1. 歌詞検索UtaTen
  2. 特集
  3. バンド
  4. 歌詞コラム
  5. UVERworld
  6. UVERworldが問う。愛は、憎しみに変わるのか?

【歌詞コラム】UVERworldが問う。愛は、憎しみに変わるのか?

このアーティストの関連記事をチェック

映画「仮面病棟」ゾクゾク・ドキドキの超…

「その愛が、憎しみに変わる前に…」。これはUVERworld、12作目のシングルとなる『儚くも永久のカナシ』に付けられたキャッチコピーである。

公開日:2015年7月26日 更新日:2019年2月28日


この記事の目次 []
  1. ・「その愛が、憎しみに変わる前に…」
  2. ・儚くも永久のカナシ
  3. ・愛は憎しみには変わらない

「その愛が、憎しみに変わる前に…」


これは12作目のシングルとなる『儚くも永久のカナシ』に付けられたキャッチコピーだ。

セリフのように感じるのは、この楽曲を作るに当たってテレビアニメ「機動戦士ガンダム00(セカンドシーズン)」の製作スタッフと合同会議が行われているからだろう。

初となる会議であった為かアニメでも、予告やキャラクターのセリフとして似たようなフレーズが使用されている。アニメと色濃くリンクしている歌詞内容は、ロックな激しいメロディと共に警告を投げかけている。

儚くも永久のカナシ


----------------
愛が愛を「重過ぎる」って理解を拒み
憎しみに変わっていく前に…
何もかもそうだろ? バツの悪い事情にはいつも蓋して 食わせ物のリアル
歪んだジレンマ時代で 約束したはずの二人さえ 気付かず通り過ぎて行く
≪儚くも永久のカナシ 歌詞より抜粋≫
----------------

この楽曲は出だしから「愛が重過ぎる」と唄う。

確かに愛というのは相手を想った分だけ、胸にのしかかるかの様に重みを増していくものだ。だからといって「重い」と口に出してしまえば、それはもう2人にとって負担以外の何ものでもなくなってしまう。

でもそれでは、お互いに向けるものが憎しみに変わる…。人というのは、他人の発言を自分の良いように捉えてしまう節がある。

どれだけ思いを深め合っていた間柄でも、そのまま気持ちがすれ違ってしまう事だってあるだろう。後半部分ではそんな相手とぶつかる怖さ、傷付く弱さをを認めた上で、それでも逃げてはいけないのだと訴えている。

愛は憎しみには変わらない


“理解する事を止めてしまえば、終わりだ”と言うかのように。相手を認めて、信じるという事は単純なようでいて難しい。だが、そうして2人で乗り越えた時にこそ、憎しみとは違う「本当の愛」が見えてくる。

タイトルにもある『カナシ』は、古文では『愛し』と書くそうだ。

愛は、憎しみに変わるのか?、そんな事はない。この楽曲が生まれた瞬間に答えはもう、出ている。

TEXT:空屋まひろ

この特集へのレビュー

この特集へのレビューを書いてみませんか?

この特集へのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの特集に1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

GLIM SPANKYの『褒めろよ』を…

結局どいつもこいつも「カモネギックス」