1. 歌詞検索UtaTen
  2. 特集
  3. バンド
  4. ライブレポート
  5. DaizyStripper
  6. DaizyStripper「忘れられない1日にしよう」全国ツアー幕開け 【ライブレポート】

DaizyStripper「忘れられない1日にしよう」全国ツアー幕開け 【ライブレポート】

5人組ビジュアル系ロックバンドのDaizyStripperが12日、東京・渋谷WWW Xで、DaizyStripper Tour 2018『4GET ME NOTパレード』を開催した。同公演は、1月24日にリリースしたセカンドシングル『4GET ME NOT』を引っ提げ、全15公演を廻るというもの。

2018年1月19日


この記事の目次
  1. ・パレードのような演出で心を掻き立てる
  2. ・新譜「4GET ME NOT」で劇的な世界を
  3. ・セットリスト
  4. ・DaizyStripper 最新情報
  5. ・リリース情報
  6. ・ライブ情報
  7. ・DaizyStripper Profile

パレードのような演出で心を掻き立てる

ツアー初日と言えるこの日の会場には、大勢のトレゾア(ファンの名称)が集結していた。開演時刻18時30分を過ぎると、照明が暗転。すると「渋谷WWWXへお集まりの皆さん、『4GET ME NOTパレード』へようこそ!もう引き返す事は出来ませんぞ。心の安全バーを外して思う存分お楽しみください。Have a nice parade!」と案内人のアナウンスが場内に響き渡る。

その声が終わると『4GET ME NOT』のカップリング曲で、遊園地のパレードを見ている感覚にさせる「ラビットファンタジーパレード」が流れ始め、風弥~Kazami~(Dr&P)、なお(Gt)、まゆ(Gt)、Rei(Ba)がステージに登場。序盤からファンタジーの世界に招かれる気分にさせた演出も、デイジーならではなのだろう。



 風弥~Kazami~の轟くドラムを筆頭に、メンバーがクラップを鳴らすとフロントマンの夕霧(Vo)がステージに登場。「忘れられない1日にしような!!頭!!」と煽ると、フロアからは黄色い歓声が湧き上がる。そして1曲目には、ハードテイストなナンバー『WHO KILLED THE FIGHTER?』で幕を開けた。激しくヘドバンをするトレゾア、その熱気に満ちた空間をさらに加速させるように、夕霧は「会いたかったか東京―!!?思う存分やってくれ!!」と叫び声をあげた。



風弥~Kazami~の腹の底に響き渡る重厚なドラム、なおとまゆが魅せてくれる攻撃的なギターリフ、Reiの跳ね上がるスラップ、それらの音が重なり合い、聴く人々の心を奪い去っていくようだ。
 
1曲目が終わると12枚目のシングル曲『MISSING』『Derringer』のカップリング曲『マネキン』など、暴走ナンバーを立て続けに披露していき、フロアでは折り畳みや拳を突き上げるといった光景が広がっていた。



「東京元気ですか!?忘れられない1日にするぞ。一緒に最高の1日を作ろうぜ。行けるか!めちゃくちゃ楽しもうね!」そう夕霧が叫ぶと、駆け抜けるサウンドが印象的な『Sunday Driver』へと進み、クラップや飛び上がる人々が溢れた。



そして、「溜まっているもん全部だぜ、去年の嫌だった事も全て忘れて俺たちにぶつけちまえ!!」その言葉を合図に『蛙野郎』『LIVE or DIE』へと続き、「オイオイオイオイ!!」というヘビーな声やデスボイスがフロアに響き渡り、日頃のストレスを吹っ飛ばしてくれる空間を作り上げてくれているようだった。

「一緒に生きられますか?死ぬまでDaizyStripperといてくれるかな?約束守れんのか?まだ聞かせたことのないでっかい声、俺たちに届けてくれ」と夕霧が声を届けると、彼がエレキギターをかき鳴らす姿が印象的な『Shooting Star』へと繋ぎ、デイジー流の天国への招待ナンバー『PSYCHEDELIC HEAVEN』へ突入した。

忙しなく激しいテイストのセットリストで展開された前半戦は終了。するとまゆがステージに登場し、ユーモアあふれるゆるーいグッズ紹介へ。今回はパレードがテーマという事もあり、そのパレードにちなんだまゆなりの説明をし、トレゾアの心を和ませときめかせた。

