1. 歌詞検索UtaTen
  2. 特集
  3. J-POP
  4. インタビュー
  5. 阪本奨悟
  6. 福山雅治のカバーで映画主題歌!恋と嘘 〜ぎゅっと君の手を〜/HELLOをリリースした阪本奨悟にインタビュー!

【インタビュー】福山雅治のカバーで映画主題歌!恋と嘘 〜ぎゅっと君の手を〜/HELLOをリリースした阪本奨悟にインタビュー!

このアーティストの関連記事をチェック

今、一番熱いスポーツ!頭脳×肉体で勝つ…

俳優から転向し、今年5月にシンガーソングライターとしてメジャーデビューを果たした阪本奨悟。映画「恋と嘘」の監督やプロデューサー陣からピュアな歌声を絶賛され、映画主題歌となった福山雅治のカバー『HELLO』と映画挿入歌『恋と嘘 〜ぎゅっと君の手を〜』をリリース! 将来を有望視されていた俳優が、一から泥臭くシンガーソングライターの道を歩む中で多くの苦労や悩みを抱えてもずっと忘れずにいた“確かな想い”を歌った『ながれ 〜Acoustic ver.〜』をカップリングに収録。 この豪華両A面シングルについてたっぷりインタビューをしてきましたので是非ご覧ください!

公開日:2017年10月16日 更新日:2017年10月16日

Interview

愛香


この記事の目次 []
  1. ・阪本奨悟の曲作り
  2. ・映画「恋と嘘」主題歌『HELLO』
  3. ・映画「恋と嘘」挿入歌『恋と嘘 〜ぎゅっと君の手を〜』
  4. ・『ながれ 〜Acoustic ver.〜』
  5. ・最後に…
  6. ・プレゼント応募について

阪本奨悟の曲作り



──阪本さんは役者をやられていたとか。音楽の道に転向しようと思ったきっかけは何だったんでしょう?

阪本奨悟(以下、阪本):僕が生まれる前から父親が趣味でジャズギターをやっていたので、生まれた時からずっと近くに音楽があったんですけど、小学校高学年に差し掛かった時に父親のギターに興味を持ち始めて1人でギターを触ってみるようになりました。楽器から音がなるっていうことがおもしろいと思ったんですよね。それで父親に教えてもらうようになったのが最初のきっかけだったと思います。


──それからはどのように音楽の道を進んでいかれたんですか?

阪本:それからは音楽は趣味としてやっていたんですけど、中学2年生のころにミュージカル「テニスの王子様」に出させていただきまして、たくさんのお客さんの前で歌わせて頂く機会になったので、そこで歌にのめり込んでいきました。歌っている時の自分が一番好きになれるような感覚がしていたので、もっと自分で歌いたいっていう思いが膨らみ始めました。


──なるほど。

阪本:僕、一番最初に持った夢が大工さんなんです。プラモデルとかものづくりが大好きだったんで、ギターとものづくりが合致して自分で歌を作ってみれるんじゃないかと思ってトライし始めたんですよね、そしたらそれがすごく楽しくて。当時役者を応援してくれていた方の前でもオリジナル曲を歌わせてもらったら「いい曲だね」っていう風に言ってもらえたのがすごく嬉しかったのを今でも覚えてます。これを仕事としてできたらすごく幸せだよなって思ったんです。


──阪本さんの音楽性のルーツにはやっぱりジャズが?

阪本:ジャズは聴いてただけであまり勉強してないというか、父親にジャズを教わろうとしたんですけど「ジャズは食えないからやめろ!」ってなかなか教えてくれなかったので、J-POPの王道って言われているアーティストが大好きな母の影響で、そういう曲を聴いたりギターで弾いたりしてましたね。


──そんなお父様から現在の音楽活動について反応はあったりするんですか?

阪本:楽曲面ではダメだしとかもありますね!「お前のギターはもうちょっとベースを出したほうがいい」とか、弾き方ももっと楽に弾けるはずだ、とか言われたりますね(笑)。家族みんなして曲のダメだしをすごいされたこともあります(笑)


──でも強い味方ですよね。

阪本:そうなんですよね!


──阪本さんが特によく聴いていたアーティストさんは?

阪本:Mr.Childrenさんは大好きでしたね。サザンオールスターズも好きですし、ポルノグラフィティさんも大好きでしたし、それこそ福山雅治さんもずっと昔から大好きで沢山聴いていました


──今回カバーを歌われていますよね。

阪本:はい、本当に光栄な限りで。ずっと聴いてきた楽曲だったので本当に嬉しかったですね。


──阪本さんの曲作りについて伺っていきたいのですが、歌詞を書く際にどの曲にも共通して意識しているところや、言葉選びのポイントがあれば聞かせてください。

阪本:そうですね、僕はアコースティックギターを主に弾くことが多いので、アレンジ面ではアコースティックギターがより立つように常に意識はしています。フルバンドで入れた時のバランスを、音を入れ込みすぎないように引き算したりします。

──歌詞に関してはいかがでしょうか?

阪本:歌詞に関しては本当に何回も何が正解かわからなくなるくらい考えるんですけど、結果最初に書いていた言葉とかニュアンスの方が納得いくことの方が多い気がしますね。


──普段、ご自身で曲を作られる時のきっかけってどういったところにあるんですか?

阪本:基本メロディーが先に思いつくタイプなので、メロディーが出てきたらコードを付けてみて、それに合った内容の歌詞を考え始めます。どうしてもこういうメッセージで書きたいっていうネタもあるので、場合によっては歌詞を先行して書くこともあります。


──今作は映画「恋と嘘」の挿入歌のために作られた楽曲ですが、こちらもメロディーを先に考えたんですか?

阪本:そうですね、最初に映画の世界観に合ったメロディーを考える作業に入りました。


──インスピレーションのもととなる作品から、音を生み出すっていう作業ってすごく難しいことのように思うのですが、どのような感覚になるんでしょうか?

阪本:僕もまだ作品ありきで曲を作ることって不慣れなので、監督さんと最初に打ち合わせさせて頂いて、楽曲の方向性をお話しさせていただきましたね。今回は青春を題材にした映画なので僕自身の青春を思い出して、そこからインスピレーションを得て出てきた楽曲かなと思います。


──この曲を書くときに思い浮かべた阪本さんご自身の青春って、どんなものでしたか?

阪本:挿入歌として使っていただいているシーンの内容を聞いていたので、僕の学生時代に好きな人と2人きりになった空間みたいなのを思い出して書きました。

次ページ : 映画「恋と嘘」主題歌『HELLO』について

兵庫県西宮市出身のシンガーソングライター。過去にミュージカル「テニスの王子様」やNHK大河ドラマ「江~姫たち の戦国~」に出演し、役者としての将来を期待されるも、音楽への強い思いからその道を選び、東京を離れ、地元兵庫にて単身音楽 活動を開始。2年間の自主活動を経て、2014年シ···

MusicElement「台湾と日本」…

毎年必ず来るけれど、19の秋は一度きり…