1. 歌詞検索UtaTen
  2. 特集
  3. J-POP
  4. インタビュー
  5. E-girls
  6. E-girls 「あいしてると言ってよかった」その歌詞に痛いほど涙した理由【インタビュー】

E-girls 「あいしてると言ってよかった」その歌詞に痛いほど涙した理由【インタビュー】

今日は1月31日に「あいしてると言ってよかった」をリリースしたE-girlsから鷲尾伶菜さん・楓さん・武部柚那さんをお迎えして、楽曲がもつ深みと関西キャンペーンの裏話をお聞きしました。

公開日:2018年2月20日 更新日:2018年2月20日


この記事の目次
  1. ・関西のイベントはオチをつけなきゃ!?神戸でリリース記念イベント
  2. ・E-girls初のバラード「あいしてると言ってよかった」
  3. ・「あいしてると言ってよかった」作詞に込められた想いとは?
  4. ・武部柚那、鷲尾伶菜お気に入りの歌詞はココ!
  5. ・自分のことが今嫌いな子とかにも聴いてほしい
  6. ・「あいしてると言ってよかった」MV
  7. ・E-girlsニューシングル「Pain, pain」について
  8. ・E-girls 最新情報
  9. ・リリース情報
  10. ・E-girls Profile

関西のイベントはオチをつけなきゃ!?神戸でリリース記念イベント


--2018年1月31日「あいしてると言ってよかった」がリリースされました。そして、先日は神戸でリリース記念イベントがありましたね。E-girlsのみなさんが関西でイベントやライブなどをした際に、「関西に来たなぁ」と感じることを教えてください。武部さんは兵庫県ご出身なので「戻ってきたなぁ」と思われますか?

武部柚那:そうですね。先日神戸でリリースイベントだったんですけど、ハイタッチ会のときとかに沢山の方に「おかえり」って言って頂けて。そういうときに「あぁ、帰ってきたんだなぁ」って思います。
関西の方は本当に元気で、テンション感がまた関東の方とはまた違って、その勢いだけでも「あぁ、関西だな!」って思いますね。(笑)

:そうだね。

--そういったファンの姿をみていると、「今日もがんばるぞ」みたいな感じになったり?

武部柚那:なんか自然とテンション上がりますね、やっぱり。

--そんなテンションを上がっている武部さんを見ていて、みなさんはいかがですか?

鷲尾伶菜:関西のイベントのときは柚那とか夏恋(藤井夏恋)が結構しゃべってくれるので、すごく盛り上がっているんです。私もそれに負けないようにと頑張るんですけど、やっぱり関西の方々はすごくて(笑)。なんか、笑いに厳しいじゃないですか!

全員:(笑)

鷲尾伶菜:だからちょっと、構えてしまいます。

:関西は本当にデビュー当時からイベントもそうですし、お仕事で来させて頂く機会がものすごく多かったので、第二の故郷みたいです。
私も関東出身ですけど、東京とあんまり変わらないぐらいの感じがして、「ただいま」って、気持ちにすごくなりますね。

鷲尾伶菜:ね!なるよね。

--それだと、先日のリリースイベントは楽しかったんじゃないですか?

武部柚那:そうですね。色んなトークとハイタッチとかもあり、そのトーク内容とかもメンバーで沢山考えて来ていたので。楽しんでもらえたかなと思います。

--やっぱり、「オチをつけなきゃ」みたいなとことは、気をつけたりします?

一同:ああ〜!

武部柚那:それは!それはありますね。

:あるある(笑)。

鷲尾伶菜:柚那が凄く頑張ってくれてるんですよ。

武部柚那:(笑)

:もう、他のメンバーもちょっと、柚那に頼っているところがありまして、ほんとに。

鷲尾伶菜:ごめんなさいっていうか……(笑)

武部柚那:いやいや、逆に私からしたら、私ばっかりしゃべっててすみませんって感じですよ。

鷲尾伶菜:いやそんなことない!そんなことないよ。

武部柚那:でもオチをつけられないタイプなんですよね、私。もうオチを探すのに大変ですね、いつも。

:ゆず(柚那)がすごい話してくれるから、お客さん結構爆笑してくださってますね。それはすごいありがたい。「あっよかった〜」と思ってました。

E-girls初のバラード「あいしてると言ってよかった」



--武部さんはホームで大活躍でした。さすが兵庫県ご出身ですね。さて、楽曲のお話をお聞きします。1月31日に「あいしてると言ってよかった」がリリースをされました。
E-girlsといえば、前作の「北風と太陽」のようなアップテンポなイメージがあると思われがちですが、今作の「あいしてると言ってよかった」は、ガラッと変わりましたね。そして意外なんですけど、初のバラードなんですよね。この曲に決まったときのお気持ちを教えてください。


鷲尾伶菜:「このタイミングでバラードシングル」っていう感じはありましたね。もうちょっと先に来るのかなっていう心構えはあったんです。でもそう考えると新体制から3枚目で、そのあとにアルバムも控えているので、ちょうどいいタイミングで、そして新たな表現方法のひとつとして皆さんに届けられたかなと思います。

--バラードなのでもちろん静かに始まっていくんですけど、「あなたはいつも 私のゆめよ」というところから、マーチ風というか勇気を鼓舞する感じに変わるじゃないですか。そういう曲の運び方で、意識されていることはありますか?

