1. 歌詞検索UtaTen
  2. 特集
  3. J-POP
  4. 歌詞コラム
  5. SEKAI NO OWARI
  6. SEKAI NO OWARI『Hey Ho』が伝えてくれるボランティアのありかた

SEKAI NO OWARI『Hey Ho』が伝えてくれるボランティアのありかた

突然ですが、みなさんはボランティアにどんなイメージを持っていますか? 漠然と「良いこと」と思う人もいれば、ボランティアに対して懐疑的なイメージを持っている人もいるかもしれません。

公開日:2017年9月17日 更新日:2017年9月17日

Column

毛布


この記事の目次 []
  1. ・SEKAI NO OWARI Hey Ho
  2. ・Fukase MC
  3. ・なぜボランティアをするのでしょう


SEKAI NO OWARI Hey Ho

身近なところでいうと、募金活動。募金箱を見て、あなたは何を思いますか?
人助けになる?偽善だと思う?何もわるいことをしているわけでもないのに、募金しない自分に罪悪感を感じることってありませんか。そんなあなたに聴いてほしいのが、SEKAI NO OWARIの「Hey Ho」。きっと、ボランティアについて考えるきっかけになりますよ。



・・・
例えば君がテレビから流れてくる悲しいニュースを見ても心が動かなくても
それは普通なことなんだと思う
誰かを助けることは義務じゃないと僕は思うんだ
笑顔を見れる権利なんだ 自分のためなんだ

君が誰かに手を差し伸べる時は イマじゃないかもしれない
いつかその時がくるまで それでいい
・・・


二番の冒頭の部分です。この部分は、ライブ会場でのFukaseのMCを元につくられています。物販していたボランティアのためのホワイトバンドを買ったファンと、買わないファン。バンドを買わなかったファンは、心のどこかでそのことに負い目を感じていたかもしれません。そんな時のFukaseのMCです。

Fukase MC

心に余裕がないときって、ありますよね。自分のことで精いっぱいなのに、人を助ける余力なんてない。そういうときは、無理に誰かのためになろうとしなくてもいいんだと思うんです。悲しいニュースを見ても心が動かない時。それは、まだ誰かを助ける時期が来ていないだけ。そういう時は、まずはあなた自身を大切にすればいいんです。そんな自分に負い目を感じる必要なんてないことを、「普通なこと」という言葉がやさしく諭してくれています。


・・・
ぼろぼろの思い出とか
ばらばらに壊れた気持ちも
大事にしたから大切になった
初めから大切なものなんてない
・・・


なぜボランティアをするのでしょう

そもそも私たちは、なぜボランティアをするのでしょう。それはきっと、相手が喜ぶ顔をみたいからだと思うんです。ちょっとしたことで感謝されたこと、あなたにもありませんか。作業を手伝ってあげたり、親にスマホのやり方を教えてあげたりとか。そういう時って、助けてもらった相手がうれしいのは普通ですが、あなた自身もうれしいですよね。そういう気持ちを大切に心にとってあるから、誰かに何かをしてあげたいと思うのではないでしょうか。

Hey Hoのミュージックビデオは、とてもきれいな世界観。森に明かりが灯ると、私たちの心にもぽっと明るくなるようです。

2010年、突如音楽シーンに現れた4人組バンド「SEKAI NO OWARI」。 同年1stアルバム「EARTH」をリリース後、2011年にメジャーデビュー。 圧倒的なポップセンスとキャッチーな存在感、テーマパークの様な世界観溢れるライブ演出で、子供から大人まで幅広いリスナーに浸透し、「セカオワ現象」と···

この特集へのレビュー

この特集へのレビューを書いてみませんか?

この特集へのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの特集に1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

旅のお供に欠かせない!「奥田民生」『さ…

表現したい音楽を突き詰め、自分の意思を…