新譜「4GET ME NOT」で劇的な世界を



 後半戦からは、中指を立てるフリが見られる『NAKAYUBI』『GOD SPEED』といった
体を動かさずにはいられない衝動的な楽曲からスタート。心を開放させるダークな音を畳みかけると、5人の再集結の決意の楽曲『ARREST』へ。彼らの力強い意思、5人でしか紡ぐ事の出来ない愛しい音、その想いを真っすぐに届けているようだった。



 会場の横揺れが激しくなるモッシュを巻き起こした『GIRL HUNT』、高速ビートな『キューソネコカミ』など、彼らの激しいステージは止まることはなく会場の熱を上昇させていった。

 「ツアー初日ありがとうございました。死にたくなるような毎日でも、生きたくなるような光をみんなに沢山浴びせていきたいと思います。忘れられない曲を、ライブを、音を、言葉をこれからも俺たちの光が消えるまで…。いや消えても届くような活動をしていきたいと思います。今年もよろしくお願いします。俺たちにとってきっと忘れられないであろう一曲を届けたいと思います」。夕霧がそっと言葉を届けると、1月24日にリリースするセカンドシングル『4GET ME NOT』をラストに披露。今作ではサウンドプロデュースにLArc-en-CielのギタリストKenを招き、楽曲を制作。



デイジーの新境地を開いた劇的なサウンドともいっても過言ではない楽曲に、トレゾアも耳を傾けステージに釘付けになっていた。愛しい人との別れを歌った言の葉を叫ぶように歌い紡ぐ夕霧、感情をぶつけるように演奏をするなお、まゆ、Rei、風弥~Kazami~。今作では、楽曲が終わったあとに弾むような音だけが残るといった遊び心のあるサウンドを用いており、メンバーはその音と共に、一人一人ステージから去っていった。その圧巻な演出にトレゾアからは盛大な拍手が飛び交っていた。

 本編は終了したが、鳴りやまぬアンコールの声援に応え、メンバーがステージに再び登場。今ツアーでは、ツアータイトルの『4GET ME NOTパレード』にちなんで、ファンが忘れられない1曲をリクエストし、特別に楽曲を披露するというスペシャルな企画を展開するという。

この日は、夕霧が抽選箱からチケットの半券を引き、その番号に当たったトレゾアが忘れられない1曲をその場でリクエストし、生演奏を実施。今回は、6枚目のシングル曲『春めく僕ら』がリクエストされ、少し早い春の訪れを感じさせるバラード曲を繊細に披露した。



 トレゾアにはたまらない心温まるステージを魅せた後は、輝かしい一体感が生まれる『decade』『STAY GOLD』を歌い奏で、会場には沢山の笑顔が咲き誇った。人々を悲しみから笑顔に変える事が出来るのも、DaizyStripperならではの魅力だろう。

最後に夕霧がトレゾアに伝えた「どんな時もDaizyStripperがお前の傍にいる事忘れんじゃねーよ」というその言葉通り、どの人々にもこの一夜は忘れられない日になったに違いない。彼らのパレードは今始まったばかりだが、これからどんな忘れられない瞬間を彩ってくれるのか楽しみにしていて欲しい。



TEXT:橋本美波
Photo:Beyond-MAX提供

セットリスト

1WHO KILLED THE FIGHTER?
2MISSING
3マネキン
4Sunday Driver
5蛙野郎
6LIVE or DIE
7Shooting Star
8PSYCHEDELIC HEAVEN
9NAKAYUBI
10 GOD SPEED
11 ARREST
12 GIRL HUNT
13キューソネコカミ
144GET ME NOT

アンコール
1春めく僕ら(~貴方の「忘れられない」1曲~)
2decade
3STAY GOLD

DaizyStripper 最新情報

リリース情報

DaizyStripper NEW MINI ALBUM 「シン世カイ」
2018年7月25日(水)発売

【A-TYPE】 KISS-001(CD+DVD)¥ 3,685(税別)

【CD】 全11曲(6曲バンドによるシン曲+5曲アコースティック)
【DVD】 「コスモス」Lyric Movie / MAKING [A]

【B-TYPE】 KISS-002(CD+DVD)¥ 3,200(税別)

