1. たんこぶちん、「二度めの夏、二度と会えない君」に出会えて気づいた新しい音とは!?【インタビュー】

たんこぶちん、「二度めの夏、二度と会えない君」に出会えて気づいた新しい音とは!?【インタビュー】

今回は映画「二度めの夏、二度と会えない君」(通称:ニドナツ)の劇中歌集アルバムをリリースしたたんこぶちんのメンバーに来て頂きました。映画ニドナツの楽曲のことをはじめ、メンバーのパーソナルなことまで、インタビューしてきましたので、ご覧ください。

2017年9月29日

Interview&Photo

苦楽園 京


この記事の目次
  1. ・たんこぶちんの「二度めの○○」
  2. ・映画「二度めの夏、二度と会えない君」に向けての音作り
  3. ・たんこぶちん『グライダー』はどこを目指すのか?
  4. ・体から全部を発散するような勢いのワンマンツアー!
  5. ・プレゼント応募について
  6. ・たんこぶちん 最新情報
  7. ・タイアップ
  8. ・パワープレイ
  9. ・ライブ情報
  10. ・リリース情報
  11. ・映画情報
  12. ・たんこぶちん Profile

たんこぶちんの「二度めの○○」

--映画「二度めの夏、二度と会えない君」は、タイムリープが重要な要素なのですけど、みなさんは、「あの時に戻ってもう1回やり直したいな」と思ったことはありますか?

YURI:私小学校の時に、おばあちゃんの料理の手伝いをしてて、そしたら…あのスライサーで…

CHIHARU:あ~~痛い…

YURI:スッていっちゃったのがありまして…。傷が残っちゃってるんですよ、ずっと。それでギター弾いてる時に、写真で手とか結構アップめで撮られることが多くて、その傷が写る瞬間に「あ~あそこに戻りたい…」って、あの時、手伝わなきゃ…って。

メンバー:(笑)

YURI:私にはこの傷はなかったしって凄く思うんです。結構見えるんですよ、ココなんですけど…

CHIHARU:ほんとだ~

HONOKA:あ~~

YURI:だから「ピックの持ち方とかどうですか」とか言われた時に、写真撮られると残っちゃうんで、そこはちょっとやり直したいなって、思います。

--それは、記憶に鮮明にのこりますよね。あの時に「今から手を切るから気を付けた方が良いよ」とか声かけたくなりますね。他の方はいかがでしょう。

CHIHARU:やり直したいことか~

MADOKA:細かいことなら、いっぱいあるけどね、ホントにね。

YURI:うんうん。

MADOKA:私は、高校の時に…、高校の時に限らないんですけど(笑)、勉強が滅茶苦茶嫌いだったんですよ。

YURIHONOKA:(笑)

MADOKA:本当に勉強することが嫌いで、なんかもう夏休みの宿題とかも、ため込んでため込んで…最終日に泣きながらやるタイプだったんです。だから、もうちょっとちゃんとやっとけばよかったな~とも思うし。

--それはよくある感じですね。みなさん頷いてますけど…

MADOKA:そして、高校3年の時にデビューしたんですけど、音楽以外やるっていうのを全く考えてなくて。授業中とかも歌詞かいてたりとか、ちゃんと授業を聴いてない時もあったんですね。
今になって、普通に日常生活の中で人と話しをする時だったりとか、色々知ってたらもっと会話が楽しいだろうなとか、思ったりするときがよくあって。だからもっと授業を聞いときゃよかったなって思ったりとかします。

メンバー:(笑)
--卒業してしまってから、気がつくものなんですよね、そういうのって。ところで授業中に歌詞を書いていて怒られたりしなかったんですか?

MADOKA:中学の時に怒られました。なんかこうやって(机に向かって)書いてて、そしたら1番後ろだったんですけど、先生からは見えてたらしくて。「おい!何書いてんだ!」って言われて、「いや何でもないです!」って言ったんですけど、授業終わった後に先生がきて、「何書いてたの?」って言われて。「いや何でもないです!」ってまた言って。

YURI:言い張ったんだ(笑)

--学生時代は、そういうことってありますよね。最後もうひとつくらい聞かせてください。

HONOKA:私、中学校の時の部活がソフトテニス部だったんですけど。外の部活じゃないですか、で当時は、本当にガン黒ギャルみたいな。あ、ギャルじゃないや(笑)。とにかく真っ黒…。

MADOKA:(笑)

HONOKA:真黒で、すっごい焦げてて(笑) 今となっては、もうちょい日焼け止めとか塗って対策しとけばよかったなって。

CHIHARU:(笑)

YURI:そこ?(笑) それだって今はしてるでしょ?

HONOKA:え、だってシミとか気になるから…。やっぱこれやめます(笑)

メンバー:(笑)

--そんなことないと思いますよ。しかも、やり直したい話がそれだったら凄い幸せな人生かも(笑)

HONOKA:いや!黒い、結構。

YURI:それは今年のせいだよ、今年サボったせい。

HONOKA:いや、今年めっちゃ塗ってる!

--ファンの女の子たちには、これからはUVケアとかしっかりして欲しいと。

YURI:野外フェスとかは、日焼け止めを塗りましょう(笑)

次ページ : 音の作り方が変わった?

加藤ミリヤのリアルタイムな想いが反映さ…

付き合うならバンドマンはやめとけ?「ミ…