武部柚那:バラードシングルなので、ずっと一定のものだと楽しみが少なくなるので、Dメロとか歌詞の流れもそこでどんどん盛り上がって意味が深くなってます。すごくいい場所で、曲もバーッと上がるので、ぴったりだなあと思います。

--パフォーマーの楓さんは、バラードでのダンスでしたが、気をつけたり意識したポイントなどは、いかがでしょうか?

:今回は、バラードでのパフォーマンスを初めてしたメンバーが多く、Flowerに所属している以外のメンバーは、みんな初めてバラードで踊らせていただいたんですね。
今までE-girlsってみんなで動きを揃えて、ガッツリキレのある、勢いのあるダンスパフォーマンスをやってきたんですけど、今回はキレとか勢いとかではなく一人一人がしっかりこの曲に思いを込めて、その思いを動きで表現する繊細な動きを意識しました。手先までキレイにするパフォーマンスで、これだけの繊細な思いを表現するのは、すごく難しいなとは思っていたのですが、初めての挑戦でまた一歩表現のスキルアップになりましたし、こうやって表現するのも楽しいなと感じて、どんどん色んなパフォーマンスに挑戦したいなって思います。

「あいしてると言ってよかった」作詞に込められた想いとは?


--続いて、歌詞についてお聞きします。前作の「北風と太陽」と今回の「あいしてると言ってよかった」の作詞はどちらも小竹正人さんで、もう何曲も担当されていて、気心の知れているチームで作られたんだなと思いますが、どのようなやりとりの中で歌詞は作られていったのでしょう?

鷲尾伶菜:E-girlsメンバーは小竹さんと沢山コミュニケーションをとらせていただいており、本当にデビュー当時からすごくお世話になっている作詞家さんの一人なので、それぞれのメンバーの性格だったり人間性というものをわかった上で、11人体制になって1曲目の「Love ☆ Queen」とかも作詞していただいてますし、「北風と太陽」の歌詞なんて、本当にもう自分たちを表現したような楽曲でした。
そういったうえでこのバラードになって、E-girlsの今までの中では大人になった1曲だったので、新しさをより一層感じたんです。だけど、小竹さんっぽいなって思ったのは、メロディがすごく温かくて、聴いた歌詞をサラッと読んだだけだと、こんなに深い内容がこもっていたのかというのがわからなかったり。ちょっと隠れた要素が沢山あるなってすごく思う楽曲なので、「ただ単に幸せな曲は書かない」っていう小竹さんのテーマみたいなものをすごく感じる曲だと思いました。




--今回聴かせてもらって、最初タイトルを聴いて、ましてやバレンタインのこの時期ですから、ラブソングっぽいものなのかなと思ったら……

鷲尾伶菜:幸せな曲かと思うじゃないですか?(笑)

--ですよね?異性間の愛してるっていうところかなと思ってMV見ると、「あれ?」みたいな。

:そうですね。色んな愛の形みたいな。

--そうなんです。色んな愛の形っていうところを書かれているのがすごいなと思って。そこは皆さん、いつ気がつかれたんですか?

鷲尾伶菜:歌っていて気づいたよね。

武部柚那:そうですね、レコーディングのときに。

鷲尾伶菜:「えっ、これってさあ!」って、ちょうどふたりの時間が被っていたので思わず話しちゃったんです。「この歌詞ってさ、大切な人が私の前からいなくなってしまう曲なんだ」とか、そういう色々な想像ができて。レコーディングは、より曲に向き合う時間が長いので、ずーっと時間がある限り歌詞を読んでいるんですよ。だからいろいろな考え方とか、やっとわかったその真相っていうのが、もう本当に悲しくて。泣きそうになるようなレコーディングでした。

次ページ : ボーカル2人が好きな歌詞とは…?

E-girlsは、日本のダンス&ボーカルグループである。所属事務所はLDH JAPAN、レーベルはrhythm zoneである。2011年に、LDH所属で活動していた3つのガールズダンス&ボーカルユニット、「Dream」「Hapiness」「Flower」を中心に活動するプロジェクトとして始動した。同年、1st シングル「Celebration···

三浦大知、日本武道館で豪華な仲間たちと…

手嶌葵が歌う「東京」は優しい