【CD】 全6曲(6曲バンドによるシン曲)
【DVD】 「コスモス」Lyric Movie / MAKING [B]

【C-TYPE】 KISS-003(CD)¥ 3,200(税別)

【CD】 全11曲(6曲バンドによるシン曲+5曲アコースティック)

【D-TYPE】 KISS-004(CD)¥ 2,800(税別)

【CD】 全6曲(6曲バンドによるシン曲)


【A-TYPE】【C-TYPE】共通 CD全11曲
1.コスモス
Lyrics:Rei Music:風弥
2.TIME CRUISE
Lyrics:夕霧 Music:まゆ
3.CALLING U
Lyrics:夕霧 Music:Rei
4.TOXIC PEOPLE
Lyrics:夕霧 Music:なお
5.CHLOE
Lyrics:夕霧 Music:風弥
6.innocence
Lyrics:夕霧 Music:風弥
7.Adam
Lyrics:夕霧 Music:まゆ
8.罪な罰
Lyrics:夕霧 Music:風弥
9.BLACK DROPPer
Lyrics:夕霧 Music:なお
10.STARGAZER
Lyrics:夕霧 Music:風弥
11.MY WAY
Lyrics:夕霧 Music:Rei

【B-TYPE】【D-TYPE】共通 CD全6曲
1.コスモス
Lyrics:Rei Music:風弥
2.TIME CRUISE
Lyrics:夕霧 Music:まゆ
3.CALLING U
Lyrics:夕霧 Music:Rei
4.TOXIC PEOPLE
Lyrics:夕霧 Music:なお
5.CHLOE
Lyrics:夕霧 Music:風弥
6.innocence
Lyrics:夕霧 Music:風弥

ライブ情報

2018年夏!
『未体験な新曲』とファン待望の『アコースティック楽曲』が収録された豪華ミニアルバムの発売が決定!そして7月28日より全国9か所18公演のアルバムツアーの開催も決定!
全箇所1日はアコースティックライブ、1日は通常ライブの2days構成のスペシャルツアー!

=Tour日程=
7月28日(土) 7月29日(日) 札幌COLONY
8月4日(土) 8月5日(日) 岡山IMAGE
8月11日(土) 8月12日(日) 仙台MACANA
8月18日(土) 8月19日(日) 新潟GOLDEN PIGS BLACKSTAGE
8月25日(土) 8月26日(日) 長野J
9月1日(土) 9月2日(日) 大阪MUSE
9月8日(土) 9月9日(日) 福岡DRUM Be-1
9月15日(土) 9月16日(日) 名古屋Electric Lady Land
9月19日(水) 9月20日(木) 渋谷WWW-X

詳しくはオフィシャルサイトへ!
https://daizystripper.com

DaizyStripper Profile

Vocal 夕霧 / Guitar なお / Guitar まゆ / Bass Rei / Drums & Piano 風弥~Kazami~ の5名で2007年3月結成。2008年2月13日1st Single+DVD「ダンデライオン」発売。初作品でオリコンインディーズランキング第1位を獲得。

その後着々と動員を増やし、2012年4月〜5月、5th Anniversary ONE-MAN Tour“DREAMER”と題して全国12公演のワンマンツアーを決行、6月3日 Tour FINALとなる初の渋谷公会堂ワンマンを大成功に収めた。 翌月7月にはフランスで開催されたJapan EXPOにて初のフランス公演を決行。
また、カナダ最大のアニメコンベンションイベント「Animethon19」に出演、韓国・台湾公演も行うなどその勢いは海外にも飛び火。

■Official Site
https://daizystripper.com/

■Label Site
http://jvcmusic.co.jp/daizystripper/

■Twitter
【DaizyStripper Officialアカウント】
DaizyStripper Staff⇒ https://twitter.com/Daizy_Staff
【メンバー公式アカウント】
夕霧⇒ https://twitter.com/yugiri_Daizy
まゆ⇒ https://twitter.com/MAYU_Daizy
なお⇒ https://twitter.com/nao_Daizy
Rei ⇒ https://twitter.com/Rei_Daizy
風弥⇒ https://twitter.com/kazami_Daizy

「ハッとして グッときて~♪」田原俊彦…

私の親友はあなただけ。宇多田ヒカルの…