1. Newシングル「絶対零度の唇」をリリースしたGear 2nd、ジャンルレスなラブソングを届ける彼らの魅力とは?

Newシングル「絶対零度の唇」をリリースしたGear 2nd、ジャンルレスなラブソングを届ける彼らの魅力とは? (2/2)


結成のきっかけは偶然の出会い…

──二人は出会ってからは十年くらいだけど、二人組になったのは五年なんですよね。

YU-KI:もともと、僕の地元が横浜なのですが、そこで想さんがストリートライブをやっていて。かっこいいなぁ、って憧れてたんですよね。ある日、バイト先で…アパレルのお店の裏方を僕はしてたんですけど。表のお店に行ってみたら、そこに想さんがいた!

想天坊:まさかの、バイト先が同じ(笑)

──それは…運命の出会いですね!

YU-KI:でしょ。これは声をかけなきゃ!ってなって。僕、音楽やってるんです〜って声をかけました。

想天坊:最初はなんだこいつ!?ってなりましたけど(笑)でもその日のうちに意気投合しましたね。

──そこから、それぞれの活動をして月日を経て、Gear 2ndを結成するんですね。

想天坊:僕はソロとして、YU-KIは「腹筋学園」というアカペラグループで活動していましたね。でも、僕がソロで全国回ったりした時もYU-KIについてきてもらったりしたんです。フューチャリングで「言いたかった…言えなかった…feat.YU-KI」をリリースしてからですね、Gear 2ndを結成したのは…。

──結成のきっかけは、YU-KIさんが想天坊さんを口説いたんでしたっけ。

YU-KI:…そういうのは、お酒の席の方がいいかなあと思って。飲みながら「一緒にやってください」って口説きました。




二人で作るライブの「一体感」は唯一無二の幸せ

──口説き方がテクニシャンですね(笑)お二人でやってきてよかったなあと思う点ってどんなところでしょう。

想天坊:もともと、自分の方が年上だし、弟的に音楽のことも教えてあげる感じだったけど、だんだんとやってきて頼もしい存在だなぁと。初めてレコーディングした時、こいついい声持ってるなぁと思いましたし、G2のメロディの8割方は、YU-KIが最初に初めの「もと」を作ることが多くて。その、作ってくる最初の「もと」がすっごく独特で。僕はそのクセが好きなんです。「こいつ、やっぱり才能あるんだなぁ」って思う。

──一方のYU-KIさんはどうでしょう。

YU-KI:もともと、想さんは憧れの存在だったから…同じ時間を共有していること自体が嬉しいけど…ライブでの、お客さんとの一体感や空気感は、自分たち二人の音楽じゃないと作り出せないって思うので…そういう空気感を感じた時に、想さんと音楽作れてよかったなぁと実感します。

想天坊:ソロも楽しいけど、YU-KIとやる楽しさはまた別だなって。スタジオ練習しててめっちゃ楽しいですもん(笑)

──その二人の信頼関係が、魅力的な曲作りやライブパフォーマンスに繋がっているわけですね。

多くの人にG2の音楽を知ってもらって火を点けていきたい

──今後作ってみたい曲などありますか?

YU-KI:季節感の出ている曲って実はあまりないんですよ。だからクリスマスだとか…季節を出したわかりやすい曲を作ってみたいですかね。

想天坊:いい意味で幅が広がって、ジャンルレスになっているので…その時々で作りたい曲は変化するかもしれません。基本はJ-POPなんですけど、その時のトレンドのサウンドを取り入れたり。「ヤバい!こういう曲を作りたい!」って変化していくと思いますね。

──いつも応援してくれる「G2C」についてどう思われますか。

想天坊:G2Cは僕らに似ている部分があると思う。シャイで…あたたかい。とても居心地がいいというのが、自分的にはとっても大きいんです。助けられているし、支えられているって思うから…結果を出して返したいって思いますね。

──二人の音楽は、幅広い年代に支持されています。G2の音楽がどの世代が聴いても、違和感なく受け入れられる良さがあるということですよね。

YU-KI:純粋にG2の音楽が好きで、ついてきてくれてるっていうのが本当に嬉しいです。ファンの皆さんとお話させていただいたり、ライブで見ている表情からもそれが伝わってくる。




──これからの活動目標は?

想天坊:来年に向けて、新しいアルバムとツアーの準備を進めています。日々進化しているので、バージョンアップしたG2をアルバムで届けたい。ライブハウスに足を運ぶ人と、そこまで音楽がそばにない人の生活は違うけれど、でも今少しずつ「ライブには行けないけど応援しています」っていう人が増えてきています。インストアライブでも立ち止まって、多くの人が聴いてくれている。そういう方々に僕らの音楽を届けて、バッと火を点けていきたいですね。

二人の最大の魅力は、カリスマ性のある想天坊のライブパフォーマンス、透き通るYU-KIの歌声だ。CDの音源以上に彼らの想いが感じられる、生のライブをぜひ聴いていただきたい。



撮影協力:LOFT9 Shibuya

Gear 2nd Profile

オフィシャルWEBサイト:http://gear2nd.com
ツイッター:@Gear2nd_info
想天坊ツイッター:@sotenbo YU-KIツイッター:@yu_ki_music

現代の男性にこそ聴いてほしい!「カッコ…

「抱きしめたい」は「殺伐としたジャング…