画『不能犯』主題歌)(AbemaTV『格闘代理戦争2ndシーズン』主題歌)
08. Hello Sunshine(メ~テレ『デルサタ』『デルサタ11』番組テーマ曲)
09. All Of Us(テレビ朝日系列ドラマ『警視庁・捜査一課長 season3』主題歌)
10. To The Music(NHKワールドJAPAN・BSプレミアム『J-MELO』エンディングテーマ)
11. Looking For The Magic 

【DVD 収録内容】※初回盤のみ
2018年5月12日「GLIM SPANKY LIVE AT 日本武道館」ライブ映像

・アイスタンドアローン
・焦燥
・褒めろよ
・MIDNIGHT CIRCUS
・闇に目を凝らせば
・BIZARRE CARNIVAL

・The Trip
・お月様の歌
・ダミーロックとブルース
・ミュージック・フリーク
・いざメキシコへ
・怒りをくれよ

・吹き抜く風のように
・美しい棘
・ The Flowers
・All Of Us
・愚か者たち

・NEXT ONE
・END ROLL
・In the air
・サンライズジャーニー
・大人になったら




●UNIVERSAL MUSIC STORE 数量限定販売商品
CD『LOOKING FOR THE MAGIC』+ 松尾レミデザインTシャツ 
価格:5,500円(税抜)
サイズ:男女兼用L / 着丈73cm、身幅55cm 
素材:綿100%
※CD : 通常盤(TYCT-60123)と同様

▷販売サイトはこちら

●CDショップ、WEB店舗先着購入特典:松尾レミ制作オリジナルZINE(ジン、小冊子)「LOOKING FOR THE MAGIC in L.A.」
※一部店舗ではお取り扱いがございませんので、必ず事前にご購入希望店舗にて特典の有無をご確認ください。
※購入は先着ですので無くなり次第終了になります。

ツアー情報

「LOOKING FOR THE MAGIC Tour 2019」全国ツアー

【2019年】
3月2日(土) 長野県:長野CLUB JUNK BOX
3月3日(日) 長野県:長野CLUB JUNK BOX
3月10日(日) 神奈川県:横浜ベイホール
3月15日(金) 岩手県:盛岡CLUB CHANGE WAVE
3月17日(日) 福島県:郡山HIPSHOT JAPAN
3月21日(木・祝) 兵庫県:神戸CHICKEN GEORGE
3月22日(金) 岡山県:岡山CRAZYMAMA KINGDOM
3月24日(日) 山口県:周南RISING HALL

4月4日(木) 静岡県:静岡ark
4月6日(土) 熊本県:熊本B.9 V1
4月7日(日) 鹿児島県:鹿児島CAPARVO HALL
4月9日(火) 京都府:京都磔磔
4月11日(木) 愛媛県:松山サロンキティ
4月13日(土) 高知県:高知キャラバンサライ
4月14日(日) 香川県:高松MONSTER
4月26日(金) 長野県:松本a.C
4月28日(日) 新潟県:新潟LOTS
4月29日(月・祝) 石川県:金沢EIGHT HALL

5月3日(金・祝) 北海道:札幌PENNY LANE24
5月4日(土・祝) 北海道:札幌PENNY LANE24
5月11日(土) 愛知県:名古屋DIAMOND HALL
5月12日(日) 愛知県:名古屋DIAMOND HALL
5月18日(土) 大阪府:大阪なんばHatch
5月24日(金) 広島県:広島CLUB QUATTRO
5月25日(土) 福岡県:福岡DRUM LOGOS
5月31日(金) 宮城県:仙台Rensa
6月8日(土) 東京都:豊洲PIT

VEVOにてMVフル尺で公開中!

▷時代のヒーロー     
▷怒りをくれよ      
▷リアル鬼ごっこ 
     
▷ワイルド・サイドを行け 
▷闇に目を凝らせば 
▷美しい棘 
    
▷吹き抜く風のように 
▷大人になったら      
▷焦燥 

▷褒めろよ 
▷愚か者たち        
▷All Of Us        

GLIM SPANKY Profile

60~70年代のロックとブルースを基調にしながらも、新しい時代を感じさせるサウンドを鳴らす、松尾レミ(Vo/Gt)&亀本寛貴(Gt)からなる男女二人組新世代ロックユニット。アートや文学やファッション等、カルチャーと共にロックはあることを提示している。

2014年に1st ミニアルバム『焦燥』でメジャーデビュー。松尾レミの日本人離れしたハスキーな歌声が、多くのクリエイターを夢中にさせ、既に11本ものCMで歌唱を担当。

映画「不能犯」(主演:松坂桃李)の主題歌である今年1月リリース『愚か者たち』は、iTunes総合アルバムチャート1位を獲得!2016年公開映画「ONE PIECE FILM GOLD」主題歌『怒りをくれよ』、映画「少女」主題歌『闇に目を凝らせば』等を、新人では異例の大抜擢で担当。5月には、初の日本武道館公演も大成功させた。

そして今年のFUJI ROCK では、メインステージGREEN STAGE 出演が大決定!

▷GLIM SPANKY オフィシャルサイト
▷GLIM SPANKY オフィシャルモバイルサイト「FREAK ON THE HILL」
▷GLIM SPANKY ユニバーサルミュージック サイト

夏の終わりソングの鉄板『夏の終わり』に…

THE MICRO HEAD 4N'S…