1. 歌詞検索UtaTen
  2. 特集
  3. バンド
  4. 歌詞コラム
  5. Fear,and Loathing in Las Vegas
  6. チャート急浮上Fear,and Loathing in Las Vegas!新曲でのメッセージに要注目!

【歌詞コラム】チャート急浮上Fear,and Loathing in Las Vegas!新曲でのメッセージに要注目!

今、最もライブのチケット入手が困難と言われるほどの絶大な人気を誇る若手バンド、Fear,and loathing in Las Vegas(以下、「ラスベガス」)。今まで聞いたことのなかった人も聞いてほしい!

公開日:2015年7月13日 更新日:2019年2月25日


この記事の目次
  1. ・今大注目のバンド、Fear,and loathing in Las Vegas!
  2. ・癖になるシンセサイザーとロックの絶妙なコラボ
  3. ・歌詞に込められた熱い想い
  4. ・Fear,and Loathing in Las Vegas 最新情報
  5. ・リリース情報
  6. ・ライブ情報
  7. ・Fear,and Loathing in Las Vegas Profile

今大注目のバンド、Fear,and loathing in Las Vegas!


今、最もライブのチケット入手が困難と言われるほどの絶大な人気を誇る若手バンド、Fear,and loathing in Las Vegas(以下、「ラスベガス」)。

【人気アニメ主題歌を歌う!】Fear, and Loathing in Las Vegas TVアニメ「バキ」オープニングテーマに『The Gong of Knockout』決定!

インディロックシーンを追いかけている熱心なロックファンの間では数年前から早くも話題になっていましたが、その名前が最近さらに広く浸透している模様。

年初のシングル『Let Me Hear』に続いて、新曲『Starburst』が主要音楽番組のチャートアクションが良いこともあってこれまで彼らを知らなかった層にまでその知名度をひろめていっています。

この機会に今まで聞いたことのなかった人も聞いてみては?

癖になるシンセサイザーとロックの絶妙なコラボ

彼らの特長は、なんと言ってもダンスミュージックのような壮麗なシンセサイザーの音。そしてそれと相反する激しいロック要素。

ハードコアパンク、ヘヴィメタルといった激しいロックだけでなく、トランスのようなクラブ音楽の要素も加えて、様々な音楽の良いところを組み合わせた音楽性は新鮮そのもの!

一体、一曲の中に何曲分のアイディアが詰め込まれているのか。先の読めない展開と拮抗する覚えやすく美しい歌のメロディはミラクルとしか言えません。

歌詞に込められた熱い想い


そんなラスベガスの個性として個人的に大きいと思っているのが、歌詞。

全曲ではないものの、ここぞという場面で交えてくる日本語が日本のバンドであるということを主張しているようで頼もしく感じます。

さて、そんな彼らの新曲は、ライブに来てくれるオーディエンスに呼び掛けるような内容になっています。新曲の歌詞を和訳してみました。



ーーーーーーーーーーーーーーー
この曲を聴いてるみんな
伝えたいことがある
「顔上げろ、声出せ、踊り狂え…一晩中さ!」
Yeah

Oh Oh Oh Oh Oh
歌え!大きな声で!いけるだろう?
Oh Oh Oh Oh Oh
最高の思い出を作ろうぜ
俺たちが今共有しているこの瞬間を

なんていう星月夜!
踊り続けていたいね 誰もが最高の夜と感じられるように
約束するよ
揺れ動いて 踊れ!時はきた 踊って踊って踊りまくろうぜ
限界超えるくらいに

Oh Oh Oh Oh Oh
最高にイカしたダンスチューンだろ!
遅れるな!来い!
Oh Oh Oh Oh Oh
いくぞー!
全員で!
全員で!
めちゃくちゃに踊れー!
ーーーーーーーーーーーーーーー


「声出せ!」「歌え!」「行くぞー!」と、まるでステージから呼びかけてくるかのような言葉たち。ライブの熱気が伝わってくるような歌詞です。ボーカル兼シンセサイザーのMinamiはPVの中でもいつも踊りまくっています。

この曲でも「踊れ」「限界超えるくらい踊ろうぜ」と呼び掛けています。「全員で」との呼びかけは、部屋でこの「最高にイカした」曲を一人で聞いていてもライブハウスにいるかのような気分にしてくれます。

この夏もロックフェスに積極的に参加するラスベガス。この曲がかかったら、呼びかけに応じて踊りまくりましょう!

