1. Over The Topがオトナに作られたバンドだと思うのはもう古い。急成長していく彼らを見逃すな!【インタビュー】

Over The Topがオトナに作られたバンドだと思うのはもう古い。急成長していく彼らを見逃すな!【インタビュー】 (2/3)


大満足のセカンドシングル『ビバ無我夢中』



──初ワンマンでも披露されていた『ビバ無我夢中』『Youthful Days』『サヨナラには負けない』ですが、やっぱりライブを意識しながら作られたような?

坂本:そうですね。

永見:みんなに参加してもらうポイントを作ったりとか。

岸野:タイトルコールも一緒に言ってもらいます!あと、サビで行進もあります!開発したのはユッキーなんですよ。

田中:ドラムで行進するような叩き方を何かの曲で使えないかなぁってことをずっと考えてたんですけど、たまたまライブのリハーサルでやってみたら『ビバ無我夢中』でいけるかもしれない!ってなって(笑)。それで勝手にやってたらいいじゃんって言ってもらって、行進をみんなでやってみようってことになりましたね、僕らがやるとポップに可愛くなりすぎないから(笑)。

永見:可愛くなれなかったよね(笑)。


──この『ビバ無我夢中』をシングルのタイトル曲として出した理由は?


永見:『僕らの旗』ではバンドの勢いを出せたと思ってて、セカンドではOTTの楽しい部分というか、普段の素の感じも見えるような曲だったらいいなっていう想いがあったので『ビバ無我夢中』を選びました。この曲のデモはファーストシングルを出す時点からあったんですけど、里香ちゃんがメロディーを気に入ってくれてて。

岸野:この曲は何曲かあったデモの中でいちばん好きな曲だったんです。というか4人ともお気に入りの1曲だったんで、今回表題になって嬉しですし、この写真の感じも好きです!ファーストシングルよりも自分たちらしさが出せてるし、ラフな気持ちで全ての制作ができた感じでしたね。


──メロディーはサビがキャッチーですし、耳馴染みがすごくいいですよね。

永見:これがセカンドのタイミングでよかったなって思いますね。ファーストの時より里香ちゃんの歌が、ライブを重ねて確実に進化してると思うんです、いろんな歌い回しが身についてきていると思うんですけどそういうところも『ビバ無我夢中』で出せたんじゃないかなって思います。


──歌詞はzoppさんという作詞家さんが書かれているんですね。

岸野:はい、実はもともと別の歌詞もあったんです。それとは違った感じで私はすごく気に入ってるんですけど、難しいと感じた部分もありました。今は歌っているうちに自分のものにできているんじゃないかなって思っています。


──もともとあった歌詞を変えてzoppさんに作詞を依頼したのはどうして?

永見:もともとあったテーマを深く広げていただいた感じですかね。元のメロディーの譜割りに対しての歌詞のはめ方が変わってきたので、(メロディーを)作っている側としては、面白い化学反応を出していただいたなって思っています。


──確かに、今くらいの言葉の詰まり方だと勢いで歌える感じもあってノリが良く聴こえますよね!

永見:そうですね。

岸野:自分たちで書いた歌詞よりも文字の数が明らかに多かったので、どういうことやろ?って思ったんですけど、聴くとそれが身体にスッと入ってきましたね。めっちゃいいやん!って感じになりました(笑)!

永見:頼もうと思ったのも、このセカンドシングルのタイミングで歌詞の幅を広げてみたいなていうのもありましたね。

岸野の鋭い音感と永見の意外な特技発見!



──この曲は前奏がなくバンドとヴォーカルが一緒に始まりますが、レコーディングやライブで難しいと感じたことは?

岸野:う〜ん、大丈夫!

永見:そういうの得意みたいで。

坂本:ライブで繋ぎを入れるんですけど、前の曲とキーが違ってもバッチリ歌始まりで合わせてきてくれるんですよ。どんだけゴチャッってなってても。

岸野:考えすぎてもわからなくなりそうなんで、勘で行ってます(笑)!!


──MVがなんだか面白いことになったそうですね!?

坂本:そうなんですよ!僕たち、結構細マッチョなんですよ。

永見:ちょ(笑)!

田中:何アピール!?

坂本:スタイルも良いんですが、脱いでもすごいんですよ。


──(笑)!!!

坂本:MVどうする?ってなった時に、僕ら(坂本・永見)陸上やってたし2人で陸上の試合してみようよってなって、じゃあ僕(田中)水泳やってたから水泳やるって流れになったんですけど、どうやって一緒にするんだってハテナが浮かんだ話し合いだったんですけど、それが採用されてしまって(笑)。


──そんなぁ(笑)!

田中:俺は己と勝負している感じですごいシュールですよ(笑)。

坂本:MVの内容が決まってから各々でトレーニング積んで、さらにキュッと締まった感じで臨みましたね!

岸野:ガチでやってたんですけど、いざ映像で見てみるとシュール(笑)。

坂本:(田中の)水泳の方のシーンとかはシャワーシーンもあったり!

田中:そこ好きで100回くらい見てますよ!

全員:(笑)!


──岸野さんは何をしていらっしゃるんですか?

坂本:ほんまやで(笑)。

岸野:私は、よ〜いバンッやっただけです(笑)!みんな疲れてて面白かった!

永見:僕がコケるシーンがあるんですけど、里香ちゃんが寄ってきてくれるのに笑っちゃっててもう…(笑)

岸野:あれは笑っちゃいました!


──では何回か撮り直した感じだったんですか?

岸野:はい!

坂本:彼(永見)コケるのめちゃくちゃ得意でスタントマンかと思いましたよ!毎回同じところでしっかりコケるんだよね!

永見:ちゃんと(ドヤ)!


──すごい(笑)!これメイキングとかないんですか!?

坂本:それがですね〜、あるんですよ!!

岸野:めっちゃ見て欲しいです!

坂本:ワンマンの映像が入ってる方の初回盤Aももちろん面白いんですけど、個人的には初回盤Bおすすめしたいですね(笑)。


──初回盤A、Bと通常盤の3種類あるんですね、皆さんお気に入りのジャケットは?

岸野:私はBですね!

田中:僕もBかな。

坂本:僕ジャケットはAが1番キツかった。

田中:(笑)!足浮いてるもんね!

永見:僕これ背中支えてるんですけどすっごい汗かいてましたよ(笑)。


──私個人的にもこのジャケット全部大好きなんです。この輪っかに入りたくなる感じ!

坂本:そうやって輪っかが広がっていけばいいですよね!カッコつけてるだけじゃなくて、楽しそうなバンドって思ってもらえたら嬉しいですね!

次ページ : 全A面と言えるほどのカップリング

初音ミクが迷い込んだ『砂の惑星』ってど…

推しメンからメールが届く「ココだけメー…