1. 歌詞検索UtaTen
  2. 特集
  3. J-POP
  4. 歌詞コラム
  5. EXILE
  6. 恋焦がれる夜に効く、EXILE「優しい光」

恋焦がれる夜に効く、EXILE「優しい光」

一緒にいることが当たり前になると、与えられる優しさについ甘えてしまって、大切であることを忘れてしまう時がある。 そんな時、改めて大切な存在に気付くのは全てが終わってしまった後、僕はそう思う。

公開日:2015年7月16日 更新日:2019年2月10日


この記事の目次 []
  1. ・一緒に居ることは当たり前?
  2. ・そんな時に聞きたい一曲『優しい光』
  3. ・ATUSHIの恋愛体験がベースになった
  4. ・思い出と共に前へ…

一緒に居ることは当たり前?

一緒にいることが当たり前になると、与えられる優しさについ甘えてしまって、大切であることを忘れてしまう時がある。

そんな時、改めて大切な存在に気付くのは全てが終わってしまった後だ。

なくしてから気付く存在が大きければ大きい程、その存在に焦がれてしまう…そんな夜がきっとあるだろう。やがて、新しい恋へ進みたくても、どうにもならない喪失となって、胸を焼く。



そんな時に聞きたい一曲『優しい光』

EXILEの通算31枚目のシングルとなる「THE HURRICANE ~FIREWORKS~」

このシングルの2曲目に収録されている「優しい光」は、そんな夜にこそ、ぜひとも聴いてほしいナンバーだ。メイン扱いではないながら、PVでは速水もこみち、市川由衣の豪華なメンバーが出演し、歌詞に沿った切ない恋の物語を見事に演じている。

ATUSHIの恋愛体験がベースになった

----------------
優しい光が そっと僕を照らしてる
”抱きしめたい” あの日の僕は
まっすぐにしか 愛せなくて
二人 歩いた公園 なにげない時間が過ぎ
いつも君は 黙ったまま 寄りそってくれたよね
≪優しい光 歌詞より抜粋≫
----------------
この曲は「運命のヒト」同様、作詞者のATUSHIの過去の恋愛体験を元に書かれた曲で、歌詞にある『僕』の1人語りからわかるように、別れてしまった女性との思い出を描いている。

しかし、ただ思い出に浸って終わるだけが「優しい光」ではない。魅力なのは、相手の女性への思いを伝えるサビの部分だ。

思い出と共に前へ…

そこでは終わってしまった思い出から一変して、“君は優しい月の光のようだった”、という感謝の気持ちと、“いつの日か自分も優しい光になって、君を照らしたい”、という誓いを述べる、『今の僕』の思いが込められた内容となっている。

語り手である『僕』は、思い出を胸に前へ進もうとしているのだ。

この内容を踏まえ、一番聴いて欲しいのは3回目のサビ部分と共に流れるピアノソロ。「優しい光」では所々で月、夏の星座などの言葉が所々で用いられているように、夜空を見上げたくなるナンバーとなっている。

月も星も、どれだけ近く見えても手が届かない遠くにある印象だが、このピアノソロが加わることで、まるで夜空の下に立つ『僕』に優しい光が降り注いでいるような光景を浮かび上がらせる。

この演出が、曲の内容を更に引き立てていると言えるのだ。思い出に恋焦がれるだけでは終わらせない「優しい光」


思い焦がれるそんな夜には、EXILEが贈る感謝と誓いの歌で恋する気持ちを前へ進めて行って欲しい。

TEXT:空屋まひろ

【EXILE】 HIRO、松本利夫、EXILE ÜSA、EXILE MAKIDAI、EXILE ATSUSHI、EXILE AKIRA、EXILE TAKAHIRO、橘ケンチ、黒木啓司、EXILE TETSUYA、EXILE NESMITH、EXILE SHOKICHI、EXILE NAOTO、小林直己、岩田剛典、白濱亜嵐、関口メンディー、世界、佐藤大樹からなる19人組のダンス&ヴォーカルグループ。 ▷EXI···

この特集へのレビュー

この特集へのレビューを書いてみませんか?

この特集へのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの特集に1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

レキシが教える稲作と共に始まった愛のカ…

One Directionの同期は、新…