1. Over The Topがオトナに作られたバンドだと思うのはもう古い。急成長していく彼らを見逃すな!【インタビュー】

Over The Topがオトナに作られたバンドだと思うのはもう古い。急成長していく彼らを見逃すな!【インタビュー】 (3/3)


全A面と言えるほどのカップリングたちも見逃せない!



──『Youthful Days』はどういった曲?

永見:普段はサビから作っていくんですけど、『Youthful Days』は2個サビを作ってて、これを組み合わせたら面白いんじゃないかなって思ってサビのつもりで作っていたメロディーをAメロにした曲です。

岸野:この曲はタイトル曲になる予定だったんですよね。

永見:基本的にOTTはB面と呼ばれる曲もA面になれる曲を入れようって思っているので、この曲も自信持って“良い”と言える曲です。



──OTTの曲はDメロが独特な印象ですが、サビから作られてDメロって言うのはどのタイミングで作られるんですか?

永見:絶対最後ですね!アウトロまでできた後にできます。一応アウトロを作る前に書くんですけど、しっくりこなくて結局いつも最後になりますね。

岸野:そうなんですよ!いつもレコーディングの直前に変わるんです、しかも難しいのが来るんです(笑)。

永見:Dメロは強いものにしたいなっていう想いがあるんで、いつもギリギリまでかかっちゃいます。


──なるほど。こういう応援ソングって、ある意味人の心に素直に入っていくのが難しいところもあると思うんですが、岸野さんが歌う時に特に意識していることは?

岸野:やっぱり、話すように歌う!

永見・坂本:うんうんうん、確かに。

岸野:リズムももちろん大事なんですけど、歌っている時に歌い方のことまで考えられるようになってきているので『Youthful Days』は歌詞が伝わるように話しかけるように歌うっていうのを心がけています。


──『Youthful Days』と『サヨナラには負けない』は音数も多くてバンド感が出まくってる感じですよね。

岸野:音数も歌詞の文字も多いんですけど、伝わるように歌えてたら良いなって思っています!


──前作ではただただ必死に歌う!って印象でしたが、かなり細かいところまで意識されるようになったような?

岸野:そうですね!ボイストレーニングも本当に大事に頑張ってて、今まで気にできなかった部分も意識できる余裕が出てきたように思います。


──今までグループ中の1人として歌われていたから、自分の声だけを聴いてもらうってなると歌い方もだいぶ変わってきますよね。

岸野:そうなんですよね。まだ身体の中に残ってるんだと思います。


──では『サヨナラには負けない』について詳しく伺っていきますが、最初のフレーズどうしたんですか!


永見:4人がそれぞれ前のグループの活動が一旦止まったタイミングだからこそ歌える曲っていうことでこういう歌詞になっているんですけど、あえて「解散」って入れることでインパクトを狙いました!最終的には前を向ける歌詞になったんで、そのための良いフックになったと思います。


──「「1%に賭けた」それが青春でしょう」っていうフレーズ、良いですね、学生時代とか思い出す。

全員:ありがとうございます!

永見:確かに、部活動とかしている学生が卒業するタイミングってイメージしながら書いたかもしれない。頑張っていたことから離れてみて、初めてわかる自分の姿とか、友達の大切さとか、そんなところももう一度感じてもらえたらなって思います。


──この「サヨナラ」っていうのは、青春や理想とのサヨナラという風に捉えていいんでしょうか?

坂本:そうです!


──読み込みがいのある歌詞ですよね。

坂本:やっぱり1.2曲目がストレートな歌詞なので、こうやって考えてもらうか知って面白いですよね。シングルの中でも差があるものになればいいと思ってこの曲は入れたんで、いい意味で反対方向にいる曲になってるのかなって思います。

永見:社会もバンドもそうですけど、筋の通らない出来事にぶち当たることってあると思うんです。それを自分の気持ちと1個ずつ向き合って解決していけばいいんだっていう想いが通用しないもどかしさを飲み込んだ複雑な気持ちも込めて皮肉のように書いた部分もあるかと思います。


──ではメンバーの皆さんそれぞれもこの曲に対する想いはそれぞれだったりするんですね。

全員:そうですね。

岸野:やっぱり私にとっては卒業の時がフラッシュバックしてくるような歌です。「サヨナラに負けない 絆はヤワくない」っていうところは私にとって、NMBメンバーとか私より先に卒業していったメンバーもそうで。本当に色んな思い出とか想いが詰まってますね。サヨナラには負けないって言いつつも、サヨナラとは思っていないっていうのが隠された意味なのかもしれないです。

永見:ワンマンにNMBの1期生の子とかも来てくれてましたもん!ステージ裏で会って泣きながら抱き合ってるところがかなり感動的でした。僕も15年やってたバンドを去年休止してるので、やっぱり色んな想いはありますし絆がそこで終わるんじゃないってことは実感してますね。


最後に…



──皆さんが収録曲の中で特に好きなフレーズをピックアップしてご紹介頂きたいです!

坂本:僕はやっぱり「本日僕らはここで見事解散するけど」ですね!

永見:僕は「夢を狩りに行こう」ですかね!