TEXT:杉原潤

2008年神戸にて結成。 ライブ会場限定販売の自主制作EPを完売させ続け、噂が噂を呼び2010年11月タワーレコード限定で1stアルバム 「Dance&Scream」をリリース。 エモ、スクリーモ、メタル、EDM、Hip Hopからアニソンまで様々なジャンルを容赦なく詰め込みんだ予測不能かつドラマティックな···

この特集へのレビュー

この特集へのレビューを書いてみませんか?

この特集へのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの特集に1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

Fear,and Loathing in Las Vegas 最新情報

リリース情報

●2019年12月4日発売
『HYPERTOUGHNESS』
価格:¥2,500+税
品番:WPCL-13030

ライブ情報

●“HYPERTOUGHNESS”Release Tour 2020

1/17 (金) 神戸 Harbor Studio
1/18 (土) 京都 KBSホール
1/23 (木) 名古屋 ダイアモンドホール
1/25 (土) 静岡 ROXY
1/26 (日) 神奈川 横浜BAY HALL

2/1 (土) 岡山 CRAZYMAMA KINGDOM
2/2 (日) 周南 RISING HALL
2/7 (金) 盛岡 club changeWAVE
2/9 (日) 郡山 #9
2/10 (月) 仙台 GIGS 17:00
2/13 (木) 神奈川 CLUB CITTA'川崎
2/15 (土) 水戸 ライトハウス
2/16 (日) 柏 PALOOZA
2/21 (金) 新潟 LOTS
2/23 (日) 富山 MAIRO
2/24 (月・祝) 金沢 EIGHT HALL
2/28 (金) 福岡 BEAT STATION
2/29 (土) 大分 T.O.P.S BittsHAL

3/7 (土) 広島 BLUE LIVE HIROSHIMA
3/14 (土) 高松 MONSTER

《VEGASTATION会員先行》
2019年 9月 20日(金) 17:00-9月30日(月)23:59

《イープラスオフィシャル先行》
2019年10月 4日(金) 17:00- 10月14日(日)23:59
▶受付はこちら


Fear,and Loathing in Las Vegas Profile

2008年神戸にて結成。

ライブ会場限定販売の自主制作EPを完売させ続け、噂が噂を呼び2010年11月タワーレコード限定で1stアルバム 「Dance&Scream」をリリース。

エモ、スクリーモ、メタル、EDM、Hip Hopからアニソンまで様々なジャンルを容赦なく詰め込みんだ予測不能かつドラマティックな唯一無二の音楽性と、老若男女問わずフロアにいる全ての人々を踊り狂わせてしまう圧倒的なライブパフォーマンスにより国内外からの熱烈な支持を受け瞬く間にライブハウスシーンを駆け上る。

以降、メディアへの露出がほとんどないにもかかわらず、彼らの全てのリリース作品はオリコンチャート上位の常連となる。

2013年3月には地元神戸ワールド記念ホールにてキャリア初となるワンマンライブ、

2015年早々には関東初のワンマンライブとなる武道館公演を開催。それぞれをソールドアウトさせ満を持して2017年、ワーナーミュージック・ジャパンへ移籍。

同年10月、5thフルアルバム「New Sunrise」をリリースし、半年にわたり47都道府県全てをまわるロングツアーを敢行。

全公演をソールドアウトさせ、2018年4月にはツアーファイナルである幕張メッセワンマン公演も大成功に収める。

同公演では、2019年を結成10周年の節目の年とし、2日間にわたるフェス(MEGA VEGAS)を開催すると宣言したがその直後、6月にギターSxunが脱退。

5人体制でその年のツアーをやりきるも翌年2019年1月にはベースKeiが死去し予定していたスケジュールは全てキャンセルとなってしまう。

最愛のメンバーとの死別によりバンド活動継続は困難かと思われたが、2019年6月、後任のベーシストとしてTetsuyaを迎え入れ再び動き始めることとなった。

いくつもの困難を乗り越え止まらずに進んでいくFear, and Loathing in Las Vegas。

彼らが次に我々に見せてくれるものは一体何なのだろうか?最早それを想像するだけでも胸が躍ってしまうのだ!

▷オフィシャルサイト

水曜日のカンパネラは桃太郎といえばハド…

ハンバートハンバートが教えてくれる誰か…