1. 歌詞検索UtaTen
  2. 特集
  3. J-POP
  4. 歌詞コラム
  5. ストレイテナー
  6. 夏の終わりは「ストレイテナー」『シーグラス』で哀愁を漂わせて

夏の終わりは「ストレイテナー」『シーグラス』で哀愁を漂わせて

夏に似合う曲はたくさんある。しかしながら夏の終わりのあの切なさを表現する曲も味があっていいものだ。 ロックバンド「ストレイテナー」の『シーグラス』は、夏の終わりの夕焼けを一層切なくさせるだろう。 だからこそ夏の楽しい思い出が輝く。きっと来年の夏もすぐに恋しくなるのだ・・・。 大切な人と過ごした夏を永遠の思い出にするために、『シーグラス』は存在しているのかもしれない。

公開日:2017年8月4日 更新日:2017年8月4日


この記事の目次 []
  1. ・ストレイテナーの『シーグラス』
  2. ・気持ちは絶対にまだ終わってほしくない
ただ一つだけ警告させてほしい。

夏の始まりに聴いてしまうと切なくなるので必ず夏の終わりに聴くことだ。


奏でるはベテランのロックバンド、「ストレイテナー」

バンドの初期衝動を詰め込んだような、疾走感ある爽やかな曲を奏でるのは、なんとベテランバンドだというから驚きだ。2003年にメジャーデビューした「ストレイテナー」は、メジャーデビュー当時はVo.ホリエアツシと、Dr.ナカヤマシンペイの二人だけだった。

その後、今やNothing’s Carved In Stoneのベーシストとしても有名なBa.日向秀和や、元ART-SCHOOLのGt.大山純が加入して4人体制となり現在に至る。数々の名曲を生み出し、満を持して2016年4月に発売したシングルの等楽曲は、一言で表すなら「青い」という言葉が当てはまる。

それは、終始爽やかに疾走するバンドサウンドももちろんだが、青春時代の青さを表現しているように感じる。シチュエーションでいえば絶対に夏の終わりの夕日の海だ。

ストレイテナーの『シーグラス』

深みのあるギターの音作りは、さすがベテランと思えるが、全体的に無駄をそぎ落としたシンプルなアレンジはまるで、新人バンドが奏でる楽曲を聴いているよう。

10年以上活動してきたバンドは、より深い音を奏でるようになるバンドが多いが、『シーグラス』はその真逆といってもいい楽曲である。



――――
今年最後の海へ向かう 夕焼けが白いシャツを染める 二つの長い影を残して 夏が終わりを急いでる
――――

かなり限定的なシチュエーションがうかがえるが、この歌詞こそが青さを表現しているといっても過言ではない。夏休みの最後の日、好きな人と見る夕日。哀愁が漂いながらも透明感があるギターのサウンド、あえて緩急がなく疾走する楽曲、これを青春の一ページと言わずに何に例えることができるのだろうか。

気持ちは絶対にまだ終わってほしくない

夏が終わりを急いでいる、という表現が逸脱で、この歌詞に抗うかのように、気持ちは絶対にまだ終わってほしくない!という気持ちにさせるからずるい演出だ。


『シーグラス』を聴くと夏が終わる気がして聴きたくない、しかし夏を締めるために、この夏を大切な思い出に昇華させるためには、この曲の力が必要だ。気づいたら毎年夏の終わりには欠かせない曲となる。



もし「ストレイテナー」がこれを狙っているのなら、してやったりなのは間違いない。

1998年ホリエアツシ(Vo, Gtr ,Key)とナカヤマシンペイ(Dr.)の2人で始動。 2003年メジャーデビューとともに日向秀和(Ba.)が加入。2008年には大山純(Gtr.)が加わり、鉄壁の4人編成に。 この4人が生み出す作品は、常に新たなる刺激と革新性に満ちあふれている。 幕張メッセ、日本武道···

この特集へのレビュー

この特集へのレビューを書いてみませんか?

この特集へのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの特集に1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

10周年の見放題2017、最高に熱い夏…

岡崎体育『式』に込められた3つの意味か…