岸野:『Youthful Days』の「楽しもうよ 最高のYouthful Daysさあ 行こう!」ですね!シンプルに素直になれるフレーズかなって思います。今気づいたんですけど、「最高の」と「さぁ 行こう!」ってダジャレなんですよ!!


──またですか(笑)!!!前作は武道館と丘がかかってましたもんね(笑)。

坂本:全員気づいてるのかと思った!

田中:今知った!

坂本:これも韻ではなくて親父ギャグっていう。


──田中さんのお気に入りのフレーズは?

田中:僕は『ビバ無我夢中』の「諦めたり誰かのせいにするのは 簡単だけどもうやめにしよう」ですね。ちょっと真面目すぎ(笑)?

岸野:いいですよ、いいですよ。

田中:この歳になって特に、失敗も成功も結局自分次第だなっていうことを思うんで、身が引き締まるフレーズですね。


──ありがとうございました。それではみなさんから最後に一言ずつお願いします。

岸野:Over The Topはワンマンライブも終えて今は対バンライブとかインストアライブで各地を回らせていただいたりしているんですけど、ファーストシングルが出てからここまでで自分たちが変わったことを実感できているんで、やっぱりこれからもたくさん対バンをしていきたいんです!1人でも多くの人にOver The Topを名前だけじゃなく“こういうバンドなんや”っていうことまで知ってもらいたいですね。頑張っていきます!!

坂本:今もやっぱりCD売れてほしいから、特に初回盤のBね!このメイキング映像がめちゃめちゃ面白いんで観てください!絶対に!!

全員:(笑)

永見:里香ちゃんも言ってたんですけど、ライブをどんどん重ねてOver The Topを認識してもらいたいっていうのがあって、バンドとして歩むべき道は逃げずに一歩ずつ踏んでいきたいので、とにかく対バンで勝っていけるバンドになりたいです!よろしくお願いします!

田中:特にこのバンドは“大人に作られたバンド”って見える部分ってあると思うんですけど、そういう部分を払拭していきたいです!僕らはちゃんとしたバンドなんだっていう部分をライブハウスの対バンで示せていけたらって思います。

この間ライブハウスでのライブの時里香ちゃんが、「今日気づいたことがあるんだよね。里香、獲りに行くのが好きやねん!!」って言ったのを聞いて、“コレだな!”って思ったんですよね。だからとにかくこれからも対バンに力を入れてやっていけたらなって思ってます。ありがとうございます!

Over The Top 最新情報

リリース情報

2ndシングル 2017年8月30日発売!
「ビバ無我夢中」
CD収録楽曲(全形態共通)
M1.ビバ無我夢中
(TBS系「トコトン掘り下げ隊!生き物にサンキュー!!」7-9月エンディングテーマ)
(テレビ埼玉「高校野球ダイジェスト2017」テーマソング)
M2.Youthful Days
M3.サヨナラには負けない

初回盤A(CD+DVD)
MUCD-9113/4
DVD収録内容:
初ワンマンライブ「Over The Top First Live 2017 ~Together to the TOP ~」 2017年7月6日(木) Shibuya WWW Xの模様を収録。
価格:2,700+税

初回盤B(CD+DVD)
MUCD-9115/6
DVD収録内容:
Music Video+メイキングを収録。
価格:1,852+税

通常盤(CDのみ)
MUCD-5337
価格:1,000+税

Over The Top Profile

昨年10月15日にシンガー転身を目指し、NMB48を卒業(1期生として約6年活動)した岸野里香が本格派バンド“Over The Top(読み:オーバー・ザ・トップ)”を結成し、アーティスト活動をスタートさせることを発表。

2017年5月31日にはDREAMUSIC・からメジャーデビューすることが決定

“Over The Top”には“限界を超えて”という意味があり、バンド名を体現すべく、ヴォーカル岸野里香を支えるバンドメンバーには元チリヌルヲワカのギター坂本夏樹 、universeのベース永見和也、元the Lampsのドラム田中裕基と、バンドの経験値の高い実力派メンバーを揃え、本格的なバンドサウンドを演出する。

Vo.岸野 里香(きしの りか)
1994/6/4生まれ
元NMB48のメンバーで、一期生として2010年にNMB48加入。
一期生の中でも、周りから頼りにされ、後輩からもよく相談を受ける姉御肌なタイプ。
2016年のAKB48選抜総選挙では66位にランクイン。昨年10月15日、シンガーへの転身を目指し、NMB48を卒業。

G.坂本夏樹(さかもと なつき)
1985/8/28生まれ
元チリヌルヲワカのギタリスト。

B.永見和也(ながみ かずや)
1986/5/11生まれ
バンド「universe」のベーシストとして2010年メジャーデビュー。

Dr.&DJ 田中裕基(たなか ゆうき)
1987/2/7生まれ
元the Lampsのドラマー。

オフィシャルリンク
オフィシャルホームページ http://over-tt.com
岸野里香 Twitter https://twitter.com/kishinorikadayo
Over The Topスタッフ Twitter https://twitter.com/over_tt_staff

初音ミクが迷い込んだ『砂の惑星』ってど…

推しメンからメールが届く「ココだけメー…